★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争31 > 1217.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ナオミ・クライン.「イラク復興再建」は私営化の隠れ蓑である(益岡賢氏のHPより)
http://www.asyura.com/0304/war31/msg/1217.html
投稿者 キャプテン 日時 2003 年 4 月 15 日 16:18:12:

「イラク復興再建」は私営化の隠れ蓑である

ナオミ・クライン2003年4月13日ZNet原文
http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/

2003年4月6日、国防副長官ポール・ウォルフォウィッツは、イラク暫定政権の設置にあたっては、国連の役割はない、と宣言した。米国が「運営する」政権を少なくとも6か月続け、「恐らく・・・それ以上続けるかも知れない」。

そして、イラクの人々が政府に関して見解を表明できるようになるときまでには、イラクの将来を巡る重要な経済的決定は、占領者たちによって決定されてしまっているだろう。「第一日目から、効果的な行政が必要である」とウォルフォウィッツは言う。「人々には水と食べ物と薬が必要であり、下水も電気も機能する必要がある。そして、それは、同盟国の責任だ」。

こうしたすべてのインフラを機能させるためのプロセスは、通常、「再建」と呼ばれている。けれども、イラク経済の将来を巡る米国の計画は、それを遙かに越えるものである。ワシントンのネオリベラル・イデオロギー信奉者たちにとって、イラクは、夢のような経済、すなわち、全面的に私営化され、海外企業に所有され、ビジネスに開かれているような経済をデザインできる白紙の社会なのである。

いくつかの点について:ウムカスルの港に関する480万ドルの運営契約は、すでに米国企業スティーブドーリング・サービシズ・オブ・アメリカのものとなった。また、空港もオークションにかけられている。米国国際開発局(USAID)は、道路や端の再建から教科書の印刷に至るまでのすべてについて、米国多国籍企業の入札を求めている。これらの契約のほとんどは、最大1年であるが、4年に延長できるオプションを持つ契約もある。これらの契約が、私営水道サービスや交通、道路運営、学校や電話の長期契約になるまでに、どのくらいかかるだろうか?「再建」が、「再建」を装った私営化に転ずるのはいつだろうか?

カリフォルニア州選出の共和党議員ダレル・イッサは、「戦後」イラクでCDMA携帯電話システムを構築するよう国防省に求める法案を提案した。「米国の特許所有者」に利益をもたらすためである。サロンでファーハド・マンジョーが述べたように、CDMAはヨーロッパではなく米国で使われているシステムであり、このシステムを開発したQualcomm社は、イッサに対する最大の献金企業の一つである。

そして、石油がある。ブッシュ政権は、イラクの石油資源をエクソンモービル社やシェル社に売却することについて公にはなすことはできないことを知っている。それゆえ、この問題を、イラクの元石油省職員だったファドヒル・チャラビに任せている。「イラクには大量の資金が必要である」とチャラビは述べる。「そのための唯一の方法は、部分的に産業を私営化することだ」。

彼は、米国によってなされたと見えないようなかたちで私営化を成し遂げるための方法について米国国務省に助言をしてきた亡命イラク人の一人である。このグループは、都合の良いことに、2003年4月4・5日にロンドンで会議を開き、そこで、戦後、イラクは多国籍企業に対して開放されることが望ましいと述べている。米国政府は、これに対して、亡命イラク人に対して暫定政権で多くのポストを提供することにより、感謝の意を表している。

この戦争が石油を巡るものだったと言うのは単純すぎると論ずる人々もいる。それは正しい。この戦争は、石油、水、道路、列車、電話、港、薬に関するものである。そして、このプロセスが止められないならば、「自由イラク」は、地上で最も売り払われてしまった国になるだろう。「再建」が1000億ドル相当のビジネスになるというだけでない。問題はまた、より暴力的でない方法での「自由貿易」が、あまりうまくいっていないことにも関係している。ますます多くの発展途上国が私営化を拒絶しており、ブッシュの貿易プライオリティのトップにある米州自由貿易地域は、ラテンアメリカ中で、ものすごく不人気である。知的財産権、農業とサービスに関する世界貿易機関(WTO)の議論も、米欧が過去の約束を履行していないという非難の中で滞っている。

では、経済停滞を抱え、成長中毒になった超大国は何をすることになるだろう。密室での脅しにより市場へのアクセスを獲得する自由貿易「ライト」から、先制攻撃により戦場を作り出し、そこで新たな市場を獲得する自由貿易「スーパーチャージ」に、戦略を改善するというのはどうだろう?結局のところ、主権国家との交渉は困難なものである。標的とした国をバラバラに粉砕して占領し、好きなようにその国を「再建」するのが楽である。一部の人が主張するように、ブッシュが自由貿易をあきらめたわけではない。そうではなく、「買い取る前に爆撃せよ」という新たなドクトリンを採用しただけなのである。

