★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争31 > 1188.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ロバート・フィスク 4/15 アサド大統領は彼の宮殿にクルーズミサイルを招待するか?翻訳 [Independent]
http://www.asyura.com/0304/war31/msg/1188.html
投稿者 F 日時 2003 年 4 月 15 日 10:14:49:IVJACidRB5fhY

ロバート・フィスク 4/15 アサド大統領は彼の宮殿にクルーズミサイルを招待するか? 翻訳 [Independent]

さて、アメリカの照準はいまやシリアにある。最初はイラク、イスラエルのもっとも強大な敵で、大量破壊兵器の所持者である‐もっともそれはまだ見つかっていないが。そして今、シリアだ。イスラエルの二番目に強大な敵であり、大量破壊兵器、あるいはそのようなものを所持している、とジョージ・ブッシュ・ジュニア大統領が我々に告げている。現実の大量破壊兵器の所持者であり、ネゲフにある核弾頭の数が今や正確にリストされているイスラエルに関しては一つの言葉もなく、そしてイスラエルの首相、アリール・シャロンはダマスカスが「世界のテロの中心地」だと泣訴してきた。

でもシリアが狙いになるのはけっこうなことだ。最初のアメリカのクレームはダマスカスがイラク軍にガスマスクを送っているというものだった。シリア人たちは否定した‐しかしそれが真実だったらどうだというのだろうか?国際法に照らして妥当ではないアメリカの侵略の際に、アラブの隣人がイラクの兵士たちに防護用具を差し入れることのどこがいけないのだろうか?次にシリアはアメリカ人と戦うためにアラブの「ボランティアたち」を、国境を越えて送った、あるいはそれを許したことが非難されている。これはシリア人にとって否定するのがより難しい。ここバクダットで私は少数の「ボランティア」たちに出会った。ほとんどがホムスやダマスカスの家に帰ることを切望していたし、他のアルジェリアやモロッコから来た者はシリアとの国境まで行けば彼らは安全だと私に言った。なぜならば「そこからは先にはなんの問題もないから」。しかしここにも再び、政治的な虚飾の兆候があるのだ(訳註1)。

いうまでもないことだが、サダムの腹違いの弟がシリアの国境近くで捕らえられてから、いつものように無分別なお話がでっちあげられている。タリク・アジズがサダムの家族の女性とレバノンで暮らしている。ウソだ。アラブの衛星放送チャンネルが、ダマスカスで元イラク情報相モハメド・アル・サハフにインタビューした。まっ赤なウソだ。そしてそれはアメリカ人にとっても恥ずべきことである。最も粗暴なボスニア・セルビアの殺人者、メッセルス・カラジッチとムラジッチ両氏の捕獲に失敗したり、オスマ・ビン・ラーデンを‐あるいはムラー・オマールでさえ‐見つけるのに失敗したりしたことと同様に、バクダットにおけるアメリカの情報分析の欠陥を考えれば、イラク内閣が丸ごとばかでかいオレンジのバンで、アメリカのチェックポイントを安全に通り抜けることができたとしても驚くにはあたらない。しかし次の攻撃対象の前線に持ち上げられているのはサダム内閣ではなく、シリアなのだ。

そしてこの兆候はかなり前から明確だった。「オー、エルサレム!」を書いたドミニク・ラピエールの共著者であるラリー・コリンズのニューヨークタイムズ記事を参照にしてみよう。その記事は、シリアに後援を受けたレバノンのヒズボラ抵抗戦線(Hizbollah resistance)は一万のミサイルを持ち、それはテルアビブに飛んで、「イスラエルが今まで経験したことよりも更に恐るべき惨状を残すであろう」と宣言した。このミサイルの話は神話であるが‐私はレバノン南部の道を二週間おきに旅するが、そこの国連軍がやがて確認するように、ミサイルなんてものはない‐しかしそんなことはどうでもよいらしい。そして最も洗練された生物・化学兵器を持っているのはリビアである。あるいはサウジアラビアである。あるいは誰にしろ、イスラエルが攻撃して欲しい者である。

しかしそれでも疑問が残る。サダムとその息子たち、タリク・アジズとラマダンとその他の者たちはシリアを通り抜けることができたのだろうか?不可能ではないだろう。しかし彼らの滞在が許可されるという考えは荒唐無稽である。もしバシャール・アサド大統領がサダムを客として遇するならば、それは大統領の宮殿にクルーズミサイルを招待することに近い。

しかし、シリアはイラクから来たバース党の高官たちに乗換駅を提供したかもしれない。ではどこに?私が最も好む考えはベラルーシだ。なぜなら首都ミンスクにはおぼれるほどのウィスキーがあり、崩れてじめじめしたアパートがあるからだ(ほとんどのイラクのバース党員には魅力的に響く最初の二点である)。ウラジミール・プーチンは当然のことながら、彼らを引き戻す手伝いを申し込まれて、ワシントンに引き渡すだろう。そして疑いようもないことだが、彼は値段を提示、それも石油の採掘権にかかわる値段であり、ロシアはバクダットですでにその契約書にサインしているのだ。

