★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産26 > 437.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
池田氏の書評について [未来さん&すみちゃんへ]
http://www.asyura.com/0304/hasan26/msg/437.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 5 月 22 日 13:39:01:

(回答先: Re: [池田信夫氏の反書評]日銀バッシングの貧困:リチャード・ヴェルナー『円の支配者』草思社 投稿者 未来 日時 2003 年 5 月 22 日 03:38:11)


未来さん、すみちゃん、こんにちわ。

『円の支配者』は未読ですが、このサイトで一貫して書いているように、ここ10数年日本経済が苦境に陥っている直接の原因であるバブルの形成と崩壊の責任は、第一義的に政府(大蔵省)と日銀にあると思っています。(その次に商業銀行、さらにそのあとに借り手...)

そして、日銀と大蔵省の責任ある幹部は、結末をわかっていながらバブルを形成したとも思っています。(彼らはそれほど無能ではないという好意的な評価です(笑))

このような立場から、「陰謀」を結論としなければならない日銀の責任を、経済学的手法で論証しようとしたヴェルナー氏を高く評価しています。

池田氏の書評に関しては、コメントを付けようとも思いましたが、あまりにもかわいい「近代知性」的内容だったので、その必要もないかと思いそのまま転載しました。


ヴェルナー氏に対する簡単な評価については、先ほど論議ボードに書き込んだ『未読ですが、、“ドイツ人”ヴェルナー氏に期待はしています。』( http://www.asyura.com/0304/dispute10/msg/540.html )を参照してください。
「ジャック・どんどん」さんから紹介があった『虚構の終焉』を読み終わったら、ヴェルナー氏の評価を書き込むつもりです。(たった今、本を購入しました)

池田氏の書評は、すみちゃんがご指摘のように、「たしかに1990年代の日銀の政策はまずかったし、その対外的な説明もへただ。」と書いているだけで、ヴェルナー氏の主要な論点である80年代後半の日銀責任(意図的なバブル形成)論には触れていません。

そうでありながら、「常識では説明できない災難が発生すると、「陰謀」によって簡単に説明する議論が流行するのは、「ユダヤの陰謀」などでおなじみだ。」としたり顔でヴェルナー氏を批判しています。
このサイトでは池田氏のような裁断は無効だと思われますが、多数派世界ではけっこう有効を持つ評価で、へたをすると、ヴェルナー氏のあらゆる業績が無効視されることにもなりかねません。
池田氏は、ヴェルナー氏の論証では日銀の「陰謀」が認められないという論証をしない限り、反陰謀論的言説は避けなければなりません。(子供の世界のおまえのかあさん“でべそ”、と同じ類の大人の世界の批判になります)


池田氏:こういう「日銀万能史観」ともいうべきものは、かなり広く日本の(自称)エコノミストを毒している。「ケインズ政策」に対する信仰が、まだ残っているのだろう。


池田氏が指摘しているように、ヴェルナー氏に中央銀行万能視があることは否めないと思っています。
それを「ケインズ政策」としているのは錯誤でしょう。
ケインズ政策は、IS−LM分析を根拠としたものですから、「有効需要」と「金利」が中心で、中央銀行は表に出てきません。
それまでは隠れていた中央銀行の意図を表に出したことが、ヴェルナー氏の業績だと思っています。(貨幣数量説ではたんなるファンクションです)


池田氏:しかし、信じられないかもしれないが、政府にも日銀にも戦略などなかったのだ。「プリンス」たちが、その場しのぎで行き当たりばったりにやっているうちに、最悪の結果になってしまっただけだ。これが日銀の最大の「秘密」である。


政府・日銀は、池田氏のこのような評価に激怒すべきです。
池田氏は、政府・日銀が無能集団であると言っているだけですから、陰謀集団よりも劣っていることになります。

90年代の政府・日銀が、新古典派的「構造改革」(規制緩和・民営化など)を推進することを戦略にしてきたことは自明です。

80年代はバブル形成という「陰謀」を実行し、90年以降は「構造改革」を推進するという「陰謀」を実行してきたのが政府と日銀です。


すみちゃん:ヴェルナー氏は、銀行貸し出しが信用拡大の鍵であり、他の金融は大部分ゼロサムゲーム(所得移転)だと述べています。当然だと思います。

この論説は微妙な評価が絡むので、『虚構の終焉』を読んだ後の書き込みで触れたいと思っています。
「信用創造」については、それがスムーズにできる条件・それが悪性インフレにつながらない条件の考察が必要です。

「他の金融は大部分ゼロサムゲーム(所得移転)」という説明も、原理的には正しいのですが、私の主要論点である“余剰通貨”(非金融的経済活動に使われない通貨)との関係で、現実的には一概にそう言えないと思っています。

※ 参照書き込み

『日銀が中核だと思っています』
http://www.asyura.com/0304/dispute10/msg/336.html

『「銀行救済」には反対です』
http://www.asyura.com/0304/dispute10/msg/489.html


 次へ  前へ

国家破産26掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。