★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 601.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「鬼才の日本語文法学者」三上章(一九〇三 〜 一九七一)生誕百年。ようやくその真価が認められる気運が生まれた。 [週刊日本新聞]
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/601.html
投稿者 乃依 日時 2003 年 7 月 05 日 02:18:06:

三上章(一九〇三 〜 一九七一)生誕百年。ようやくその真価が認められる気運が生まれた。
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

投稿 平成15年07月05日00時55分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)七月四日(金)
(第六百二十八回)

○東京新聞、平成十五年七月四日夕刊。九頁。文化欄。

○ここに、「鬼才の日本語文法学者 − 三上章生誕一〇〇年」
 (益岡隆志神戸外国語大学教授)と言う一文あり。

○三上章(一九〇三 〜 一九七一年)、については、小紙(週刊日本新聞)
 で、何度も取り上げ、また、日本義塾でも、講義した。

○今年は、三上章生誕百年、と言うことで、多少、三上章評価が、
 成されては居る。

○三上章は、東京帝大工学部を卒業して居り、戦後、高校で、数学を
 教えた。

○日本語文法とは、まるで、無縁の立場である。

○このひとが、何故、日本語文法に志すようになったか、それは謎で
 ある、などと、この益岡と言う学者は書いて居る。

○しかしこのひとの読みはおそろしく、お粗末で貧相だ。

○三上章は、戦前、東大工学部を出て居るが、そもそも、三上と言う
 ひとは、西洋文明の輸入を事とする近代日本のアカデミズム、その
 学問の在り方に、非常に強い疑問を抱いた。

○それが、彼の日本文法研究の根っこにある思いである。

○日本文法学を研究すると、西洋式文法学を日本語にあてはめる明治
 以来のやり方は、根本的におかしい、と、三上は直観した。

○三上日本語文法の源泉はここに由来する。

○三上の生前、日本のアカデミズムは、三上の説を、鼻の先でせせら笑う。

○むしろ、アカデミズムの外側の人々が、三上説を高く評価した。

○更に、欧米の言語学界の一部は、三上章を、日本語文法学の最高峰、
 とまで評価した。

○日本のアカデミズムの「権威者たち」としては、おもしろくない
 ことこの上ない。

○しかし、三上章死後三十二年。
 「権威者」でない、文法学者たち、日本語学者たちの間に、少しづつ、
 三上を評価する気運が生まれて来る。

○学界の、エライ、エライ、エライ最高権力者学者たちから見れば、
 「雑魚」としか見えない、学者、研究者たち。

○まだまだ、戦いはこれからだ。

 (了)

●[注]

○三上章説の一つは、日本語には、西洋語文法の「主語」は存在しない
 と言う、主語否定論、とされるが、それはイロハのイ。
 三上理論の奥は深い。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。