★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争26 > 950.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
世論調査の問題点
http://www.asyura.com/0304/war26/msg/950.html
投稿者 よろんちょうさ 日時 2003 年 3 月 23 日 18:43:17:


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
偏りの大きい「ウェブでの世論調査」
Leander Kahney

http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20030314207.html

'); //-->


2003年3月13日 2:00am PT  先月、世界各地で行なわれた反戦運動の報道を見て、イギリスのウェブ開発者ロレンゾ・ウッド氏(32歳)は、イギリス国民の75%がイラクへの武力行使を支持しているという政治家たちの発言に疑問を持った。

 ウッド氏によると、政治家たちはさまざまな場面で最新の世論調査を引き合いに出し、湾岸地域の軍事行動への参加には圧倒的な支持があると主張しているという。

 しかし、イギリスのニューメディア企業オイスター社で主任研究員を務めるウッド氏は、多くの世論調査で、ごくわずかな対象者数の調査結果から一般的な意見を推断していることに気づいた。そして、国民全員を対象に調査ができたら結果はどうなるだろうと考えたという。

 そこでウッド氏は、携帯電話で広く使われているテキストメッセージとウェブを利用して、できるだけ国民全員を網羅した独自の世論調査を実施したいと考えた。

 先週末、ウッド氏は『イギリス国民は何を考えているか』というウェブサイトを立ち上げた。サイトにはイラクへの武力行使について3つの選択肢が用意されていて、サイトを訪れた人に、考えに合うものを選んで、所定の電話番号にテキストメッセージを送るようにと求めている。

 これは基本的に、イギリスで数多く行なわれているテレビのタレントショー番組が使うのと同じ手法だ。米国のテレビ番組『アメリカン・アイドル』も同じ方法を使って、視聴者がトーナメントの決勝進出者や優勝者を決めるしくみになっている。

 ウッド氏がサイトに掲載した選択肢は以下の3つ。

イギリスは国連の武力行使容認決議がなくとも米国を支援すべきだ。
国連の武力行使容認決議が得られた場合にのみ米国を支援すべきだ。
武力行使にはいっさい加担すべきではない。


 サイトでは現在、投票を受け付けている。ウッド氏は今月24日(現地時間)に結果を発表する予定だ。

 「もっと多くの意見を、もっと早く集める方法があるはずだと考えた。これは実験なのだ。目的は、イギリス国内のできるだけ多くの人に、この3つの選択肢によって意見を表明してもらうことだ」とウッド氏は電話での取材に答えた。

 この方法だと、調査の対象がインターネットや携帯電話を利用する若者や富裕層に偏ってしまうことは、ウッド氏も認めている。しかし、イギリスでは携帯電話の普及率が80%以上なので、一般的な世論調査に比べればより広い層から意見を集められるはずだと、ウッド氏は述べた。

 現時点で、投票者はまだたった100人ほどだとウッド氏は語った。

 しかし、米ギャラップ社のウェブサイト『ギャラップ世論調査』のフランク・ニューポート編集長は、ウッド氏の方法は「意味がない」と評した。他と比べて意欲的な取り組みではあるが、ウェブサイトがよく使う「オプトイン」式の調査と大差ないという。

 「サンプル数は問題ではない。数が多いからといって信頼性が高いとは限らない。調査対象をどう選ぶかが重要だ」とニューポート氏。

 ギャラップの世論調査は普通、米国内の1000人を対象に行なわれる。対象者は電話番号を無作為に抽出して決定し、質問も自動的な手順によって行なう。ギャラップ社によれば、この方法ならさまざまな層が調査でき、誤差は4%以下だという。

 ウッド氏の世論調査はインターネットと携帯電話の利用者で、しかもウェブサイトの存在を知り得た人だけに限定されてしまうと、ニューポート氏は指摘する。

 「統計・調査の専門家なら、無作為抽出法を使って適切に選定されたものであるなら、そうでない100万人よりも1000人のほうをとるはすだ」

 ニューポート氏はギャラップ調査の生みの親、ジョージ・ギャラップの名を世に知らしめた1936年の米大統領選挙のエピソードを例に引いた。当時の有力誌『リテラリー・ダイジェスト』は、莫大な数の読者から郵便で投票を募った結果、フランクリン・ルーズベルトが圧倒的大差で破れると予測した。

 しかしギャラップは全く正反対の見解を出し大きな話題となった。すなわちルーズベルトの勝利を予測したのだ。

 ギャラップの調査サンプルは、無作為に選んだ1000人だった。ウッド氏と同様、調査数が最も重要だと考える人が多かったため、当時ギャラップは周囲から嘲笑されたという。

 しかしもちろん、大統領に選ばれたのはルーズベルトだった。リテラリー・ダイジェストの失敗は、調査対象が裕福な層に偏った読者だけだったためだと、ルーズベルトが述べている。当時は世界大恐慌のさなかであり、貧困層の意見を吸い上げたのはギャラップだけだった。

 「適切な方法で選び出したサンプルがいかに有効か、この例が示している」とニューポート氏は述べた。

ーーーーーーーーーーー
ウッド氏のサイト→http://www.whatbritainthinks.com/
結果は24日発表とのこと。

ウッド氏関連 http://politics.guardian.co.uk/Print/0,3858,4628632,00.html

比較・関連記事
ーーーーーーーーーーー

英で戦争支持が56%に 開戦前と世論逆転

【ロンドン23日共同】23日付の英日曜紙サンデー・タイムズが掲載した最新の世論調査によると、米英両国のイラク戦争を正しいと考える人が56%、正しくないとする人は36%で、過半数が戦争を支持した。開戦前の調査では逆に戦争支持が36%、不支持が57%で過半数が戦争反対だったという。(共同通信)
[3月23日10時55分更新

ヤフーUKでの同記事
http://uk.news.yahoo.com/030323/80/dw2l8.html


イラク戦争支持が74%に NYタイムズ紙世論調査
http://www.asahi.com/international/update/0323/017.html

 米紙ニューヨーク・タイムズは22日、イラク戦争への米国民の支持率は74%にのぼり、開戦前の66%から上昇しているとの世論調査結果を報じた。同紙が米CBSテレビと合同で、20日に行った。またブッシュ大統領のイラク政策への支持率も開戦前の51%から70%に急上昇した。一方イラク政策への不支持は27%で、開戦前の42%から15ポイント下がった。


------------------------------------------------------------------------

 次へ  前へ

戦争26掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。