★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争26 > 922.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イラク軍とのバクダッド市街戦や生物・化学兵器の使用(神浦元彰HPより)
http://www.asyura.com/0304/war26/msg/922.html
投稿者 どさんこ 日時 2003 年 3 月 23 日 15:26:17:

いろいろな人の解説を参考にして、自分なりの分析を行なうようにお勧めします。私はNHKに出ている江畑さんの分析は評価しています。ちなみに江畑さんと私は同じ年です。彼と分析の結果は違っていても、その分析は非常に参考になります。
イラク軍とのバクダッド市街戦や生物・化学兵器の使用ですが、その可能性はかなり低いと思っています。もちろん、その可能性はゼロではありません。まず生物・化学兵器で言えば、もっとも使用する可能性が高かった開戦時前の先制攻撃です。それはありませんでした。次は、生物・化学兵器を障害物として使用する場合です。敵の通過を防ぎたい場所(道路等)や、使用させないために建物や港湾に散布して汚染地帯を作ることです。主として、イラク軍が撤退時にこれを行なう場合が考えられます。敵の追撃を防止するためです。例えば撤退前の病院施設なら、すべてを破壊したり、生物・化学兵器で汚染する必要はありません。再び反撃して帰ってくることを考えて、その一部を汚染させます。しかしどこが汚染されているかわからないので、敵はせっかく病院施設を占領したのにすべて使用できません。そんなやり方で使用します。米英軍は今の段階でそれを警戒していると思います。すなわち先遣隊に生物・化学兵器防護隊がついて一緒に行動します。
バグダッド市街戦ですが、それを行なえば、米英軍、イラク軍、バグダッド市民に大量の犠牲者がでてきます。米軍にとって市街戦とは、至近距離から撃ちあう戦闘で、弾は前や横や後ろや、それに窓や屋上といった上からも飛んできます。建物に飛び込んでも、敵が地下や2階に潜んでいる可能性があります。さらに戦闘員と非戦闘員の区別がつきません。また市民が多くの銃を持っているので、市民からの攻撃も予測されます。そんな危険な状態の戦闘は避けるのが常識です。
その場合は、心理戦を強化します。無気力感、えん戦気分、支配者に対する反抗心、生存したい気持ちを高める。そんな心理戦を仕掛けます。まさにバグダッドで行なわれている空爆は、そのための意味が強く込められています。私は街の電気が明々と点いている空爆は初めて見ました。従来の空爆なら、最初の一発は変電所や電力施設を破壊するために使用します。そこを攻撃しなかったことに空爆の意味を感じています。
http://www.kamiura.com/mail.html

 次へ  前へ

戦争26掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。