★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争30 > 481.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ナポレオンが敗走したモスクワ炎上のトルストイ『戦争と平和』を想起する壮大な焦土作戦か
http://www.asyura.com/0304/war30/msg/481.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 4 月 04 日 10:57:15:

ナポレオンが敗走したモスクワ炎上のトルストイ『戦争と平和』を想起する壮大な焦土作戦か。

すでに以下のロシア軍事情報部掲示板のコメントを「奇襲作戦か」として紹介した。

Источник: Kim Burger/Jane's Defense Weekly

comment:
Hmmm
by Anonymous on 04.04.2003 [03:15]

Saddam is waiting for SOMETHING... God knows, what. There were a lot of
options, as mentioned, the dam, the bridges, even the hidden airplanes they
should have tucked away, the antiaircraft missiles, but none of that was
enacted?

Very unsettling. The occupants will probably get an awful surprise soon.

 さて、これまでの諸情報を総合すると、バグダッド南部で、アメリカ側侵略者は、3月末に補給線を寸断されて以来、新しい飛行場建設とは伝えられるが、伸びきり、寸断された補給線では、補給が十分に行われるとは思えない。

兵力増強は、まったく行われていない。トルコから投入予定の6万は、地球海から回ってくるのに一週間は掛かると言う。

ペルシャ湾(アラブではアラブ湾)からの補給、増援に対しては、すでに、70から120台の戦車軍団が、バスラから派遣された模様。クウェイトへの攻撃も始まっている。

イラク側には、義勇軍6千がはせ参じていると言う。

 この状況下で、アメリカ発表のような圧勝のバグダッド入りが、できるはずはない。ロシア軍事情報部の報告と予測には、確実な事実と分析があると思う。

米海兵隊は、左右からの小火器攻撃を受けているとCNNは伝えている。これも、「隘路への引き入れ、包囲殲滅」の場合の常套手段である。

すると、問題は、最後のバグダッド攻防戦となるが、武力による戦闘とは別の決定的に重要な戦線は、外交にある。

 私が最高指揮官であれば、この際、補給と増派を阻止しつつ、バグダッドを明け渡し、包囲して「兵糧攻め」に転ずる。イラクとロシアの協力関係を考えれば、ナポレオンが敗走したモスクワ炎上のトルストイ『戦争と平和』を想起するのは、むしろ、もっとも自然である。

 次へ  前へ

戦争30掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。