★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争31 > 1183.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
シリアを巡る「ル・モンド」紙社説
http://www.asyura.com/0304/war31/msg/1183.html
投稿者 ピースゲーム 日時 2003 年 4 月 15 日 05:19:44:tm7QTDinelUNs

(回答先: シリアを巡る一連のきな臭い発言についての雑感 投稿者 ピースゲーム 日時 2003 年 4 月 15 日 02:32:11)

4月14日付けフランスのle Monde オンライン版では,シリア問題を社説に取り上げています。以下に引用します。なお,仕事の準備で時間がなかったので,訳は直訳に近く(一部意訳),読みにくいかと思いますが,御容赦を。[ ]内は,私による補いです。
フランスは歴史的にシリアと関係が深いですから(第一次大戦後1946年までフランスの委任統治領),火種がシリアに飛び火することに関しては神経をとがらせているでしょう。

***************************************
http://www.lemonde.fr/abonnes/article/0,9883,3208--316796-,00.html
De Bagdad à Damas ?
バグダッドからダマスカスへ?

Est-ce une sorte de griserie de lendemain de victoire ? Le sentiment que tout est permis à qui peut s'imposer par la force ? La conviction que le fait d'avoir été frappée par le terrorisme - le 11 septembre 2001 - autorise l'Amérique à défaire un régime ici, en rabrouer un autre là, en menacer un troisième ailleurs ? Bref, s'agit-il, à peine la dernière ville irakienne tombée, d'appliquer à un pays voisin, la Syrie, la doctrine Bush de la guerre préventive ? Et d'imposer, au moins dans cette région, cette conception très soviétique des relations internationales : ma sécurité, c'est l'insécurité pour tous les autres ?
これは勝利の翌日の熱狂なのだろうか。武力によって自分の思うままにしようとする者にはすべてが許されるという思いなのだろうか?テロによって襲撃されたことゆえに(2001年9月11日)アメリカがこの地で一つの体制[アフガニスタン]を倒すことが許されたのだという確信が,あの地でもう一つの体制[イラク]を打ち倒すことに向かい,そしてまた別の地で三番目の体制を脅かすというのか?つまり,最後のイラクの都市が陥落したその翌日に,ブッシュの先制攻撃論を当てはめようというのか,隣国シリアに?そして少なくともこの地域においては,国際関係における極めてソビエト的な概念を押し付けようというのか。「我が安定は,他の全てにとっての不安定を意味する」を?

C'est, en tout cas, l'impression qu'on pouvait légitimement avoir à Damas, et ailleurs, lundi 14 avril, au lendemain d'une batterie de déclarations américaines à l'encontre du régime syrien.


En gros, du président George W. Bush, en passant par le secrétaire d'Etat, Colin Powell, et le secrétaire à la défense, Donald Rumsfeld, on a formulé deux accusations. La Syrie serait coupable, d'une part, d'avoir des armes de destruction massive (les siennes et peut-être aussi certaines de celles que les Etats-Unis ne trouvent pas en Irak et qui auraient été transférées par les Irakiens en lieu sûr, de l'autre côté de la frontière) ; elle serait, d'autre part, coupable d'avoir recueilli sur son territoire certains dirigeants irakiens. Cela commence à ressembler aux "chefs d'inculpation" assemblés contre l'Irak avant le déclenchement de la guerre.
いずれにせよこうした印象を,シリア政権に対して行われた一連のアメリカの声明の翌日,4月14日に,ダマスカスなどが抱いたとしても当然だろう。ブッシュ大統領からコリン・パウエル国務長官,ドナルド・ラムズフェルド国防長官に至るまで,おおまかにいって2点の非難を行なった。シリアが有罪であると考えられる理由は,第一に,大量破壊兵器を保持していると思われる点で。(自国の大量破壊兵器。及び,米軍がイラクで発見できず,おそらくはイラクによってシリア側のしかるべき場所に運ばれていると思われる一部の大量破壊兵器)。第二には,イラク側の要人を自国に受け入れていると思われる点で。こうしたこと[非難の合唱]は,開戦の前に集まり,イラクに対して「非難の合唱を行なった首脳達」[ブッシュ,ブレア,アスナール]の姿に似はじめている。

