★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争26 > 494.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
米帝国狂夢は一日で破綻か満つれば欠くる世の習い史上空前醜い展開ジョーク追撃
http://www.asyura.com/0304/war26/msg/494.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 3 月 20 日 23:44:35:

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』528号(2003/03/20)
【米帝国狂夢は一日で破綻か満つれば欠くる世の習い史上空前醜い展開ジョーク追撃】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

 すでにかなり早い時期に、私は、911事件以後の状況を、「満つれば欠くる世の習い」として、アメリカ帝国の破綻への道と評した。

 現状は、わが予言の通りに展開しているようである。

 まずは、以下の「きついジョーク」が、三度の飯よりもジョークが好きなアメリカで発せられたようである。

----- 引用ここから ------------------------------
あまりにもきついジョーク:ブッシュがパウエルに「安保理の決議案の採択ってフロリダでできないのかい?」  [ニューズウイーク日本版3・26]【表紙タイトル「アメリカの横暴 武力で脅す独善の帝国が世界秩序をかき乱す」】
http://www.asyura.com/0304/war26/msg/477.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 3 月 20 日 22:43:47:

昨日発売された「ニューズウイーク日本版3・26」のPerspectivesの一こま漫画はきついジョークを載せている。

漫画を説明するのは苦手だが、猿顔をしてなんら気にしていない表情のブッシュ氏が執務デスクの椅子に座り、脇に意気消沈して打ちひしがれているパウエル氏がよれっと座っている絵に、「安保理の決議案の採択ってフロリダでできないのかい?」というブッシュ氏の言葉が吹き出しで置かれている。

フロリダ州の“不正投開票”で大統領になったブッシュ氏が、イラク問題外交でもどじったことを痛烈に皮肉ったものである。

ところで、英語版(オリジナル版)でもこの漫画が掲載されているのだろうか?

ちなみに、「ニューズウイーク日本版3・26」の表紙タイトルは、
「アメリカの横暴 武力で脅す独善の帝国が世界秩序をかき乱す」である。
----- 引用ここまで ------------------------------

 次は、非常にまじめな米民主党の長老の涙溢れる演説のようである。

----- 引用ここから ------------------------------
最高齢の米上院議員が反戦を叫ぶ(米ABC−NHKBS1)
http://www.asyura.com/0304/war26/msg/354.html
投稿者 さすれば 日時 2003 年 3 月 20 日 10:13:15:

米議会で最高齢の議員が反戦演説を行なった。83歳のバート上院議員(民主党)は、「最後に戦争反対を訴えたい。この戦争は必要性からではなく、選択されたものだからだ」と語り、さらに悲痛な表情で、腕を大きく振り回しながら、「私の国、あなた方の国、我々の国は一体どうなってしまったのか」と大声で叫んだ。
----- 引用ここまで ------------------------------

 さあ、明日は日本でも反戦統一行動日、

私は、本日、以下の電網動画を見た。

http://member.nifty.ne.jp/atsukoba/vact/war/index.htm

2003年3月19日 東京・アメリカ大使館前
抗議行動
(3分35秒)
[56K]電話回線・ISDNの方はこちら
[512K]ADSL・CATVの方はこちら

ブッシュ大統領がイラクに対しての「最後通告」演説を行い明日にでも攻撃が始まると言われる中、各地のアメリカ大使館や領事館の前では人々がプラカードを手にイラク攻撃に反対する意思表示をし続けている。
ピースボートによるハンガーストライキの他、いくつかの市民団体などが入れ替わりに現れ、個人で参加している人も目立った。大使館員に対して要請書を手渡す人もいた。

【撮影・編集:小林アツシ】

上記を見て、以下の返信をした。

アメリカ大使館前の映像を拝見。ご苦労様です。

私は、アメリカ大使館前と聞くと、1960年安保闘争当時に、6.15.の前段、6.3.に、
首相官邸突入の際、警棒で頭を割られてから行った時のことを想いだして、血が騒ぐ
のですが、今は、自宅でパソコン遊び、

