★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ25 > 925.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
太田龍の時事寸評:米国ネオコン派の思想史的源流を探求すべきこと。 S・B・ドルーリー著「レオ・シュトラウスとアメリカの右翼」の読み手。 [週刊日本新聞]
http://www.asyura.com/0304/bd25/msg/925.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 5 月 10 日 17:07:22:


投稿 平成15年05月10日01時35分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)五月九日(金)
(第五百七十二回)

○シァディア・B・ドルーリー著
 レオ・シュトラウスとアメリカの右翼
 Leo Strauss and the American Right.
 By Shadia B.Drury.
 一九九七年
 St. Martin's Press
 USA(NY)

○この本は、「EIR」誌によって知り、注文し、四月二十四日着。
 概ね、これを通読した。

○「EIR」誌は、同じ著者の前作。
 The Political Ideas of Leo Straus(1988)
 (レオ・シュトラウスの政治的概念)

 が、シュトラウスの思想を知るには最良の書である、とするが、
 あいにく、この本は絶版で、今のところ、入手不能である。

○本書程度のものは、日本で、米国のいわゆる「ネオコン」を論じる
 ためには必須の基礎文献として消化して置く必要あり。

○本書は、

 (1)米国のいわゆるネオコン派は、レオ・シュトラウス学派を
    母体として生まれたものであること。

 (2)ネオコン(ネオ・コンサバティブ)は、保守派、と自称する
    けれどもそれは実体と違う。

 (3)シュトラウス派の作り出したネオコンは、保守ではなくて、
    右翼であり、

 (4)そして、右翼ラジカル、右翼急進派、又は、右翼過激派、過
    激派右翼、である。

    と結論付ける。

○これは、良い線を突いて居る。

○ここで、ドルーリー女史が、「右翼」、と言うとき、それは、
 フランス革命由来の概念でる。

○フランス革命は、ブルボン王朝を打倒した、リベラリズムの革命
 である。そして、このリベラリズム革命が、その右翼と、左翼を
 生み出す。

○重要なことは、この右翼、左翼が、フランス革命を共通の出発点、
 として居る、と言うことである、と。

○二十世紀の西洋の政治は、このようなものとしての右翼急進派、
 左翼急進派、を生み落とした。

○いま、米国ネオコン派、と呼ばれて居る政治潮流は、以上のような
 文脈の中での、アメリカ右翼、ないし、右翼急進派、又は、右翼
 過激派、と言うべきであると、と。

○今の日本人には、しかしながら、こうした、ごくもともな分析は、
 難し過ぎて、耳に入らないかも知れない。

○リベラリズムが煮詰まってどうなるか。
 西洋欧米の思想史を調べれば、それは一目瞭然である、
 それは、

 (1)相対主義、文化多元主義。

 (2)ニーチェの説くニヒリズム化。

 (3)ニヒリズムからの超克の哲学としての、実存主義。
    但し、この実存主義は、ニヒリズムの超克でなくて、
    ニヒリズムの開き直り、と言うべきかも知れない。

 (4)ニヒリズムの超克のこころみとして、
    ニーチェ的超人思想。
    と成るであろう。

○ここで、ようやく、我々は、アメリカネオコン派の本当のゴッド
 ファーザーとしての、レオ・シュトラウス。
 シュトラウスの前段としてのカール・シュミット、そして、ハイ
 デッガー、
 更にその前段としてのニーチェ、
 と言う風に、欧米思想史を要約することになる成るであろう。

○この件は、更に続報する。

 (了)


http://www.pavc.ne.jp/~ryu/wjn/frame.html


 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ25掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。