★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争31 > 1226.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
別途の訳出あれど、英文のURLがなく、英語転送できずに困っていたが、これで分かった。感謝。その訳例:
http://www.asyura.com/0304/war31/msg/1226.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 4 月 15 日 18:42:33:

(回答先: 米軍が人々に略奪を始めるよう告げたちょうどその時、私は偶然そこに居た 投稿者 ドメル将軍 日時 2003 年 4 月 15 日 16:12:55)

別途の訳出あれど、英文のURLがなく、英語転送できずに困っていたが、これで分かった。感謝。
以下が、その訳例:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バグダッド略奪は、米軍が引き起こした
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           オリー・ローゼンボーグ
           4月11日、ダゲン・ニエター紙(スウェーデン)

 カリード・バヨミは、アメリカ軍指揮官が、「我々にはバグダッドの略奪を阻止する手だ
てがなくて困っている」とテレビで不平をもらすのを見てびっくりした。

 「私は、米軍部隊がイラク人たちに略奪に走るよう仕向けている現場に、たまたま居合わ
せたのです」

 カリード・バヨミは「人間の盾」になるため、ヨーロッパからバグダッドに向かい、現地
に到着したその日に戦争が始まった。彼は戦争体験だけでも多くの証言ができるが、最も興
味深いのは、略奪勃発現場での目撃体験についてだろう。

 「私は、チグリス川西岸ハイファ大通りのちょっと向こうの貧民街近くにある友人に会い
に行っていました。それは4月8日のことで、戦闘があまりにも激しくなり、川向こうに戻
れなくなりました。

 午後になると戦闘が止んでまったく静かになり、そこへ4台のアメリカ軍戦車が貧民街の
境に移動しました。米兵はハイファ大通りの向こう側にある自治体行政府ビルの門前に立っ
ていたスーダン人警備員二人を撃ち殺し、行政府ビルの扉を粉々に破壊しました。その後、
戦車の中から貧民街に隠れている人々に向かって、アラビア語で、近くまで来るように熱心
に誘う声が聞こえてきたのです。

 午前中いっぱいは、大通りを横切ろうとする者は誰でもみな撃ち殺されていたのに、米軍
の通訳は、今度は近くに寄るように誘うのです。銃撃戦も終わり、何とも言いようのない静
けさがしばらく続きましたが、家々に隠れている人々はその誘いに、徐々に好奇心を持ち始
めたのでしょう。

 45分後には、最初のバグダッド市民が思いきって家から出てきました。すると、戦車に
乗っているアラビア語通訳は、近くに寄ってきた市民たちに、行政府ビルの中に入っていっ
て、何でも好きな物を手当たり次第に持ち出してもいいぞと奨励したのです。

 この指図はあっというまに広まり、ビルの中のすべての物が奪い去られました。警備員が
米兵に撃ち殺されたとき、私はその300メートル側に立っていたので、状況をはっきりと
目撃できました。その後、米戦車は近くにある法務省ビルの入口を破壊し、そこでもまた略
奪が引き続きおこなわれたのです。

 私は大勢の見物人たちの中に立ち、この略奪劇を一緒に見ました。見物していた群衆は、
略奪には参加しなかったけれど、それを止めようともしませんでした。多くの人々の目に
は、恥の涙があふれていました。

 翌朝、略奪の波は、400メートル向こうにある現代美術館にまで広がっていきました。
そこでもまた2種類の群衆がいました。略奪にせいをだす人々と、それをむかつきながら見
物する人々です」

「バヨミさん、ではあなたは、アメリカ軍部隊が略奪の口火を切ったと言うのですね?」

「まったくそのとおりです。喜びにあふれたバグダッド市民が路上でお祝いする場面が見つ
からないものだから、米軍にとっては別な形で、市民がサダムを憎んでいたという証拠の映
像を流す必要があったのです」

「でもバヨミさん、バグダッド市民は、サダムの大きな銅像を引き倒したじゃあないです
か?」

「あれを、本当にバグダッド市民が自発的にやったと思っているんですか?銅像を引き倒し
たのはアメリカ軍の戦車です。それも、報道陣が宿泊しているホテルのすぐ側でです。

 あの銅像引き倒しがあったのは、4月9日なのですが、それまで私は誰一人としてサダム
の肖像を壊しているのを見たことがありません。もし人々がサダムの銅像を引き倒したいの
なら、米軍戦車の助けなんか借りないで簡単に倒せる小さなやつから始めるわけじゃあない
ですか。

 もしバグダッド市民が政治的な暴動を起こしたかったのなら、まずは銅像を引き倒して、
その後に略奪が始まったはずです」

「でもまあ、サダムがいなくなって、よかったじゃあないですか?」

「サダムは消えてはいませんよ。彼は自分の軍隊を、ごく小さな部隊に小分けしたのです。
だから、大きな戦闘が起こらなかったわけです。公式発表では、サダムは1992年にすで
に大部隊を解散させています。彼はそれに並行して、イラクでは圧倒的な決定権を有する部
族機構を再編しました。

 アメリカがこの侵略戦争を始めたとき、サダムは国家組織を完全に放棄しました。そして
今は、部族機構に頼っているのです。だから、彼は戦わずして大都市を捨てたわけです。

 イラクを統治する政治組織が壊滅した今となっては、アメリカはすべてを自分たちでやら
ざるをえなくなっています。国外から送られてきたイラク人の二人は、あっというまに殺さ
れました。
(二人とは、デンマークから帰国したナザル・アル・カズラジ将軍と、シテ回教徒指導者の
アブドル・マジド・アルコエイ師を意味する)

 彼らはアメリカの傀儡として送り込まれたとみなされ、激怒したナジャフの群衆によりナ
イフと刀でずたずたに切り裂かれてしまいました。

 オランダの新聞、BT紙によると、アル・カズラジ将軍はCIAによりデンマークからイ
ラクに送られたそうです。

 イラクでは今、いつまで居座るか分からない占領軍が駐留しています。米軍は民主選挙の
期日も、市政統治計画もまだ発表してはいません。こんな状態では、想像できないくらいの
混乱が起こる恐れがあるのです」

                         (翻訳・パンタ笛吹)

 (このインタビューは、ストックホルムに本拠を置くスウェーデン最大の新聞、ダゲン・
ニエター紙4月11日版に掲載されたものである。この記事はオリー・ローゼンボーグ
により書かれ、ジョー・バラセックにより英訳された。
 カリード・バヨミは、ランド大学で10年間、中近東問題について研究し教鞭をとった。
彼はこのインタビューを広範に広めることを許可している)

http://www.dn.se/
*上記はダゲン・ニエターのURL(スウェーデン語)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TUP速報
菅原 秀 Schu Sugawara
電話03-3970-5777 ファクス03-3970-5817
電子メール schu@io.ocn.ne.jp
TUP速報の申し込みは: http://www.egroups.co.jp/group/TUP-Bulletin


Help URL : http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/
Group Owner: mailto:TUP-Bulletin-owner@egroups.co.jp

 次へ  前へ

戦争31掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。