イラクという不幸な一国を越えたところまで、それは進む。投資家たちは、イラクの私営化が実現すれば、イランもサウジ・アラビアもクウェートも石油を私営化することで競争せざるを得なくなるだろうということを、隠そうともしていない。エネルギー・コンサルタントのS・ロブ・ソブハニは、ウォールストリート・ジャーナル紙に対して、「イランでは、野火のように発火するだろう」と述べている。米国が、新たな自由貿易地域を丸ごと爆撃により獲得したといった事態に、まもなくなっていくかも知れない。

これまでのところ、イラク「再建」を巡るメディアの議論は、「フェアプレイ」に焦点を当てている。それは「極めて不手際だ」と、EUの対外関係コミッショナーであるクリス・パッテンは語る。米国が美味しいところをすべて自分でキープしているからである。米国は分け合うことを学ばなくてはならない。エクソンモービル社は、フランスのTotalFinaElf社を、最も利益のあがる油田に招かなくてはならないし、ベクテルは英国のテムズ・ウォーターに、下水契約の一部を与えなくてはならない、と。

しかしながら、パッテンは米国の一国主義をいらだたしく思っており、トニー・ブレアは国連の管理を求めているかもしれないが、それは本来の問題ではない。ポスト・サダム時代かつ民主化前のイラクにおける「精算整理」セールスで、どの多国籍企業が最も美味しいところをとったかを、誰が気にしよう。私営化が米国により一方的になされるか、米国・欧州・ロシア・中国により多元的になされるかは、問題ではない。

この議論から全く抜け落ちているのは、イラクの人々である。イラクの人々も、 −誰にわかるだろう?− 自分たちの財産のわずかばかりを手にしておきたいと思っているかもしれない。イラクは、爆撃が終わった後で、大規模な賠償を手にする権利を持っているはずだが、真の民主化プロセス不在の中で、計画されていることは、賠償でも再建でも復興でもない。強奪である。慈善の見せかけをまとった大量強奪。人々の代表が不在のままなされる私営化。

「経済制裁」により病気と飢餓に追いやられた人々。そして戦争で粉々にされた人々。こうした人々が、トラウマからようやく回復したとしても、目にするのは、完全に売り払われた祖国なのである。そして、新たに見つけた「自由」 −そのために多くの愛しい人々が命を失った− が、既に、爆弾が投下されている間に行われた会議室でなされた経済的決定により逆転不可能なまでに足かせをはめられている状況を発見するだろう。

その後で、新しい指導者たちに投票しろと命令されるかも知れない。そして、すばらしい「民主主義の世界」に歓迎されることになるのだろう。

ナオミ・クラインはカナダの著述家で、『ブランドなんか、いらない』(はまの出版)が日本語でも読めます(大部で時間のかかる本ですが、良い本だと思います)。

インドネシアで1965年に起きたことがそのまま起こりつつあります。米国の後押しを受けたスハルトによる大量虐殺の後、「先進」各国は、インドネシアを、産業領域毎に、誰が略奪するか決める会議を開催しました。世界有数の豊富な資源を有するインドネシア。その後32年間のスハルト独裁とそれを通した多国籍企業による略奪で、インドネシアは今巨額な負債と貧困、大規模な人権侵害にあえいでいます。エクソンモービル社は、インドネシア軍を傭兵のように雇って、アチェで巨大な利益を得ています。GAPのインドネシア工場では、顧客からの注文に間に合わせるために、女性労働者が大便すらさせてもらえないで働かされる状況もある程です。そして、国軍と翼賛政党ゴルカルが絶対多数になるよう巧妙に仕組まれた「選挙」を、各国は賞賛してきたのでした。

翻訳、固有名などきちんとチェックしていないところがあります。ご容赦下さい。

  益岡賢 2003年4月14日

--------------------------------------------------------------------------------Rebuilding Iraq?
It's privatization in disguise

ZNet Top
Iraq Home



Recent Iraq





Sacking Baghdad


Recent Klein

Protect Indymedia Argentina

More Democracy Needed
Out Of The Ordinary
Don't Fence Us In


Other Sections
Activism
Afghanistan Watch
Africa
Alternative Media
Anarchy
Animal Rights
Anti War
Argentina
Asia
Biotechnology
Bolivia Watch
Book Watch
Brazil Watch
Chiapas
Colombia
Disability_ Rights
East Timor Watch
Economy
Foreign Policy
Gender
Global
Global Economics
Instructionals
Interviews
Ireland
Japan
Kosovo
Labor
Latin America
Mainstream Media
Mideast
Miscellaneous
Mumia
Native
Pacifica
Parecon
Peltier Site
Puerto Rico
Queer
Race
Repression
Russia
South Asia
Terror War
Third Party
Venezuela
VisionStrategy
Web
Youth
ZNet InterActive





by Naomi Klein
April 13, 2003
Print-Friendly Version
Email This Article To A Friend





IRAQ

On April 6, Deputy Defense Secretary Paul Wolfowitz spelled it out: There will be no role for the United Nations in setting up an interim government in Iraq. The US-run regime will last at least six months, "probably...longer than that."

