★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論11 > 1104.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ワシはゴツツウ怒っとる!
http://www.asyura.com/0306/dispute11/msg/1104.html
投稿者 金子勝・代 日時 2003 年 7 月 15 日 17:55:08:

 ぼくは、この沈みゆく船のごとき日木の状況に対して苛止ち、そして怒っている。青木さん風に言うと、「ワシはゴツツウ怒っとるんや」。だが、多くの国氏は怒ることを志れてしまったようだ。いつの間にか、国民は小泉政権が演ずる低級な茶香劇にコロつと騙されるようになった。日本中、同じような事件でいっぱいだ。
 たとえば、ジー・コスモス・ジャパンの大神源太元名誉会長が集めた金は、実に330億円もの巨額に上る。国民全員が、リーダーが映画スターのように振る舞って物をはっきり言うポーズを示すだけで騙されるようになっている。やはり、学カが低下しているのは大人の方だろう。
 まだ小泉茶番劇で何とかなるとでも思っているのだろうか。パッカじゃなかろうか。
 小泉のやった経済政策は全部失敗しているんだぞ。政権発足直後の2001年6月21日の「骨太方針」からして大失敗だった。不艮債権処浬は3年以内に終わる。公的資金の投入など必安ないと大見栄を切ったのは一体誰だ? 翌年2月26日の「デフレ対策」も見事に失敗した。しかも、ことごとくだ。金融庁の特別検査はゴマカシ、空売り規制による株価対策は一時しのぎ、ペイオフ全面解禁も公約倒れ、株買取機構は機能せず、整理回収機構による不良債権買取価格は膨らむばかりだ。
 しかも驚くべきことに、2002年9月30日の内閣改造で小泉は、経済戦犯・竹中平蔵に大臣兼任の全権委譲を行なった。この人物、その場しのぎで言うことが変わる。世渡り上手なだけ。2002年10月にいわゆる「竹中プラン」を打ち出した。この人、木村剛のおかげで、銀行は貸倒引当金を積みなさいとか、繰延税金資金によるゴマカシは止めなさいとか、多少はマシなことをようやく言うようになった。しかし、公認会計士の自殺を契機にして、りそな銀行が自己資本比率を割ったことがわかると、2003年5月に、あわてて公的資金を投入した。しかも資金再査定をしない。ひょつとしたら債務超過かもしれず、また不正会計を犯しているかもしれないというのに、だ。2003年3月にできてから、わずか2ケ月しかたっていないんだぞ。ゴマカシがあるって考えるのが当然だろ。もし債務超過だったら、99年3月末の時と同じくらい公的資金をドブに捨てることになるだろう。このままゆけば、竹中不況は止まらない。
 そもそも「構造改革」派対「抵抗勢力」なんて結局は仲間うちの痴話喧嘩だろ。派閥争いに一所懸命で、庶民の苦しみは放ったらかし。道路公団民営化論議が典型的だ。本州四国連絡架橋もアクアラインも計画して決定したのは一体誰なんだ? とんでもないゴマカシの需要予測をした官僚たち、それをやらせた政治家たちだろう。でも結局、誰も何も責任を問われない。それどころか、この不良債権四公団を、みんな一緒にくつつけて、全部国民に負担させてしまおうって話を、メディアは「改革だ」って大騒ぎしている。そのうえで、税で賄うか高速道路料金で賄うか、なんてことを一所懸命「論争」してる。
 これって、経営者責任を棚上げにして不良債権査定をゴマカシたまま銀行同士を合併させるのと、一体どこが違うんだい?実際、経営者責任を問うことも厳格な債権査定を行なうこともなしに、10兆円近くの公的資金をずるずる入れたあげく、銀行はこの体たらくである。当たり前だ。どうしようもなくなった銀行を、悪い銀行にくつつけたって問題が解決するわけがない。どうせ駄目なら、みんなで沈もうということなのだろう。馬鹿げている。同じことを、ただ繰り返しているだけなのだ。
 この国の経済が限りなく駄目になっている根本的原因は、何よりも、この社会の無責任体質にある。責任をとる必要がないから、何度でも同じゴマカシがまかり通る。このままでは、日本丸は沈んでゆくしかないのだ。もうアカンのや。
 ところが、こんなチャッチイ茶番劇を演ずるインチキ評論家が「改革者」のような顔をしてメディアに堂々と登場する。そういえば、課長島耕作もついに取締役になった。権力と「闘う」ふりをしながら、その実、権力者に取り入ろうとする。この国の「全共闘世代」ほど信用ならない者たちはいない。こういう輩を退場させるのは、「食い逃げ世代」に成り下がろうとしている「団塊の世代」自身の責任だろ。ここでも無責任がまかり通っている。本当にアホらしくて見てられない。

