★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 352.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
第三番目の大革命とは、アメリカ革命のこと。それは、大凶事となるべく、予定されて居る[週刊日本新聞]
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/352.html
投稿者 代木 日時 2003 年 6 月 13 日 00:46:55:

イルミナティが準備する、第三番目の大革命とは、アメリカ革命のこと。
 そしてそれは、フランス革命、ロシア革命、中共革命のすべてを合計し、
  それを上回るような大凶事となるべく、予定されて居る、と。
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

投稿 平成15年06月12日23時25分
更新 平成15年06月13日00時30分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)六月十二日(木)
(第六百六回)

○日本をそっくり、まるごと、アメリカに売り渡すことについて、
 「小泉」は、なんのためらいも、心の痛みも、悩みも、なんにも
 ない。

○スッカラカンに、なんにもない。

○そこに、「小泉」の「新しさ」がある。

○しかし、本当の問題は、そのような、売国奴まる出しの「小泉」を、
 今なお、世論調査では、五、六割の日本人が支持して居る、ところ
 に、存在する。

○すべては、「アメリカ」、である。

○つまりこうだ。

 (1)アメリカがすべて。

 (2)日本はアメリカの言う通りにして、アメリカの覚えが
    目出度ければ、日本は安泰である。

 (3)アメリカについて行けば間違いない。

 (4)小泉はアメリカに気に入られて居る。

 (5)小泉首相でよろしい。

 (6)小泉を変える必要がどこにある。

 (7)小泉のおかげで日本はアメリカに頭をなでられ、まったく
    良い具合だ。

 (8)アメリカ万歳!

 (9)小泉首相万歳!

○そこで、問題はその「アメリカ」である。

○アルバート・パイクは、マッチーニあての一八七一年八月十五日
 付けの手紙で、三つの世界大戦と、三つの大革命によって、イル
 ミナティの戦略目標である、単一世界政府(世界国家)を実現する、
 との青写真を描いたと言う。

○三つの世界大戦については、ここでは、省略しよう。

○「三つの大革命」なるものを、問題とする。

○第一の大革命はもちろん、一七八九年以降のフランス革命である。

○第二の大革命は、一九一七年のロシア革命。

○一九四九年、中国共産党による革命はどうか。これは、ロシア革命
 の延長、と見なすことにしよう。

○第三次の大革命とはそれでは何か。
 これが、実は、「アメリカ革命」、なのである。

○もちろん、白痴そのもの、ゾンビ以外の何ものでもない、現在の
 日本人には、そんな凶変は夢想もできない。

○「三つの世界大戦と、二つの大革命がなされたあと、米国だけが、
 唯一の世界的権力として残り、その地位に着く。しかし、アルバー
 ト・パイクが世界史上未曾有の最大の社会的大動乱と成るであろう、
 とした、第三の大革命は、アメリカ革命であり、アメリカは国内の
 裏切者の手によって解体させられ、『完熟した果物』のようにして、
 ルシファー主義的陰謀の陣営の手中に落ちるのである」
 (W・G・カー著「サタン − この世の君主」、一五九頁)、とある。

○今の、白痴化した日本人には、この警告は、気違いのうわごと、
 としか聞こえないであろう。

○五月三十一日、東京で講演した、シスコ・ウィーラー女史は、今、
 米国には、イルミナティによって、一千万台のギロチン(断頭台)が
 用意されて居る、と述べて居た(一千万台という数字は、ちょっと
 どうかと思うけれども、そのまま、引用しておく)。

○テックス・マーズの、
 「グラークUSA」。

○グラーグとは、かってソ連に、一千万人の囚人を監禁した、
 「強制集中収容所」のロシア語の略称である。

 (了)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。