★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 459.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
日本のマスコミが始めて、「ビルダーバーグ・クラブ」についての記事を公表した(産経15・6・22) [週刊日本新聞]
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/459.html
投稿者 乃依 日時 2003 年 6 月 22 日 23:35:42:

日本のマスコミが始めて、「ビルダーバーグ・クラブ」についての記事を公表した(産経15・6・22)
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

投稿 平成15年06月22日22時02分
更新 平成15年06月22日22時57分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)六月二十二日(日)
(第六百十六回)

○産経新聞、平成十五年六月二十二日。

○ここに、恐らくは、日本のマスコミ上で始めて、ビルダーバーグ・
 クラブについての解説記事(山口昌子)あり。

○米欧の「陰のサミット」、などと言う。

○最終日に、約百名の出席者リストが公表された、とあるが、
 「アメリカン・フリープレス」紙は、例年、百二十名、として居る
 から、二十名はその公表リストから外されて居るわけだ。

○この産経新聞の記事(15・6・22)の中味は、まるで薄い。

○しかし、何百人かの僅かの例外を除き、その読者の殆んどは、
 「ビルダーバーグ・クラブ」なるものの存在を、始めて知らされた
 ことであろう。

○このあと、日本のマスコミが、ビルダーバーグ・クラブについて何
 等かの報道をするかどうかは分からない。

○「アメリカン・フリープレス」紙によれば、二〇〇三年のビルダー
 バーグ・クラブ年次総会は、ブッシュ米大統領とその政権に対して、
 シャロンイスラエル政府に圧力を加えるよう、強く要求した、との
 ことである。

○この件は、前記、産経の記事(6・22)には述べられて居ない。

○ハンス・シュミットさんの主宰する「ガンパック短信」は、米国政府
 がシャロンイスラエル政府に押し付けようとして居る、和平行程表
 (ロードマップ)なるものは、ハルマゲドンの序曲と成り得る、と
 警告する。

○当「時事寸評」は、既に、
 イスラエルの一部勢力は、ヨーロッパが我々(イスラエル)の邪魔
 をするならば、我が(イスラエル)軍は、ヨーロッパ諸国に対して核
 ミサイルを発射する用意あり、と公言して居ることを報じた。

○白痴化ゾンビ化した日本人にとっては、そんな話は白昼夢以外の何者
 でもないかもしれないが、もちろんこれは、単なるコケおどしではない。

○ヨーロッパがイスラエルの邪魔をする、とは、どう言うことか。

○イスラエルは、全パレスチナアラブ人(この中には、アラブ人
 キリスト教徒も含まれる)を武力によって追放する計画を持って
 居る。この計画の実権の邪魔、を意味するであろう。

○しかし、アメリカ政府がそれを邪魔することはないのか。

○その場合にはイスラエルはどうするのだ。

○その場合には、米国を占領して居るシオニストは、ケネディ大統領
 を公開死刑にしたように、邪魔者を処分するであろう。

○にも拘わらず、白痴そのものの日本人は未だに、ケネディ暗殺の真相
 について、何ひとつ、知らされて居ない。

○ニクソン米大統領も、シオニスト・ユダヤ(三〇〇人委員会)の
 ご主人様に、
 「イエス・サー!」
 と言わずに、少々、口答えしたばかりに、全世界の面前で人格殺害
 的攻撃を加えられたのだ。

○産経の今回の記事(6・22)は、イルミナティ世界権力にとって、安全
 無害な、愚にもつかないゴミのたぐいに過ぎないが、

○それにしても、この記事をきっかけにして、日本民族同胞の、西洋の
 本体としての秘密結社問題への関心が深まることを期待して置く。

 (了)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。