政官業の偉いヤツらが「みんな腐っている」

 これではデフレ不況が止まるはずがない。「小泉退陣なくして景気回復なし」−−−小泉政権が続くかぎり、この国はドンドン沈んでゆくしかない。もっとも、野党が救いようのないくらいピンぼけで無能だから、人々はどこへも行き場がない。自民党と何も変わらないなら、自民党の方がずっとマシだ。いい加減にしてほしいぜ。少なくともぼくは、小泉政権と一緒になって溺れて死ぬのは御免こうむりたい。
 この国が沈んでゆく理由は、小学生でもわかるくらいはっきりしている。この国では偉いヤツらが「みんな腐ってる」ということだ。偉いヤツらは、偉そうにしているだけで、誰も何も責任をとらない。
 まずは政治家だ。この間、「官主導を改め政治家主導へ」というスローガンが掲げられて「政治改革」とやらが行なわれてきたが、主導するべき政治家は汚職・口利き・嘘答弁を生業にしている。鈴木宗男に始まり、加藤紘一元自民党幹事長・田中真紀子前外相・井上裕前参議院議長、そして社民党の辻元清美までが、つぎつぎと辞めていった。
 だが、ここでも「みそぎ」なんていう無責任論理がまかり通っている。一見していちばんエゲツナイ成り上がり者に見える鈴木宗男だけが血祭りに上げられたが、他は辞めればすべてチャラだ。たとえば加藤紘一が辞めたのは、第一秘書だった人物が「口利き」による利益誘導のために賂(まいない)を受け取り、それを自宅に流用した疑いだったはずだ。それが議員辞職をした途端、税の追徴で一件落着となった。単なる所得申告漏れに対する追徴課税で済むのなら、そもそも加藤紘一は議員辞職をする必要なんてなかったはずだ。よく考えると、話の辻棲が合わなくなっている。そして井上裕も、議員辞職して責任をすべて部下(秘書)に押しつけてジ・エンドだ。結局、政治家たちは喧嘩するふりをして仲間うちでなれ合い、最後の一線で互いをかばい合っているのだ。
 辻元清美に始まった秘書給与流用問題も同じだ。辻元もみっともなかったが、一応は過去の事柄について事実関係を認めて辞職した。しかし、田中真紀子は、ファミリー企業の越後交通と一体化した会計処理について指摘されたにもかかわらず「知らない」の一点ばりで押し通し、さっさと議員辞職して「みそぎ選挙」を待っている。それでも、つぎは当選確実だと言う。
 気づいてみれば、国会議員とりわけ与党議員の大半は、二世三世議員ばかりになってしまった。日本中、世襲議員ばかりになっている。この国は着実に封建的な「領主制」に逆戻りしつつあるのだ。こんな国が北朝鮮を笑えるだろうか。
 官僚たちの無責任は言うまでもない。公共事業や補助金をばらまき、政治家と結びついて返済不能なほどに財政赤字を累積させてきた。天下り先の特殊法人も同じだ。おまけに、薬害があろうが、不良債権査定のゴマカシがあろうが、機密費をばらまこうが、本当の責任者は追及されないし、改められることもない。
 じゃあ、民間企業のようにすればいいのか。「官に任せているから駄目で、民に任せればうまくゆく」なんて言って「改革者」づらしている輩もインチキだ。食品企業で衛生管理や製造日などのゴマカシが相次いでいる。記者たちに向かって「寝ていないんだ」と怒鳴った雪印乳業の元社長。結局、子会社の雪印食品は牛肉偽装にも手を染めて潰れた。だが、子会社の経営者は、消費者ではなく本社に迷戎心をかけたことを詫びるだけ。日本ハム子会社日本フードも同じだった。
 どいつもこいつも「私一人がやったことです」と言うだけ。日本ハムが発表した当初の処分案も、副社長や専務や営業部長らに責任を押しっけたもので、創業者一族にはえらく甘かった。「誰をかばっとんのヤ」ちゅうとこやろか。
 東京電力も、10年以上にわたって原子炉シュラウドのひび割れ故障を隠していた。GEの子会社の内部告発がなければ、きっとそのままだったのだろう。いずれも人間の生命よりも、会社内部の「秩序」が何より優先されるのだ。たしかに、東電の経営陣は即時に退陣を表明した。だが、他の電力会社はやっていないのか?やっぱり出てきただろ。
 もちろん、ワイロなんか当たり前だ。最近でも、ODA(政府開発援助)に絡んで三井物産や丸紅の贈収賄事件が発覚した。中でも、一番ひどく日本経済を泥沼に陥れているのは、銀行経営者と金融監督官庁がグルになった不良債権隠しだろう。この国では、不良債権に十分な引当を積まない商法違反がまかり通っている。それをレフェリーたるべき金融庁が追認する。結局、日本長期信用銀行や山一証券、つい最近は石川銀行がそうだったように、金融機関が潰れない限り、経営者は不正会計の罪を問われない。滅びる国、潰れる会社はみんなこんなもんなのだろう。

