★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ27 > 752.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ラムズフェルド、ネオコン軍事戦略とアルビン・トフラー理論の関係。 [週刊日本新聞]
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/752.html
投稿者 乃依 日時 2003 年 7 月 15 日 00:26:50:

ラムズフェルド、ネオコン軍事戦略とアルビン・トフラー理論の関係。
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

投稿 平成15年07月14日08時18分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)七月十三日(日)
(第六百三十七回)

○「EIR」二〇〇三年七月四日号、六十七頁以下。

○ここに、カール・オズグットの、
 「トフラーの戦争と戦争反対」
 「ラムズフェルド式情報化時代の人殺しの大衆化」
 と言う論文あり。

○文明間の衝突理論のハーバード大学教授サミュエル・ハンチントン
 が、ドナルド・ラムズフェルド国防長官の軍事的大転換のための地政学者
 であり、アンドリュー・マーシャル米国防総省ネットアセスメント室長が
 ラムズフェルドの技術面での師匠(グル)であるとしたら、ラムズ
 フェルドのすべての用語は「未来からの衝撃」及び「第三の波」著者
 アルビン・トフラー夫妻によって供給されて居る、とある。

○これはその通り。

○トフラー(ユダヤ人)は、いわゆる「ネオコン」派の一味とは見な
 されて居ないが、にも拘わらず、トフラー理論は、「ネオコン」派
 の理論及び行動と、緊密に一体化して居る。

○そして、この明々白々、およそイロハのイ、自明の事実が、日本人
 にはまるで見えて居ない。

○日本人は、トフラーについても、一過性の流行現象としてやり過
 ごした。
 明治以降、何百回となく生じた流行思想現象と同じようにして。

○大局の推移が見えないのである。

○トフラーによれば、第三の波、情報革命が進行して行くにつれて、
 今日存在する、百五十ないし二百の民族国家、国民国家は解体消滅
 死滅する。

○それからどうなるか。

○トフラー曰く。
 それから、数百、ないし、数千の小さな国家、都市国家、地域に分割
 される。中国は、数百ものシンガポール型の都市国家に分解して行く
 との説が引用される。

○トフラーは冗談を言って居るのか。それとも、これは本気の話なのか。

○当「時事寸評」は、、既に、ウィリアム・リース・モッグ卿の著作
 「主権人(ザ・ソバリーン・インディビデュアル)」について論評
 したが、「週刊日本新聞」二九五号(15.7.14)四、五頁に、この問題
 を、やや詳しく、述べておいた。

○リース・モッグ卿は、いわば、三百人委員会の主席宣伝家の役割を、
 この三十年以上、勤めて居る人物である。

○リース・モッグ卿の「主権人」は、トフラーの言う、数千の小さな
 国家、地域、の構図のシナリオの、その先に来るべきものを提示する。

○オスグット論文は、
 米国ネオコン派の推進する軍事戦略は、ハンチントン(三百人委員会)、
 トフラー(第三の波理論)らによって既に公然提起されて居る世界
 戦略の一部として見なければならない、と言う。

○この件は更に続報する。

 (了)

●[注]

○オスグットがここで引用して居る、トフラーの著作
 (War and antiwar 一九九三年)は邦訳されて居る。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ27掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。