★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争30 > 927.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
身も凍る銃撃戦に遭遇 多数の遺体、民間人か [kyodo.co.jp]
http://www.asyura.com/0304/war30/msg/927.html
投稿者 ひろ 日時 2003 年 4 月 06 日 23:13:30:YfXbGWRKtGRPI

身も凍る銃撃戦に遭遇 多数の遺体、民間人か

バグダッド西部で米軍交戦 従軍邦人記者初の首都入り
 【米陸軍部隊従軍(バグダッド)6日共同=儀間朝浩】突然の連射音だった。「パン、パン、パン」と乾いた音が背後から響いた。イラク兵の狙撃だ。「ダダダッ」。米兵が自動小銃で応戦、激しい戦闘が始まった。「ゴー、ゴー(進め、進め)」。指揮官が絶叫する。自走砲の発射音が耳をつんざいた。

 六日、米陸軍第三歩兵師団の第一一○砲兵大隊とともに、日本人従軍記者として初めてバグダッド西部に入った。イラク軍の大きな抵抗もなく、「歓迎」するそぶりの住民を沿道に見ながら、国際空港の北側を進んでいた時だった。

 記者は同僚のカメラマンとともに装甲車の屋根に乗っていた。イラク側からの銃撃をかわすものはない。とっさにあおむけになるのがやっとだった。

 音がものすごい。これまで米軍の砲撃の現場は見てきたが、戦闘の真っただ中に身をさらされたのは初めてだった。

 恐ろしかった。身体が凍り付いた。あおむけの姿勢の頭を時折、ほんの少し上げて一瞬、あたりを見回すことしかできなかった。

 「反対側に気を付けろ、あの建物、あれだ、あれだ」。進行方向左側への銃撃に集中していた時、装甲車の中から兵士が叫んだ。

 右手のヤシの林の中にイラク軍の倉庫らしい建物が見えた。用水路を挟んで約百メートル先だ。再び小銃の連射音。左右両側への銃撃が続く。記者の横には上半身だけをさらした兵士が小銃の銃身を左右に振っている。

 百五十メートルほど先でイラク軍の軍用車両が燃えているのが見えた。道端にイラク人とみられる二人が倒れていた。無残な姿に動きはない。

 交戦は午前十一時(日本時間午後四時)すぎから約五十分ほど続いた。終わっても、時間の記憶は薄い。

 黒焦げになったトラックや小型バス。破壊された戦車の上には手袋をした兵士の片腕が見える。道路上には、身をそらせるようにあおむけになったイラク兵の死体もあった。

 畑の中のイラク軍装甲車から炎がまだ上がっている。ようやく装甲車の屋根で身体を起こした。背中が汗でびっしょりとぬれていた。

 部隊が少し進んだ後、中年の男女の無残な死体を目にした。記者には服装などから民間人にしか見えなかった。しかし、米兵は「彼らは戦闘員だ」と言い切った。

 この交戦での両軍の死傷者数は不明だが、相当数のイラク兵が死亡、砲撃の激しさなどからみて、民間人の巻き添えも多数あったとみられる。

 交戦が始まる前は、沿道の市民が車列のすぐそばまでやってきた。笑顔を見せ、手を振る者もいた。装甲車から米兵が携帯食を投げると、少年たちが駆け寄って拾った。

 しかし、途中の民家の並ぶ道路でも、青いズボンをはいた男性の痛々しい死体を見た。民間人だったように思う。何人のイラク人の死体を沿道で目にしたことか。

 三差路では、住民らしい男性が白い車の運転席の窓から硬直した顔で手を振り、兵士ではないことを必死に訴えていた。そのすぐ後ろでは、車のドアが開き、路上に男性二人が倒れていた。
(了) 04/06

http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2003/iraq2/news/0406-529.html

 次へ  前へ

戦争30掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。