とはいっても、3.17.フジテレビ「出演」映像と、1991年の湾岸の水鳥(VIDEO ACT!で
販売中)を組み合わせ、今時のカタカナ語族が「プロモーションヴィデオ」たら言う
のを、19分の『映像と報道操作「湾岸戦争の油まみれの水鳥』を再編集で作っていま
す。

数日中に、わが電網宝庫の『亜空間放送局』で電網公開する予定ですが、同時にVHS
で増産しています。

VHS版は、3.21.芝公園で、新編著『9・11事件の真相と背景』(副題:「テロ」か?
 自作自演の戦争挑発謀略か?アメリカ=イスラエル=世界支配構想の核心を突く)
の「付録」として無料進呈する予定です。


その時には、今見たアメ大前の若者立ちの手持ち看板よりも、ずっと派手で豪華な携
帯看板を前にぶら下げます。

なお、2000年の晩秋、11.28.には、アメ大前で、私は、、今回の事態の先触れ、パレ
スチナ人に対する神殿の丘でのシャロンの軍事挑発の直後、たったの一人で、携帯看
板を掲げて、単1乾電池10本使用、愛称「ドラム缶」レジカセ使用、英語で1時間の演
説をしました。

その後、外務省にも回る独自行動を展開しました。

アメ大前では、自分一人でアナログのヴィデオメラ撮影もしたのですが、ラッシュを
数人に見せただけで、声が大きすぎて割れていたりして、その後は編集する時間がな
くて、まだ眠っています。

とりあえず、その時の「日記風」から、以下、抜粋して置きます。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/turedure-0-11.html#1128
随時追加「編集長日記風」
木村愛二の生活と意見
2000年11月分
11.28(火)

鍛え直した声帯と体力でアメ大・検察庁・警視庁・外務省と梯子演説の怪挙

 一昨日の日曜日の夜、……明日、天気予報では晴のようだから、2000.11.27.(月)、
初の英語街頭演説に立つ。やるぞ!……と、自分自身を追い込むべく、この「日記風」
の前回、2000.11.26.(日)の末尾に記し、一部メーリングリストにも案内し、某アラ
ブ記者にもメールを送り、メール受領の返事を受け、ついに背水の陣を敷いた。

 その昨日の月曜日、まずは本当に快晴だった。荷物が沢山だったから、チャリンコ
とテクテクシーでは、汗ダクダクで、いや、いや、夏山同然、暑かった。港区は赤坂
のアメリカ大使館前に辿り付き、昼休みの1時間、バッチリ、英語の演説、やったぞ!

「貴方は正しい」(You are right)とガーナの女性が激励

 交番の目の前の道路の端で、苦労して運んで来た荷物をほどき始めたら、例によっ
て警官が3人、つかつかと歩み寄ってきた。3人とも若い。今、考えると、少し高級で
風変わりなホームレスか、地べたに筵を広げる行商人か、ともかく変な爺さん、と思っ
たのかもしれない。「ここで演説するんだ」と答えたら、「駄目」「許可証あるか」
ときた。武蔵野警察署の時と同じ台詞である。どうやら、まずは、これで脅かすよう
に教育されているらしい。
 
だが、当然、前座の演説開始、これは言論の自由に関する歴史的な闘いを無視した違
法行為、違法行為を奨励する警察が腐敗するのは理の当然である、となる。こちらも
例によって、滔々と、「俺は知ってるんだ。なめるなよ」という主旨の演説をぶちか
ましつつ、ヨドバシカメラの特売、5,000円で求めた軽い三脚を立て、風で倒れない
ようにガードレールに紐で縛り付ける。それに古い映写幕を活用した携帯用「タテカ
ン」を掛けると、「英語ですか」と、警官の態度が少し改まる。

「そう。あの買春検挙歴だけが確からしい馬鹿首相でさえも、“アイティ、アイティ”
って騒いでるからね。今に、世界中で、私のニュース解説が、数秒間に取り込めるよ
うになる。だから、英語のニュース・キャスターの練習をするの。今日が初日」、な
どと冗談まじりに説明しつつ、七つ道具を組み立てている内に、黒人の女性が通り掛
かった。