La Syrie n'a pas seulement une frontière commune avec l'Irak. Il y a entre les deux pays une histoire politique commune. C'est un Syrien, chrétien, Michel Aflak, qui, à la fin des années 1940, fonda le baasisme, la doctrine, laïque et socialisante, inspirant les partis au pouvoir à Damas et, jusqu'à ces derniers jours, à Bagdad. Très vite, les deux partis furent brouillés. Mais, compte tenu de ces liens, il ne serait non seulement pas étonnant, mais logique que des baasistes irakiens se soient réfugiés chez leur voisin du Nord.
シリアは,単にイラクと国境を接しているだけではない。両国の間には,共通した政治史がある。キリスト教徒のシリア人,ミシェル・アフラク[フランス語読み]こそが,1940年代の末にバース党の非宗教的・社会主義的理念を築き,これが現在のダマスカスの政権党と,つい最近までのバグダッドの政権党の基盤となったのだ。この二つの政党はすぐにたもとを分かった。しかしながら,こうしたつながりを考慮すると,イラク・バース党の首脳陣が北の隣人であるシリアに逃げ込んだとしても驚くにはあたらないだけではなく,理屈にかなったことだろう。

Ayant refusé de signer quoi que ce soit, la Syrie - contrairement à l'Irak, soumis à un régime d'embargo - est libre de développer des armes de destruction massive : elle l'a sûrement fait. Jusqu'à ces dernières semaines, cela ne troublait pas les Etats-Unis. Ils se félicitaient de la coopération de Damas dans la lutte contre Al-Qaida. Alors pourquoi ces menaces ?
シリアは,経済制裁に服したイラクとは逆にいかなる署名も拒否しているから,大量破壊兵器の開発を禁じられてはいない。確実に開発したであろう。だがつい最近まで,このことは米国にとって危機の理由ではなかった。米国は,アル・カイダとの闘いにおけるシリアの協力に対して感謝していたのである。ではなぜ,今になって上記のような脅しをイラクに対して行なうのだろう?

L'hypothèse optimiste, et la plus vraisemblable, est qu'elles font partie du plan que Washington a annoncé en attaquant l'Irak. La chute de Bagdad est un signal adressé à tous les pays de la région. C'est une injonction à ne pas déployer d'armes de destruction massive et à ne pas soutenir de mouvements terroristes (la Syrie appuie le Hezbollah). C'est le début d'un remodelage politique de la région qui vise à intimider et à déstabiliser les régimes jugés les plus radicaux.
楽観的な仮説,そして確実なほうの仮説は,こうした脅しが,ワシントンがイラクを攻撃することで示したプランの一部をなしているということである。バグダッドの陥落は,この地域のすべての国家に対する警告であるということだ。つまり,大量破壊兵器を開発したりテロリストの活動を支援したりしてはならぬという布告なのである(シリアはヒズボラを支援している)。「過激である」と判断した体制を黙らせ,力を削ぐことを目的とした,中東湾岸地域の政治的再編の開始なのである,ということである。

L'autre hypothèse est celle d'une Maison Blanche ivre de son pouvoir militaire. Or nombre de faucons washingtoniens livreraient bien bataille à Damas et à Téhéran - et le disent. La prudence et l'histoire récente imposent, hélas, de ne pas sous-estimer leur influence.
もう一方の仮説は,ホワイトハウスが自らの武力に酔いしれているというものだ。ワシントンのタカ派はダマスカスであれテヘランであれあっさりと戦端を開くかもしれない。(また,その可能性を口にしている)慎重に考慮し,また最近の歴史を考察するなら,残念なことに,彼らの影響力を過小評価してはならないということがわかる。
**********************************

(なお,ミシル・アフラク(1910-89)は,1942年にアラブ・バース党を創設。1963年に成立したバース党政権で主導権を握ったものの,66年に国外追放になり,その後イラク・バース党を頼った)

 次へ  前へ

戦争31掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。