★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 718.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
前野徹著「新歴史の真実」(経済界、平成十五年五月)を読む。 [週刊日本新聞] 〜吉田茂、横田喜三郎、官僚制度の腐敗
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/718.html
投稿者 乃依 日時 2003 年 7 月 13 日 01:25:24:

前野徹著「新歴史の真実」(経済界、平成十五年五月)を読む。
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

投稿 平成15年07月13日00時46分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)七月十二日(土)
(第六百三十六回)

○この本は、一応は、批評に値する。

○この本のもっともすぐれて居るところは、敗戦後日本の官僚の腐敗
 と堕落に対する糾弾であろう。

○この腐敗した官僚制度の元凶は、東大法学部教授横田喜三郎、
 だと言う。

○しかし、横田ひとりでは、敗戦後日本官僚制度の腐敗は完成しない。

○もう一人は、吉田茂。

○つまり、吉田茂と、横田喜三郎。
 この二人のおかげで、米英イルミナティ世界権力の日本民族皆殺し
 侵略戦争は、見事に貫徹した、と成るであろう。

○この見方は、とりあえずは、間違っては居ない。

○けれども、それだけは表層的である。

○いずれにしても、敗戦占領下で、日本の官僚が、そっくりまるごと、
 日本民族の抹殺と日本民族皆殺しを目標とする米英イルミナティ
 世界権力の忠実な手先、工作隊、極悪売国奴と化してしまった、
 その背景は何なのか。

○その謎を解くためには、幕末明治初年に遡らなければならない。

○そして、ここでは、前出、前野著は、真相に迫っていない。

○国際政経学会(昭和十一〜二十年)の業績を真剣に学ぶことが必要だ。

○国際政経学会の機関紙「猶太(ユダヤ)研究」には、明治以降の
 高等教育(旧制高校、大学)の本質は、日本のエリート、インテリ、
 をユダヤフリーメーソンイデオロギーに染め上げることである。
 とりわけ、法学概論、経済学概論、哲学概論、世界史概論のような
 ものが、日本のインテリのフリーメーソン化に決定的な影響をもた
 らした、と言う趣旨のことが述べて居る。

○そもそも、西南戦争後、日本の国家は、ニセモノ日本であり、日本
 民族の敵である。

○日本の国家を運営する官僚を任命する高等文官試験、外交官試験の
 内実は、ユダヤフリーメーソンイデオロギー一色ではないか。

○このようなユダヤフリーメーソンイデオロギーの優等生が、官僚と成り、
 決定的に日本の国家の中枢を握るのは、明治三十年代、とりわけ、
 日露戦争以後である。

○それ以降の日本の国家官僚階級は、日本民族の敵、以外の何者でも
 ない。

○だからこそ、彼等日本の官僚は、敗戦と共に、あっさりと、敵米英
 イルミナティ世界権力の工作員エージェントに転身することが出来
 たのである。

○横田と吉田茂の問題は、こうした、全歴史過程の一部であって、その
 すべてではないのである。

 (了)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。