立ち止まって、ちょっと「タテカン」を眺めて、厳かに、「貴方は正しい」(You
are right)と言って、さっさと立ち去る。私が背後から「どこからきたの」(Where
do you come from?)と聞くと、こちらを見もせずに、「ガーナ」(Ghana)。私は、
「オー、ガーナ!」と、嬉しそうに叫ぶ。

 これにて、3人の若い警官は、完全に、わが薬籠中のものとなった。手始めの音楽、
米軍放送で入手したばかりの「手集計」(Hand Count)のテープ演奏、「ハロー、アメ
リカンズ……」と、堂々の演説開始。なお、「黒人の女性」とだけ書くと、最近のハ
リウッド映画に登場するような妖艶な美女を連想し、私との今後の関係を心配する向
きもあろうが、実は、相撲取りのような体型の威厳のある肝っ玉母さん風の中年女性
であった。しかも、下記のような「タテカン」の意味を直ちに理解したのであるから、
しかるべき国際的な知識の持ち主である。

「尻尾が犬を振り回す」(The tail wags the dog)

 私が、アメリカ大使館の真ん前で広げた携帯用「タテカン」の内容は、強烈極まる
ものであった。場所がアメリカの中心部なら命に関わる。私のやることは、常に、そ
うなのである。いや、そうでなければ、やる気は起きないのである。以下、マジック
で記した通りに、色と大きさを再現するが、まずは、一番大きな文字にした格言の意
味を説明する。この格言については、すでに別途、わがホームページの総合雑誌『憎
まれ愚痴』の初期に、"Wag the dog"と題するハリウッド映画の情報に接して、記事
にしている。手元の安物辞書のwagの項目に出てくるほど、人口に膾炙している皮肉
の格言なのである。しかもアメリカでは、「尻尾」をユダヤ人、「犬」をアメリカ全
体と理解するのである。モニカ・スキャンダルでダウン寸前、フラフラのクリントン
大統領が、ユダヤ人のオルブライト国務長官に振り回されたユーゴスラヴィア侵略戦
争などは、その典型である。
 
だから、「尻尾」の上にはイスラエル国旗、「犬」の上には星条旗を、百科事典から
の拡大フルカラー・コピーで、貼り付けて置いた。ついでに拙著、『古代アフリカ・
エジプト史への疑惑』『湾岸報道に偽りあり』と拙訳『偽イスラエル政治神話』の表
紙の縮小フルカラー・コピーをも、空白部分に張り込んだ。『古代アフリカ・エジプ
ト史への疑惑』の表紙には明らかに黒人の大スフィンクス、『湾岸報道に偽りあり』
の表紙には油まみれの水鳥の絵、『偽イスラエル政治神話』の表紙にはフランス語の
原題、すべて説明に使ったし、警官に見せる身分証明書代わりにもなった。

……………………………………………………………………………………………………
(Ultra Right Wing Political Zionst Lobby)
The Tail
(United States of America)
Wags the Dog
So Called Holocaust is the most Shameless
Hoax of the 20th Century to Justify
the Robbery of Lands from Palestinians
and the Endless Slaughter by Missiles
KIMURA AIJI
……………………………………………………………………………………………………

 さあ、野球で言えば、敵失を見逃すな!
追撃の好機なり。今こそ一斉に包囲し、殲滅せよ!

以上。

************************************

木村愛二:国際電網空間総合雑誌『憎まれ愚痴』編集長
ある時は自称"嘘発見"名探偵。ある時は年齢別世界記録を目指す生涯水泳選手。
木村書店(↓):木村愛二作品の本とヴィデオを電網宝庫で販売中
http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html
(2003.02.14.ヒット数6,615)
E-mail:altmedka@jca.apc.org
URL:http://www.jca.apc.org/~altmedka/
(2003.02.23.ヒット数90,556)
altmedka:Alternative Medium by KIMURA Aiji
Big big name, ah, ah, ah........

************************************
電網速報『亜空間通信』(2001.09.01.創刊 2003.03.20.現在、528号発行済)
定期購読受付中・2002.12.1.より木村書店宣伝媒体に位置付け無料配布に変更。
 電子手紙の申し込みはこちらへ(↓)
altmedka@jca.apc.org

 次へ  前へ

戦争26掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。