★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争29 > 170.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
緊急号外:別途収録:アルジャジーラによって公開されたバスラ攻撃の犠牲者の画像
http://www.asyura.com/0304/war29/msg/170.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 3 月 26 日 20:14:56:

亜空間通信号外02.03.26.
アルジャジーラによって公開されたバスラ攻撃の犠牲者の画像

アルジャジーラによって公開された開戦直後のバスラ攻撃の犠牲者の画像は、今、アメリカの戦争の実態を如実に物語るものとして、世界中の電網を通じて見られている。

ところが、日本の大手新聞報道状況は、開戦後、6日の今に至るまで、未だ、まったく報告されていない。

 特に、破裂した金属の破片が周囲に飛び散る残虐兵器、クラスター爆弾によって、頭部を吹き飛ばされたらしい少女の死体は、アメリカで放映禁止になっているらしく、アルジャジーラのURLでは、まさに典型的なwww「ワールドワイドウェイティング」になるので、わが電網宝庫の以下に他の写真と一緒に収めた。


http://www.jca.apc.org/~altmedka/aku534-2.html
戦争の姿
(あまりに悲惨な画像ですが、正視して下さい。)
[中略]
塹壕の中で手製の白旗を持つイラク兵の死者と眺める米兵
(アルジャジーラ報道)
出典:
白旗をあげても降伏出来ません
http://www.asyura.com/0304/war27/msg/103.html
投稿者 ドメル将軍 日時 2003 年 3 月 24 日 02:34:33:cje0BUN7ztE2U
(アルジャジーラ報道カラー写真2枚)

米軍によるバスラ市爆撃の犠牲者50人の一部
クラスター爆弾使用(アルジャジーラ報道)
出典:
犠牲者
http://www.asyura.com/0304/war26/msg/963.html
投稿者 ヤス 日時 2003 年 3 月 23 日 20:00:45:
バスラ攻撃の犠牲者の画像がアルジャジーラによって公開されました。サイトには詳しい説明はないのですが、冒頭の女の子の死体はバスラの広場に集まっていて米軍の攻撃用ヘリに銃撃された50名の市民の一人と思われます。また、他の散乱した遺体はイラク兵でしょうか。これが戦争の実態です。ぜひご覧ください。
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2003/3/3-22-26.htm
(アルジャジーラ報道カラー写真5枚)


************************************

木村愛二:国際電網空間総合雑誌『憎まれ愚痴』編集長
ある時は自称"嘘発見"名探偵。ある時は年齢別世界記録を目指す生涯水泳選手。
木村書店(↓):木村愛二作品の本とヴィデオを電網宝庫で販売中
http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html
(2003.03.12.ヒット数7,043)
E-mail:altmedka@jca.apc.org
URL:http://www.jca.apc.org/~altmedka/
(2003.03.25.ヒット数94,997)
altmedka:Alternative Medium by KIMURA Aiji
Big big name, ah, ah, ah........

************************************
電網速報『亜空間通信』(2001.09.01.創刊 2003.03.26.現在、538号発行済)
定期購読受付中・2002.12.1.より木村書店宣伝媒体に位置付け無料配布に変更。
 電子手紙の申し込みはこちらへ(↓)
altmedka@jca.apc.org

 次へ  前へ

戦争29掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。