国民をなめとる茶番劇には「本音の怒り」をぶつけよう

 この国は、もはや「法の支配」でさえ成り立っていをいのだ。ゼネコン・不動産業・流通業などの大手企業には、債権放棄という名の「徳政令」が実施されるが、中小企業には容赦のない貸し渋り貸し剥がしが横行する。おまけに、引き当てがないまま不良債権が倒れてゆくために、自己資本が削られて貸し渋りや貸し剥がしが加速される。
 それだけではない。株安になると銀行経営が苦しくなるので、年金資金を使ってPKO(株価推持操作)が行なわれる。国民が怒らないのをいいことに、国民の財産をすって、バブルというギャンブルに失敗したアナを埋めているのだ。自民党政権が続くかぎり、もう年金はもらえないと諦めた方がいいだろう。
「民」も完全に腐っているのだ。くどいようだが、問題なのは、官にも民にも政にも貫いている無責任体質なのである。結局、みんな同じ穴のムジナなのだ。これでも、「みんながやっている」ことだからって、誰も本気で怒らない。それって「自分も腐ってる」ってことだろ。しつかり目を開いて、起きている現実を見ることだ。
 この国と、心中するつもりがなければ、偉いヤツらがマトモな格好をしなければならなくなるまで怒るしかない。国民をなめとる茶番劇に対してきちんと怒ることだ。自分たちがバカにされても怒ることを忘れたら、人間としての誇りを失うのと同じことなのだ。「みんなバカになってしもうたんや」ってとこか。
 どの国でも、本来なら若いモンが暴れて、こういう偉そうにしているオジイたちを追い落とすものだ。でも、この国では若いモンは怒ることを忘れてしまい、えらく元気がない。しかし、若いモンはかわいそうな面もある。自分たちの怒りを伝えるチャンネルを、いつの間にか偉そうにしているオヤジたちが塞いでしまったからだ。
 いまや若いモンは携帯電話がないと友達さえできない状況に置かれている。朝飯も食わずに、電車の中で「元気?」とか「どこにいる?」とか何本も携帯メールを打って学校や会社に行く。みんなから返事が来ると「友達」がいると安心し、昼は59円ハンバーガや280円牛井を餌として食らい、電話代を支払うために漫画もゲームもCDも買わずにフリーターとしてアルバイトに明け暮れ、夜になって家に帰ったら帰ったで、インターネットの2チャンネルに「おまえ死ね」といった普段は口にできないような書き込みをして、欝憤を晴らす。
 みんな、動物園の檻に閉じ込められた動物みたいになっている。あるいは養鶏場のニワトリかもしれない。それでも、せめて「いい餌を出せ」くらいは口に出して言ってもいいだろ?若いモンがこれじゃ、この国は確実に死ぬしかないだろう。
 こんな状況で、この国に誇りを持てる人間が一体どれだけいるのだろうか。オツムが弱い連中なら、日の丸掲げて君が代歌っていれば、それで済む。だが、こいつらも、腐ったヤツらの手先だ。戦争犯罪者たちの戦争責任を問えなかったことに、戦後日本社会における無責任体質の起源があるからだ。なのに、彼らの多くは、アメリカのブッシュと一緒になって、日本の軍備増強や憲法改正に夢中になっている。端的に言っておこう。ブッシュはバカだ。それも相当に重症だ。
 こんな調子ではっきり物を言うせいで、ぼくは「反政府分子」としていろいろなレッテルが張られている。中には、ぼくが「マルクス経済学者」だと言うものもある。しかしそれではマルクス経済学者に対してひどく失礼だろう。ぼくの体系はまだ未完成だ。
 きっと、レッテル張りに夢中になっている者たちは、ぼくの本なんか買わないし内容も読んでもいない。結局、こういう連中は、自分の考えが破産してしまったけれど、新しい考え方を受け容れられず、現実を説明できるほどのオツムも持っていないのだ。

火事場の経済学(青春出版社) プロローグより

 次へ  前へ

議論11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。