And by the time the Iraqi people have a say in choosing a government, the key economic decisions about their country's future will have been made by their occupiers. "There has got to be an effective administration from day one," Wolfowitz said. "People need water and food and medicine, and the sewers have to work, the electricity has to work. And that's a coalition responsibility."

The process of getting all this infrastructure to work is usually called "reconstruction." But American plans for Iraq's future economy go well beyond that. Rather, the country is being treated as a blank slate on which the most ideological Washington neoliberals can design their dream economy: fully privatized, foreign-owned and open for business.

Some highlights: The $4.8 million management contract for the port in Umm Qasr has already gone to a US company, Stevedoring Services of America, and the airports are on the auction block. The US Agency for International Development has invited US multinationals to bid on everything from rebuilding roads and bridges to printing textbooks. Most of these contracts are for about a year, but some have options that extend up to four. How long before they meld into long-term contracts for privatized water services, transit systems, roads, schools and phones? When does reconstruction turn into privatization in disguise?

California Republican Congressman Darrel Issa has introduced a bill that would require the Defense Department to build a CDMA cell-phone system in postwar Iraq in order to benefit "US patent holders." As Farhad Manjoo noted in Salon, CDMA is the system used in the United States, not Europe, and was developed by Qualcomm, one of Issa's most generous donors.

And then there's oil. The Bush Administration knows it can't talk openly about selling off Iraq's oil resources to ExxonMobil and Shell. It leaves that to Fadhil Chalabi, a former Iraq petroleum ministry official. "We need to have a huge amount of money coming into the country," Chalabi says. "The only way is to partially privatize the industry."

He is part of a group of Iraqi exiles who have been advising the State Department on how to implement that privatization in such a way that it isn't seen to be coming from the United States. Helpfully, the group held a conference on April 4-5 in London, where it called on Iraq to open itself up to oil multinationals after the war. The Administration has shown its gratitude by promising there will be plenty of posts for Iraqi exiles in the interim government.

Some argue that it's too simplistic to say this war is about oil. They're right. It's about oil, water, roads, trains, phones, ports and drugs. And if this process isn't halted, "free Iraq" will be the most sold country on earth. It's no surprise that so many multinationals are lunging for Iraq's untapped market. It's not just that the reconstruction will be worth as much as $100 billion; it's also that "free trade" by less violent means hasn't been going that well lately. More and more developing countries are rejecting privatization, while the Free Trade Area of the Americas, Bush's top trade priority, is wildly unpopular across Latin America. World Trade Organization talks on intellectual property, agriculture and services have all bogged down amid accusations that America and Europe have yet to make good on past promises.

So what is a recessionary, growth-addicted superpower to do? How about upgrading Free Trade Lite, which wrestles market access through backroom bullying, to Free Trade Supercharged, which seizes new markets on the battlefields of pre-emptive wars? After all, negotiations with sovereign nations can be hard. Far easier to just tear up the country, occupy it, then rebuild it the way you want. Bush hasn't abandoned free trade, as some have claimed, he just has a new doctrine: "Bomb before you buy."

It goes further than one unlucky country. Investors are openly predicting that once privatization of Iraq takes root, Iran, Saudi Arabia and Kuwait will be forced to compete by privatizing their oil. "In Iran, it would just catch like wildfire," S. Rob Sobhani, an energy consultant, told the Wall Street Journal. Soon, America may have bombed its way into a whole new free-trade zone.

So far, the press debate over the reconstruction of Iraq has focused on fair play: It is "exceptionally maladroit," in the words of the European Union's Commissioner for External Relations, Chris Patten, for the United States to keep all the juicy contracts for itself. It has to learn to share: ExxonMobil should invite France's TotalFinaElf to the most lucrative oilfields; Bechtel should give Britain's Thames Water a shot at the sewer contracts.

But while Patten may find US unilateralism galling and Tony Blair may be calling for UN oversight, on this matter it's beside the point. Who cares which multinationals get the best deals in Iraq's post-Saddam, pre-democracy liquidation sale? What does it matter if the privatizing is done unilaterally by Washington or multilaterally by the United States, Europe, Russia and China?

Entirely absent from this debate are the Iraqi people, who might — who knows? — want to hold on to a few of their assets. Iraq will be owed massive reparations after the bombing stops, but without any real democratic process, what is being planned is not reparations, reconstruction or rehabilitation. It is robbery: mass theft disguised as charity; privatization without representation.

A people, starved and sickened by sanctions, then pulverized by war, is going to emerge from this trauma to find that their country has been sold out from under them. They will also discover that their newfound "freedom" — for which so many of their loved ones perished — comes pre-shackled with irreversible economic decisions that were made in boardrooms while the bombs were still falling.

They will then be told to vote for their new leaders, and welcomed to the wonderful world of democracy.

This article first appeared in The Nation.



 次へ  前へ

戦争31掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。