★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 342.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「ロボット地質学者」火星へ 米も無人探査車 打ち上げ 共同
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/342.html
投稿者 小耳 日時 2003 年 6 月 11 日 14:38:31:

 【ワシントン10日共同】火星表面を走り回り、水や生命の手掛かりを探す米航空宇宙局(NASA)の無人火星探
査車「マーズ・エクスプロレーション・ローバー(MER)」が、米東部時間十日午後一時五十八分(日本時間十一日
午前二時五十八分)、ケープカナベラル空軍基地(フロリダ州)から打ち上げられた。

 デルタロケットは発射から三十六分後、インド洋上空でMERを積んだ宇宙船を切り離し、打ち上げは成功。MER
は「スピリット」と名付けられ、来年一月四日にかつて湖だったと考えられているクレーターへの着陸を目指し、約七
カ月の旅に出発した。

 ゴルフカート並みの大きさで六輪のMERは、ハンマーのような岩石採取装置の付いたロボットハンドや高性能カメ
ラ、化学分析装置などを備えており「ロボット地質学者」とも呼ばれる。

 着陸時にはエアバッグを膨らませ、衝撃を抑える。太陽電池の電力で火星の表面を動き回りながら、地質や土の中の
水分量などを測定。火星の表面を覆っていたとされる水の分布や、生命が存在できる条件があったかどうかを調べる。

 NASAは「オポチュニティ(好機)」と名付けた二台目のMERを今月末に打ち上げる。二台目は一月二十五日、
湿った環境下で形成される鉱物が豊富にある別の場所に着陸。ともに三カ月以上にわたり探査する。

 火星には現在、一九九八年七月に打ち上げられた日本の探査機「のぞみ」と、今月初めに打ち上げられた欧州宇宙機
関の探査機「マーズ・エクスプレス」が向かっている。

 マーズ・エクスプレスは今年十二月初め、のぞみは来年一月に火星の軌道に到達する予定で、火星研究が大きく進展
すると期待されている。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20030611/eve_____kok_____003.shtml

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。