訳註1 このパラグラフはニュアンスをうまく訳しきれていないが、次のようなことを意味している。すなわち、シリアは同義的・国際法的に考えて別に悪いことをしているわけではない。しかし今回のシリアのイラク戦争における対応振りをアメリカに非難されて、本来ならばウソの否定までして弁解しなくてもよいのに、そうしている。この状況すべてが政治的な虚飾、演技(Hypcrisy、和英辞書では「偽善」だが)であるといっている。

http://argument.independent.co.uk/commentators/story.jsp?story=397347

Robert Fisk: Would President Assad invite a cruise missile to his palace?
15 April 2003
So now Syria is in America's gunsights. First it's Iraq, Israel's most powerful enemy, possessor of weapons of mass destruction – none of which has been found. Now it's Syria, Israel's second most powerful enemy, possessor of weapons of mass destruction, or so President George Bush Junior tells us. No word of that possessor of real weapons of mass destruction, Israel – the number of its nuclear warheads in the Negev are now accurately listed – whose Prime Minister, Ariel Sharon, has long been complaining that Damascus is the "centre of world terror".
But Syria is a target all right. First came the US claim that Damascus was sending gas masks to the Iraqi army. The Syrians denied it – but what if it's true? Why shouldn't an Arab neighbour offer Iraqi soldiers protective clothing during an American invasion which has no international legitimacy? Then Syria was accused of sending, or allowing, Arab "volunteers" to cross into Iraq to fight the Americans. This is much harder for the Syrians to deny. I've met a few of them here in Baghdad, most anxious to return to their homes in Homs and Damascus, others – from Algeria and Morocco – telling me that they will be safe if they can reach the Syrian border because "there will be no trouble from there". But here, too, there's a whiff of hypocrisy.
Whenever Israel goes to war, there are hundreds of "volunteers" from the United States rushing to Tel Aviv to join the Israel Defence Force, and America never complains.
But then comes the nastiest accusation: that members of the Iraqi regime have fled to Syria for safety. Given Syria's increasingly warmer relations with Saddam Hussein's Iraq in recent years, and the joint nature of their Baathist past – the Syrian Christian Michel Aflaq was a founder of the Baath in the days when it was a creature of both nations – it's difficult to believe that the Tariq Azizes and Taha Yassin Ramadans couldn't seek refuge in Syria.
Needless to say, the capture of Saddam's half-brother near the Syrian border has provoked the usual rash of stories. Tariq Aziz is living in Lebanon with the ladies of President Saddam's family. Untrue. The Arabic television satellite channel interviewed the ex-Iraqi information minister Mohammed Saeed al-Sahaf in Damascus. Totally untrue. And also embarrassing for the Americans. For just as they failed to capture the most brutal of the Bosnian Serb murderers, Messrs Karadjic and Mladic, so they failed to find Osama bin Laden – or even Mullah Omar – and, given the failure of American intelligence in Baghdad, it wouldn't be that surprising if the whole of the Iraqi Cabinet managed to pass safely through an American checkpoint in an orange pantechnicon. But it's Syria that is being lined up for attack next, not the Saddam Cabinet.
And the signs were clear long ago. Take the article in The New York Times by Larry Collins – joint author with Dominique Lapierre of O Jerusalem! – which last month announced that the Syrian-supported Hizbollah resistance in Lebanon had 10,000 missiles that could fly to Tel Aviv and "leave in their wake devastation more terrible than anything Israel has ever known". The missiles are a myth – I travel the roads of southern Lebanon every two weeks and there are no such missiles, as the UN force there will confirm – but this doesn't matter. And then it will be Libya who has the most sophisticated C-B weapons. Or Saudi Arabia. Or anyone else Israel wants attacked.
But this still leaves the question: could Saddam and his sons and Tariq Aziz and Ramadan and the rest have passed through Syria? Not impossible. But the idea that they would be allowed to stay seems incredible. If President Bashar Assad allowed Saddam to be a guest, it would be akin to inviting a cruise missile to his palace.
But Syria just might have provided a transit station for the Baath officials from Iraq. To where? My own favourite is Belarus – because its capital, Minsk, is awash in whisky, corruption and damp apartments (the first two of which would appeal to most Iraqi Baathists). Vladimir Putin, of course, would be asked to help to retrieve them and hand them over to Washington. And he would have a price, no doubt, a price involving oil concessions and Russia's already signed oil contracts in Baghdad .

 次へ  前へ

戦争31掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。