★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争31 > 443.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
CNNにて:午後11時ごろから連続:バグダッド大学の「サダムの銅像」引き倒し「群衆」場面なれど、時折見える「銅像」の顔は、サダムとは違うようだ。しかも、8日イラク入りの「数百」の破落戸は、今、どこにいるのかね
http://www.asyura.com/0304/war31/msg/443.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 4 月 10 日 01:06:10:

今晩は少し奢って、京王ストアにて780円で求めたる「熟成5年」「三百余年手造一筋」の「老酒」を嘗めつつ監視するCNNにて:午後11時ごろから連続:バグダッド大学の「サダムの銅像」引き倒し「群衆」場面なれど、時折見える「銅像」の顔は、サダムとは違うようだ。しかも、8日イラク入りの「数百」の破落戸は、今、どこにいるのかね。

周囲の道路には、米兵らしく迷彩服とヘルメットの数人がたむろ、迷彩カバーのジープ数台、塀の陰には大きなバスらしいのがある。

 なんじゃろか。以下の「数百」の破落戸は、今、どこにいるのかね。

以下の要約:「イラク国民会議/チャラビ代表と兵士数百人のイラク移送/4 月 08 日/米軍に守られクウェートからイラク南部に入る」

----- 引用ここから ------------------------------
04/08 17:25 タカ派野望担い帰国 亡命イラク人チャラビ氏 米内暗闘し烈に 共同
http://www.asyura.com/0304/war31/msg/156.html
投稿者 倉田佳典 日時 2003 年 4 月 08 日 20:09:41:eahs5MlcSyO0.


(回答先: イラク戦争:数日で首都制圧 米大統領補佐官が見通し  [毎日新聞] 投稿者 あっしら 日時 2003 年 4 月 08 日 18:16:31)


04/08 17:25 タカ派野望担い帰国 亡命イラク人チャラビ氏 米内暗闘し烈に

 米英軍によるバグダッドの完全制圧が迫る中、米軍が一方的に進めた亡命イラク人組織、イラク国民会議(本部ロンドン、INC)のアハメド・チャラビ代表と兵士数百人のイラク移送は、戦後イラクの統治形態から石油利権までを含めた論議に波乱を巻き起こすのは必至だ。

 米政権内のタカ派が暫定政府の中心的な存在として担ぎ出そうとしているチャラビ氏には指導者として疑問の声も強い。同氏の起用は米国内での論争にとどまらず、欧州や日本など同盟国との関係にも影響を及ぼしかねない。

 「ラムズフェルド国防長官がバグダッド陥落を前に、チャラビ氏
を軸とする暫定統治機構設置を提案」「チャラビ氏を中心とするチェイニー副大統領らのイラク統治機構案をブッシュ大統領が拒否」―。最近の米マスコミ報道は入り乱れた。

 いずれも憶測記事だが、政権内の暗闘を物語る。こうした中、チャラビ氏は米軍に守られクウェートからイラク南部に入った。

 「ペンタゴン(米国防総省)が愛し、国務省・米中央情報局(CIA)が憎む男」。優雅な着こなしの元銀行家でINC創設者のチャラビ氏はこう呼ばれる。

 国務省がチャラビ氏を嫌う理由の一つは、米政府が亡命イラク人支援のためINCに与えている資金の問題。一九九一年から二○○一年の間だけでも、INCに渡された四百三十万ドルの半分が使途不明だが、チャラビ氏個人の懐に入ったという見方が有力だ。

 CIAは長年フセイン政権内部の情報を探る「協力者」としてINCを使ってきたが、ニセ情報が多くチャラビ氏を信用しなくなったといわれる。一九五八年にイラクを出てから祖国とほとんど縁がないともいわれ、同氏がイラクの新政権の中核を担うことには疑問の声が強い。

 そのチャラビ氏を担ぎ、国連や他国の関与を排除して米国主導の
イラク再生を図ろうというのが、ブッシュ政権内のタカ派、チェイニー副大統領やラムズフェルド国防長官と、彼らを支えるネオコンサーバティブ(新保守主義者、通称ネオコン)と呼ばれるグループ。

 彼らの「一国主義的」なイラク再建計画に反対し、国際社会の協力も視野に入れてイラク国内の各勢力を中心とする民主化と再建を図ろうとするのが、パウエル国務長官と国務省という構図だ。

 経済再建など戦後イラクへの関与を検討する日本など各国もこの対立の行方を注視している。

 ネオコンの狙いは二つとみられている。チャラビ氏は新生イラクを「親イスラエル」とする方針を表明。これはユダヤ系知識人を中核とするネオコンの最大のテーマともされる「イスラエルの安全」という要求に合う。

 もう一つは「石油利権」だ。チャラビ氏はこれまで着々と国際石油資本との関係をつくり、政権掌握後にはイラクの石油産業の完全民営化を図る意向といわれる。

 政治評論家ジョン・ジュディス氏が見るシナリオでは、民営化後、イラクは石油を国家で管理する産油国でつくる石油輸出国機構(OPEC)から脱退。世界第二位の埋蔵量を誇る産油国脱退でOPECの力は弱まる。

 OPEC衰退で中核のサウジアラビアの国際的地位は低下。政変・民主化の道をたどり、やがて中東全体の民主化によってイスラエルの安全保障と、OPEC衰退による国際石油資本に有利な環境という二つの大目標が達成される。

 この壮大な「ネオコンの野望」を担っているのが「問題人物」チャラビ氏で、その動静が世界に注目される理由となっている。(ワシントン共同=会田弘継)
(了)
[2003-04-08-17:25]
nifty共同通信ニュース速報
----- 引用ここまで ------------------------------

 以上。

 次へ  前へ

戦争31掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。