★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 狂牛病・遺伝子組み換え7 > 107.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
HIVの起源は「サルを食べたチンパンジー」か(HOTWIRED)
http://www.asyura.com/0306/gm7/msg/107.html
投稿者 えーてる 日時 2003 年 6 月 19 日 17:58:14:xj8frcsFcAfdI

 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)がどのようにして自然界から出現し、人類史上でも最大級の破壊的な感染症を生み出したのかという謎を解明する、新しい手掛かりが突きとめられた。

 1999年に、HIVのヒトへの感染ルートが、アフリカ中西部のチンパンジーだったことを突き止めたのと同じ研究チームが今回、チンパンジーがそもそもどのようにHIVに感染したかの経緯を解明した。研究結果は『サイエンス』誌の6月13日号に掲載。

 研究によると、チンパンジーがHIVに感染したのは好物のエサ、すなわちサルを食べたためだという。HIVの原型、『サル免疫不全ウイルス』(SIV)は、 http://www.letus.org/bmatters/animals/mangabey.html シロエリマンガベイと、 http://cimnts.mnhn.fr/Evolution/UkGge.nsf/0/ba65fffe06894782802565be005cf7d8?OpenDocument オオハナジログエノンという2種のサルのウイルスが混ざり合ったものが、チンパンジーに感染したと思われる。

 「チンパンジーを殺してその http://www.cdc.gov/ncidod/EID/vol8no5/01-0522.htm 肉を食べるという、ヒトが最初に感染したと想定されるルートと似ている」と研究チームのメンバーで、イギリスの http://www.nottingham.ac.uk/genetics/indexflash.html ノッティンガム大学遺伝学研究所に所属するポール・M・シャープ教授は述べている。

 チンパンジーは遺伝子がヒトと98%同じだが、SIVに感染してもエイズは発病しない。研究チームによると、この事実は、HIVワクチンを開発するうえでとくに重要な手掛かりになるという。チンパンジーが発病しない理由を解明できれば、ヒトにも同じようにエイズを発病しない抵抗力を植え付けられるだろう。

 チンパンジーは、上記の2種のサルからウイルスに感染して、最終的に混種ウイルスが形成された可能性が高いと研究チームは述べている。おそらく数万年前の出来事だったため、チンパンジーは、エイズのような病気を発症させない抵抗力を発達させる機会があったと思われる。

 その後、この混種ウイルスがヒトに伝染し、『HIV-1』になった(研究者たちはこれまで、もう1つのヒト型HIVウイルス『HIV-2』が http://brainmuseum.org/Specimens/primates/sooteymangabey/ スーティーマンガベイから感染したことを突きとめている)。

  http://www.unaids.org/ 国連合同エイズ計画(UNAIDS)によると世界中で毎日、1万6000人がHIV(エイズウイルス)に感染しているという。世界中の成人のHIV感染者3860万人のうち約半分は女性で、320万人は15歳未満の子どもとなっている。

  http://www.niaid.nih.gov/ 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)によると、米国のHIV感染者は90万人で、毎年、4万人が新たに感染しているという。感染者の半分以上は有色人種で、新規感染者の半分は25歳未満となっている。

 シャープ教授によると今回の研究結果は、HIVの http://www.who.int/inf-pr-2000/en/state2000-04.htm 原因がポリオワクチンかもしれないという説の誤りを、さらに明確に示したという。『サイエンス』誌に発表される論文は、HIVが薬害ではなく、自然発生した可能性が大きいと論じている。

 ポリオワクチン説に関する質問に対して、シャープ教授は電子メールで次のように答えている。「もうその話はたくさんだ! 『ポリオワクチン説』はすでに、関連分野での経験が乏しい http://weber.ucsd.edu/~jmoore/publications/hivhooper.html 少数の人々をのぞいて事実上、みんなの頭から消え去っている」

 ポリオワクチン原因説は、HIVの原型ウイルスに感染したチンパンジーの細胞を使ってポリオワクチンが作られたのが原因だと示唆している。ポリオワクチンに使用されたのは、1950年代後半のアフリカ東部のチンパンジーだった。しかしシャープ教授の研究結果によると、HIV-1は1930年ごろにアフリカ中西部のチンパンジーの感染したSIVが起源だという。

 「だから、チンパンジーの生息地も、年代も違うことになる」とシャープ教授。

 シャープ教授によると、以前使用されていた経口ポリオワクチン(OPV)のサンプルを調べた研究チームもあるが、SIVは発見されなかったという。(チンパンジーではなく)アジア・北アフリカ産のサル、マカークのDNAが見つかったのは事実だが、ワクチン開発者がマカークの腎臓の細胞を使っていたのだから不思議はない。

 今回の新研究は、野生のチンパンジーに見られるSIVの自然感染について、さらに焦点を絞った研究がなされるべきだということを示唆するものとシャープ教授は考えている。

 「たとえば、チンパンジーが他の種のサルからSIVに感染しなかったかどうか、調べるのも興味深いだろう。チンパンジーとヒトはよく似ているため、チンパンジーにうまく適応して広まるウイルスは、将来、ヒトも感染するおそれがある。『HIV-3』になる可能性もあるわけだ」

 バーミングハムにあるアラバマ大学のベアトリス・ハーン薬学教授は、ヒトが謎のHIV-3に感染する可能性は現在のところ低いものの、研究者たちは警戒し、未然に防ぐ努力をすべきだと主張している。ハーン教授は、最新論文の共同執筆者でもある。

 「問題なのは、現在の社会行動のせいで、さまざまな感染症の異種間感染の機会を増やしているのではないかという疑問だ。今問題になっているSARS(重症急性呼吸器症候群)も然りだし、サル痘ウイルスも記憶に新しい」とハーン教授は語った。

[日本語版:矢倉美登里/湯田賢司]日本語版関連記事

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030617305.html セックス後の投薬でHIV感染はどこまで防げるか

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030305308.html 黒猫の秘密がエイズ治療の手掛かりに?

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030226306.html 人種によって効果に差がある? エイズ予防ワクチン

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20021128305.html 広がるHIV感染、男性に迫る女性感染者数

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20021015307.html エイズ長期未発症者の謎に、また新たな光

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20021002308.html HIV感染後の長期未発症者の謎、一部解明される

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20020821306.html 真のエイズ予防ワクチン、実現に一歩近づく

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20020514307.html エイズ予防策として期待されるジェル状殺菌剤


WIRED NEWSのメール購読申込みは http://www.hotwired.co.jp/reception/index.html こちらへ


(WIRED)
[6月19日17時0分更新]

http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030619302.html

 次へ  前へ

狂牛病・遺伝子組み換え7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。