★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 469.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
独逸政府に雇われた社会経済学と倫理学の御用学者が「75歳以上は延命治療無用」と提言し観測気球を上げている
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/469.html
投稿者 また御用学者かよ! 日時 2003 年 6 月 24 日 09:02:25:

2003/6/23/20:29 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20030623i112.htm

75歳以上は延命治療無用、独で波紋呼ぶ新提言


 【ベルリン=宮明敬】「75歳以上の老人には、人工透析や心臓の手術は無用」――自治体財政や健康保険会計の破綻が進むドイツで、社会学者らが、医療費抑制のため、高齢者に対する治療を痛みの緩和程度にとどめ、延命治療はやめるべきだとの提言を公表、波紋が広がっている。

 ドイツではナチス時代、心身障害者らを「安楽死」の名目で大量殺害したり、強制収容所では労働力としての価値を失った者から抹殺するなど、有用か否かで人間の生死を決めていた。それだけに、高齢者の生存権を否定するような今回の提案に、ナチス時代の選別思想の復活を指摘する声もある。

 この提言は、連邦経済省の諮問委員を務める社会経済学者のフリードリヒ・ブロイヤー教授と、ドイツ社会倫理学会長のヨアヒム・ビーマイヤー教授が、今月初旬に放映された公共テレビの番組で訴えたものだ。「平均寿命に近い年月を生きた75歳以上の人が延命治療や高額治療を望むなら、全額自己負担にせよ」というのが骨子。背景には、「75歳以上の人に手術を施しても、(社会経済的に)元が取れない」(ブロイヤー教授)との功利主義的な考え方がある。

 ビーマイヤー教授は「年齢による医療制限というテーマは、政治の世界ではまだタブーかも知れないが、学者や専門家の間では市民権を得ている」と語り、高齢者“切り捨て”論に共鳴者が少なくないことを示唆した。

 これに対して、連邦医師会のホッペ会長は「高齢者のそれまでの社会貢献も、人間の尊厳も無視した議論で、ナチス時代の安楽死を連想させる」と非難。旧東独共産党系の民主社会党も「節約ヒステリーのなれの果て。年齢や出自、障害の有無で人間を選別することは絶対許せない」との声明を出した。

 シュミット保健相は「医療行為の年齢制限など考えられない」と沈静化を図っている。だが、今回の提言は、シュレーダー政権が進める「痛みを伴う社会改革」の中で出てきただけに、改革に対する国民の不満に火をつけかねない。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。