★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論12 > 187.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
書記長さん、こんばんわ。
http://www.asyura.com/0306/dispute12/msg/187.html
投稿者 愚民党 日時 2003 年 7 月 22 日 00:40:59:

(回答先: 電子掲示板におけるアメリカニストと各種左翼のマナー 投稿者 書記長 日時 2003 年 7 月 21 日 21:53:15)

コメントありがとうございました。

「日本はここ阿修羅にかろうじて存在している」の説明ですが

自分は右翼・左翼といった「政治枠」に日本を感じません。
何故なら日本とは右翼・左翼の枠におさまらないエネルギー体であるからです。

「日本」という言語は7世紀、唐・新羅連合軍に敗退した後、
「倭」を「日本」とあらためたと、唐に報告した中国文献にはじめて登場いたします。
「敗北から再建する」これが世界に表明し発信した「日本」の根底としての言語意味です。

ゆえに「日本」とは敗北の過程から復活する情熱の在り方を指し示します。
その「日本」たるエネルギーを現出したのが戦国時代でした。

第2次世界大戦敗戦からの立ち直りは
まさにエネルギー体である「日本」を現出しました。

明治近代以降、自分が「日本」を発見するのは田中正造です。
らんるの旗といわれております。

右翼でも左翼でもありません。
誠実に生きようとする人間こそ「日本」なのです。

自分は昨年から阿修羅にアクセスさせていただきましたが
ここに「日本」はあると実感しました。

ここ議論版での天皇制をめぐる論議も「日本」を感じました。
ぶつかりあい、それが「日本」です。

重要なことは電子メディアへの監視と左翼による言論妨害ではなく
アングロ・サクソン地獄からのリアリズム解析(ジョン・ラスキンに代表される)能力に
接近する「日本」からの解析情熱ではないでしょうか・・・

ここ阿修羅はまさに日本であり
エネルギー体です。

世阿弥は70歳で時の政治権力によって佐渡へ流されました。
しかし世阿弥の遺志は今日まで生きております。これが日本です。
さらに出雲阿国の遺志も今日まで生きております。らんるの旗こそ日本です。

 次へ  前へ

議論12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。