★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論11 > 359.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 昭和天皇は、顔は日本人であったが、精神的には西洋近代主義者だった?『神々の軍隊〜三島由紀夫と国際金融資本の闇』(三五館)より
http://www.asyura.com/0306/dispute11/msg/359.html
投稿者 リーマン 日時 2003 年 6 月 19 日 04:05:17:

(回答先: 昭和天皇は、顔は日本人であったが、精神的には西洋近代主義者だった?『神々の軍隊〜三島由紀夫と国際金融資本の闇』(三五館)より 投稿者 ジャック・どんどん 日時 2003 年 6 月 18 日 08:11:38)

ジャックどんどんさんはじめまして

今週ここに初めて書き込みをさせていただいたリーマンといいます。
アリについてのご説明興味深く拝見させていただきました。

ところで、天皇家の財産にも海外の金融機関が手を突っ込んでいたのか、という問題ですが、答えはイエスだと思いますよ。

明治維新後、これからどのような国づくりをしていったらよいのか、という問題に関して実は明治維新を実行した人々はほとんどその問に応える能力を持っておらず、具体的なプランを作ったのは実はイギリス人だったと思っています。そして明治維新から日露戦争までの間に日本人が歩んだ道は「日本人自らが選び取った道だ」と日本人自身に思わせておいて、実はイギリス人が書いたシナリオいわば「日本間接支配30年計画書」のようなものに沿ってレールを歩かされたものだったとも思っています。

一部の日本人の方には受け入れがたい事実かもしれませんが、少なくともイギリス人の一定以上の知識階級の人間で知日派の人々にとっては、いわば常識に属するものだと思います。
もちろん、イギリス人に何気なく上記の内容を「本当ですか?」と質問しても、なかなか答えてくれないでしょう。
彼らは、日本人は誇り高い(別の言い方をすれば面子にこだわる)人間だと知っていますので、あえてその面子に傷をつけて寝た子をおこすようなことはなかなかしゃべってはくれないと思います。

ここであえてイギリス人の正直な回答を嫌味に表現すれば、以下のような説明になろうかと思います。

「我々イギリス人は、極東の未開の種族である日本人に対し、極めて少ないコストをかけるだけで、我々にとって実に有益な人工国家を作り出すことに成功した、と評価できるであろう。
従来の支配者であった高級騎士階級を打倒すべく、地方の低級騎士階級のグループを我々のAgentとして育成し、既存支配体制を転覆させる革命に成功した。

その後、同国の民度に合わせる形で神格的な要素を強調した「天皇制」というものの導入を我々はAgentに提案し、この制度は以外なほどスムーズに定着した。

その後、時をおかず朝鮮と台湾を彼らに与え、来るべき対ロシア戦に備えさせた。
このような30年にわたる各種の準備を経て行われた日露戦争は、戦争期間中の我々の最大限の助力があったとはいえ、日本人が他のアジア人とはいくぶん異なった資質を持ち合わせていたこと等の事情もあり、我々の期待に良く応え、ロシアの極東での動きを首尾よく食い止めることに成功したのである。」
「但し、その後の日本は、我々大英帝国の極東における力が衰えたこともあって「上手にコントロールする」ことが出来なかった。
それは、有望な未開の土人を見出し、育てる事には成功したものの、思いもかけずに育ちすぎてしまった結果、我々の作った檻から出てしまったフランケンシュタインのようなものにしてしまった。

その後我々は、日本に対する支配権をアメリカに譲ることとなったが、現在までのところ、アメリカ人たちは、我々のアイデアであった「天皇制」をうまく引き継ぎ、良く飼いならし、突然檻から逃げようとするようなことも起こさせず、我々の日本人管理に関する過ちから多くのことを学び、総じて上手に管理できていると評価しても良いと思う。

イギリス人支配階級たちがLondonのMayfairあたりの閉鎖的なClubで上記のような会話を交わしていた(いる)であろうことは間違いのないところです。

ここでの問題は、上記内容が事実か、といった捉え方ではなく、イギリス人自身が極東史を理解する際は、上記のような枠組みで理解することが常識となっている、彼らの世界観からはそのように見えているということなのです。(そして世界の知識人たちの常識としても)


別に、上記のような考えを受け入れろ、といっているのではありません。しかし「支配者は被支配者が、真実を受けれようとしない態度を喜ぶ。」「真実は太陽のように被支配者の眼前にさんさんと輝いている。しかしさんさんと輝いていればこそ、人々はその真実から目をそらせようとするものだ。」といった類の言葉の意味・有効性をイギリス人は確認してきたのだと思います。


「インディージョーンズ魔宮の伝説」という映画がありましたが、イギリス人にとって日本の天皇制をあの映画にたとえると、臣民が恐れおののいてひれ伏している偶像(シバ神?)が天皇にあたり、そのシバ神と臣民の仲介としての神官役を担うのが、明治維新の元勲たち、ということになるのです。
では、イギリス人たちはどこにいるの?ということになりますが、彼らは、さらにその神官たちの後ろに隠れ、神官たちを操ることによって臣民達が掘り出した宝物の上前をはねる役割を担っている、ということになります。

無礼な!と思われるかもしれませんが、近代イギリス人から日本をみたらそう見えている、ということです。(何が正しいのか、という議論ではありません)


天皇家が具体的に海外金融家にお世話になっていたという証拠を見せてみろ、といわれると実は、何もないのですが、明治という国家の成り立ちから考えて「全くそのようなことはありえる。なかったとしたら不思議なくらいだ。」ということになります。

あえて挙げるとすれば、明治の大蔵省の基礎を作った松方正義とその後の松方家はこれらのことにかなり深く関わっていただろう、と想像するくらいです。
(松方の作った銀行は宮家ごひいきの銀行だから絶対つぶれないだろうと思っていたら、金融恐慌時に案外簡単につぶれてしまったという事実や、松方家の娘が、戦後日本の支配権がイギリスからアメリカに移ッたことを受けて、アメリカの日本支配の大ボスであったライシャワーに嫁いだということ等の背景を調べれば、何かわかるのではないかと思います。
蛇足ですが、戦後アメリカから返還された宮家等の皇室財産等を基礎に作られた銀行が長銀です。長銀は戦後のゴタゴタが一段落した昭和27年頃設立されました。)

その他これに類する関連事項でいえば、日銀の株主構成や東京証券取引所(どちらも渋沢栄一が関与)の会員権の成り立ちや構成を調べて見れば、何かわかるのではないか、と思います。

 次へ  前へ

議論11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。