★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争32 > 494.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 新保守主義者(ネオコン)についての詳細な分析と解説 - 最近の Le Monde から(抄訳) 余丁町散人(橋本尚幸)
http://www.asyura.com/0304/war32/msg/494.html
投稿者 QAF 日時 2003 年 4 月 20 日 09:01:57:

(回答先: 新保守主義者(ネオコン)についての詳細な分析と解説 - 最近の Le Monde から(抄訳) 余丁町散人(橋本尚幸) 投稿者 新規投稿 193 日時 2003 年 4 月 19 日 18:10:54)

とても参考になりました。

レオ・シュトラウスっていうと早稲田の藤原保信先生とか
が詳しくあつかってたけど、
現代米国では政治的にはこんなふうに翻訳されてるんですね。

戦闘的民主主義・・・・といえば、
共産党や極右を非合法化した戦後西ドイツが本家に近い
思想だけど、こんな風に政治的翻訳はされないと思います。
***ただ、独コール元首相は米国のイラク開戦断固支持でしたね。ブレア並み、といってもいいくらいの。

シュトラウスは、本質はナチズム・ファシズムに近い所ある思想家、とみなされることがあったように思います。

似た思想の持ち主は米国以外にも沢山いるとおもうのですけど、
米国のこういう政策を支持してるヨーロッパの思想家はいるのかな?
「新哲学派」(だったか)とかいう、かってのフランス新保守派などはどういう態度をとってるのかな。

日本の保守派は、石原慎太郎とか西尾幹二とかはあくまで日本の当座の外交選択として米国の開戦を支持してるので、
思想的に深く突っ込んで、賛成反対ふくめ米国の政策理念と対決する人が少ないので思想的な脈絡というのがはっきりとはみえないですね。

 次へ  前へ

戦争32掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。