★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争33 > 126.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
【プラウダの論評】アジズ前副首相は、アメリカの“使える駒”として政界復帰する可能性が高い
http://www.asyura.com/0304/war33/msg/126.html
投稿者 佐藤雅彦 日時 2003 年 4 月 26 日 18:19:51:


●サダム政権の副首相だったタリク・アジズ氏が米国に「投降した」と報じられた直後に、ロシアのプラウダに下記のような論評がでました。アジズは「英語が流暢」である以上に、サダム体制下の(宗教的複合国家)イラクで政権を支えていたキリスト教徒なのだそうで、小ブッシュ政権にとってはまさに“使える駒”なのでしょう。

 この先“使える駒”というだけでなく、ひょっとすると、これまでも“使える駒”だったのかも知れませんが……。

 いずれにせよ、アジズ氏のような身の振り方、あるいは占領当局からの待遇は、日本でも1945年前後に見られたことです。


● 以下が、問題のプラウダ記事(要約をつけておきました)。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
プラウダ(ロシア)英文版
http://english.pravda.ru/world/20/93/375/9849_aziz.html

Is Tariq Aziz New Iraqi Leader?
【“新生イラク”の指導者になるのはタリク・アジズか?】
04/25/2003 16:40
Former vice-premier may be useful to the Americans
【イラク前副首相はアメリカにとって“使える存在”かもしれない】

The vice-premier of Saddam Hussein's government, former Iraqi minister of foreign affairs and one of the most famous members of the former regime, Tariq Aziz, has surrendered to Americans. No details about the event have been reported yet. On the whole, the events that occurred in Baghdad on Wednesday cannot exactly be called a "capture."
【要約:アジズ前副首相がアメリカに投降した。くわしい事情は今のところ判明していないが、状況の全体像を見てみると「逮捕された」とはとても呼べない投降劇であった。】

On the basis of information received from the Iraqi capital, we can draw the conclusion that the problem of Tariq Aziz' surrender had been discussed for several days with the participation of some undisclosed third party. Probably, the former vice-premier was promised some definite guarantees and decided he had had enough troubles. Although Tariq Aziz was on the wanted list consisting of 55 figures of the former Iraqi regime issued by the USA, nothing awful threatens him now. And it is highly likely that, if Tariq Aziz answers America's pressing questions concerning the whereabouts of Saddam and weapons of mass destruction, he will be left completely alone. And it may happen that Tariq Aziz won't just be left alone, but even will be offered a high position in the new administration.
【要約:バグダッドからの情報をもとに検討すると、アジズ投降劇の真相は、おそらく(米英サイドから)“絶対的な保証”を与えられ、「アジズは問題人物ではない」というお墨付きが付いて、実現したものだと結論づけることができる。アジズはたしかに米国の“イラク政府要人おたずねものリスト”55人衆のなかに入っていたが、現在、致命的な脅しを受けていない。そしてアジズが米国側の(サダムや大量破壊兵器の所在などについての)尋問に答えているとするなら、完全に“拘束なし”の状態が保証されるであろう。いや、アジズの自由が仮に制限されるとしても、新生イラク政権の高官に抜擢される可能性は高い。】

This idea is not strange at all. Tariq Aziz actually was one of Saddam's closest associates, but in fact he wasn't involved in the crimes of the previous regime. He didn't poison Kurds with gas and didn't torture convicts in prisons. Under Saddam Hussein, Tariq Aziz performed the role of a so-called "civilized representative" of the regime, the man with whom foreigners could deal. Isn't it possible that he may continue performing the same role, certainly taking into account the fact that the situation has changed?
【要約:なにしろアジズは、サダムの側近でありながら旧体制下で犯罪に関与していない。クルド人をガスで殺したわけでもないし、囚人に拷問をしたわけでもない。サダム体制下で、アジズは「文明化したイラクの顔」という役割を果たしてきた。だから体制が変わっても、彼はこの役割を担い続ける可能性はある。】

It may seem to be a trifle, but actually it's an important fact that Tariq Aziz speaks English wonderfully; as a student, he studied English literature. So, it won't be a problem for him to establish contacts with the occupation authorities.
【要約:アジズは英語が流暢に話せる。学生時代に英文学を学んだほどなのだ。この事実は些細にみえるかもしれないが、大きな意味を持っている。彼は占領当局との橋渡し役を仰せつかるかもしれない。】

Then, we may well see the former vice-premier at the head of some transitional government. After all, even before the war in Iraq, the Americans themselves said they would probably cooperate with the middle rung of the Ba'ath party. (Tariq Aziz has been a member of the party since 1957.) In so far as Tariq Aziz enjoys authority among people in the party, it will be easier to establish contacts between Ba'ath members and the American administration.
【要約:ひょっとするとアジズは暫定政府の代表になる可能性だってある。実際、米国はこの“戦争”を始める前からバース党の中間層と協力関係を作ってきたと、みずから認めているほどだ。(アジズは1957年以来、バース党の党員である。) アジズはバース党の有力者だったから、彼を橋渡しに使えば、バース党メンバーたちと米国政府が接触することは容易になるはずだ。】


Some time ago, Tariq Aziz said he would prefer death to capture in Guantanamo. Nowadays, circumstances change rather quickly. It is highly likely that Tariq won't go to Cuba, in the near term at least. It is still too early to write Tariq Aziz off as a politician: He may be useful to the Americans.
【このあいだまでアジズは「米国の捕虜になるなら死んだほうがましだ」と公言していたが、事態は急展開した。彼はグァンタナモ強制収容所に送られることなく、政治家としてとおからず復活すると考えてよい。アジズはアメリカの“使える駒”なのかもしれない。】

Vasily Bubnov

Read the original in Russian:
http://world.pravda.ru/world/2003/5/15/39/10046_Aziz.html
(Translated by: Maria Gousseva)

Pravda.Ru

Related links:
PRAVDA.Ru Aziz: We Will Fight to the Last Bullet
PRAVDA.Ru Baghdad Says It Is Not Affiliated With Al-Qaeda
PRAVDA.Ru Tariq Aziz: U.S. Threats Dangerous not only for Iraq, but for the Whole Region
Tariq Aziz Was Once Face of Iraq
More Iraqi suicide attacks coming: Tariq Aziz Most interesting PRAVDA.Ru
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 次へ  前へ

戦争33掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。