★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争29 > 190.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
先走るアメリカの軍功と現実*03月25日 *アブ・ハバル*中東コンフィデンシャル
http://www.asyura.com/0304/war29/msg/190.html
投稿者 終電です。 日時 2003 年 3 月 26 日 21:42:20:Pjo526cnu1.wo



先走るアメリカの軍功と現実
アブ・ハバル
2003年03月25日

 3月20日の開戦まもなく、アメリカ軍はイラク最大の港町バスラを陥落させたと大喜びだった。そこでは抵抗らしい抵抗もイラク側からは無く、イラクの正規兵もそれほど抵抗を示さなかったという報道が、カタールに設置されたアメリカ作戦軍本部によって誇らしげになされていた。

 この報道とアメリカ軍の発表を前に、多くの日本人は戦争がアメリカの一方的な勝利で早期に終了するのではないかと考えたのでは無いか。

 しかし、現実はこうした日本人の想像、予測とは大分異なってきているようだ。アメリカ軍とともに戦うイギリスの第七機甲旅団は、イラク側の抵抗がことのほか強硬であることから、戦陣の建て直しを理由にバスラから撤退することを決定した。

 このイギリスの決定にはいくつかの理由が考えられる。イギリスの発表どおりの抵抗に対する戦術の練り直しもそうであろう。しかし、それよりももっと重要な理由は、イギリス機がアメリカの発射したパトリオット・ミサイルによって撃墜されたという事実にあるのでは無いのか。

 イギリスは、アメリカのゾウの親切に付き合っていたのでは危険だ、と考え始めたのでは無いか。加えて、バスラではアメリカとイギリスの攻撃によって電力と水の供給に問題が発生している。そのことは、バスラの一般住民にとって大きな問題であることは当然だが、バスラの病院に入院している患者には命がかかっている緊急の問題であろう。

 アメリカは人道的な戦いをすると公言してきたが、ここに来てそのような贅沢な戦争は相当な困難を伴うことに気が付き始めているのでは無いか。欧米のマスコミでは「アメリカはベトナム戦争から何も学んでいない」という批判が出始めている。

 バスラの病院が電力と水の不足から、入院患者の中に死者が多発するようなことになれば、アメリカはどう責任をとるのだろうか。戦争が長期化の傾向を見せる中で、イギリスはアフガニスタンで取ったような早期の責任逃避を考え始めているのかもしれない。その時、取り残されるのは空爆を中心とするアメリカとイギリスによる攻撃で破壊されたイラクに生きる一般国民だ。



東京財団

http://www.tkfd.or.jp/jp/meast/rf/20030325156.html

中東コンフィデンシャルindex http://www.tkfd.or.jp/jp/meast/top.html

--------------------------------------------------------------------------------

copyright(c)2000The Tokyo Foundation.
All rights reserved.

 次へ  前へ

戦争29掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。