★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 不安と不健康4 > 591.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
WSJ:ハクビシンにウイルス発見で、より増大する疑問と問題
http://www.asyura.com/0304/health4/msg/591.html
投稿者 ウォールストリートジャーナルより 日時 2003 年 5 月 27 日 03:52:43:

(回答先: 日本もハクビシン実態調査  SARSの感染源と疑われる 投稿者 小耳 日時 2003 年 5 月 26 日 20:27:27)

ttp://online.wsj.com/article/0,,SB105388784346610400-search,00.html?collection=wsjie%2F30day&vql_string=SARS%3Cin%3E%28article%2Dbody%29

SARS Discovery in Mammals Raises More Tough Questions
WSJ:ハクビシンにウイルス発見で、より増大する疑問と問題

SARSウイルスに酷似したウイルスがハクビシンなどの小動物に発見されたことは
画期的なことで、予防のための疫学的な調査や政策を進める上で役立つとされている
しかし、この発見に関連して多くの疑問と問題点が浮かび上がってきた。
ウイルスがハクビシン1種類だけでなくほかの某物にも発見されたことは、野生動物
にウイルスが広く存在する可能性を示し、そうであれば広東省の人々の生活に深く根
ざしている野性動物食を規制することがより難しくなる。
SARSウイルスが野生動物からジャンプしたのでは、と言う仮説は当初から言われ
てきた。発見されたハクビシンのウイルスは29,792塩基のもので、これは人間のSA
RSウイルスよりも29塩基分だけ大きい。WHOのストー博士に拠れば、ウイルスが
種を超えてジャンプする場合、ゲノムの一部が切り取られることのほうが何かが追加
されるよりは発生しやすく、普通に起こることなので、このウイルスが動物から人に
ジャンプした可能性を示唆する。
しかし、ストー博士に拠れば、ハクビシンから人にウイルスがジャンプしたと結論付
けるには不十分である。ハクビシンのどのくらい多くにウイルスがいるのかも調査し
なければいけない。ハクビシンが餌などからウイルスに感染した可能性もある。
広東省のSARS感染の最初の2ヶ月の、35%の患者が食品関係の仕事に従事して
いた事は動物とSARSの関連の深さを示唆する、とストー博士は言う。このとき、
患者は広東省の6ヶ所の別々の都市に短期間に現れているので、どこかの卸売り市場か
ら、感染源の動物が流れたのかもしれない。広東省で動物商人に高い確率で抗体が発見
されていることも仮設を裏付けるものとみられる。

 次へ  前へ

不安と不健康4掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。