★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 468.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
西洋悪魔主義の巣、議会制度を廃止して神国日本の国体に立ち戻れ。 [週刊日本新聞]
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/468.html
投稿者 乃依 日時 2003 年 6 月 24 日 02:22:37:

西洋悪魔主義の巣、議会制度を廃止して神国日本の国体に立ち戻れ。
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

・・・正直、今の私にはこれに関しての検証は難しいです。お詳しい方のフォロー(議会制度の悪に関し)を期待いたします。さしあたり、孝明天皇暗殺に関しての資料を添付しておきます。

また、太田龍のいう「神国日本」とは、幕末以前の日本のことらしいです。


投稿 平成15年06月24日01時25分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)六月二十三日(月)
(第六百十七回)

○胡蘭成先生は、
 日本が明治になって、西洋式議会制度を採用したことの誤りを、
 痛撃された。

○この批評は全く正しい。
 その通りである。

○しかし、胡先生は、日本亡命の身、である。
 つまり、客である。

○客分の分際で、日本に対してモノを言うにも、限界はある。

○日本が、西洋式議会制度を採用したのは何故か。

○それは、単純な話しではない。

○この問題に深く踏み込んで行くことは、亡命客人の身では難しい。

○明治政府が、西洋式に憲法を制定して、西洋式議会制度を立てたの
 は何故か。

○それを推進した勢力の言い分は、それをしないと、欧米西洋列強は、
 安政条約の改訂を承知してくれない、と言うのである。

○つまり、日本の国家社会の制度を、何から何まで、西洋化した、
 西洋化が完了した、そのことを西洋列国に認めてもらって、始めて、
 列強は、安政条約の改訂に応じてくれる、との理屈である。

○しかし、それでは、一体、安政条約とは何か。
 安政条約の改訂とは何なのか。

○安政条約とは、安政年間に、徳川幕府が、米国と結んだ条約である。

○米国の次に、英国その他のヨーロッパ諸国と、同じ内容の条約を
 結ぶ。

○しかし、このとき、孝明天皇は、断乎として、その条約に勅許を
 お与えにならなかった。

○かくして、日本の政局の大動乱が始まるのである。

○この肝腎かなめの史実が、今、学校で、日本の子供たちに、教え
 られて居るのかどうか、未だ調べて居ない。

○この安政条約は、「不平等条約」、とも称される。

○日本にとって不平等、の意味である。

○それは何故か。

○その不平等性は二項あり。

○即ち、
 第一に、日本には輸入品の関税を自国で決める、関税自主権がない。
 第二に、領事裁判権。
 つまり、西洋人が日本の国内で犯した犯罪について、日本の国内で
 犯した犯罪について、日本の国家は、それを罰することが出来ない。
 西洋人の犯罪は、その国の日本に駐在する外交官(領事)がこれを
 処理すると言う。

○要するに、この安政条約は、西洋列強の日本占領の第一歩、である。

○こんなことは、少々でもまともな常識があれば自明だ。

○戦わずしてこんなものを受け入れた、当時の徳川幕府当局は、
 売国奴、
 以外の何者か。

○孝明天皇が、その勅許を、頑強に拒否されたのは、あまりにも当然
 のこと。

○桜田門外で、井伊大老の首級を挙げた水戸浪士(薩摩一名)の自訴状が、
 孝明天皇を千古聖帝、
 とたたえたのも当然である。

○西洋式憲法の制定と、西洋式議会制度の開設は、まさに、井伊大老の
 売国奴路線の延長戦上に出て来るのだ。

 (了)

〜〜参考記事〜〜
<孝明天皇弑逆説>
http://www.asyura.com/0306/tyu2/msg/223.html

安政条約に関して
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/tosikiyo04.htm
〜〜

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。