★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用2 > 704.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
同感致します。
http://www.asyura.com/0306/idletalk2/msg/704.html
投稿者 黄色い人 日時 2003 年 8 月 05 日 09:12:02:ScE2ZluoEBt5g

(回答先: 黄色の人さんへ(いい題名浮かばない) 投稿者 minoriの秋 日時 2003 年 8 月 04 日 10:59:04)

minoriの秋さん、こんにちは。

>黄色の人さんに、普段自分が感じていることを、わかりやすく表わしていただいたように
>思い、嬉しくなり、レスをつけることにしました。

そのようにおっしゃって頂き恐縮致しますが、同時に大変嬉しいです。

>自分はいろいろな人や物に影響を受けて変わってきました。これからも変わって行く
>でしょう。ですが、どうも変わらない部分もあるようです。変わる部分は、ある意味
>変わらないものへと近付きながら変化しているように思います。(変わらないと感じて
>いる部分も、ミクロの世界で見たら、さらによりコアな部分に向かって変わっている
>のかもしれません。)

同感です。おっしゃる通りであると思います。私もそのように少しずつでも良い方向へと成長して行ければ、と思っております。

>とらわれの身となることを恐れています。いつも自分の腹に聞くようにしています。
>それでも混乱することは、ほっておいて自分が成長する(成長しているのか? 
>今一それも不安ですが。。)のを待ちます。急を要する場合は、自分より腹がすわって
>いると思われる人に意見を求めます。どうも、私の場合、「腹に聞く」というのが
>キーワードのようです。頭と心を統合して判断してくれるのが腹のように感じています。
>黄色の人さんの「真我」に通じているのかもしれませんね。


私も読んでいてminoriの秋さんの「腹」が私の言う「真我」であろうな、と思いました。自分の言葉が浮かばぬ為、便宜上「真我」という言葉を使っておりますが、本来の「真我」の意が自分の思うようなものであるのかどうかも定かではなく、私が安易に「真我」という語を使ってしまっている事で、誤解を招く様な事があれば申し訳ない事です。全て私の主観であり、先の稿で述べましたように、いろいろな事を考える上で今、自分が解釈している所の「真我」を据える事で、都合が良いだけの事です。そして、その「真我」なるものは、全ての人の中にあり、又その部分がいわゆる神(私の場合、つかみ所のない空気やエネルギ−のような雰囲気のもの、と漠然と想像しております。)というものと同じ質のものであり、その意味において私達は皆繋がっていると、我々は一つである、と。そういう考え方があるのなら、そのアイデアは一番、平和的であるなと感じる為、私にとっては今の所一番納得できるものです。その「真我」なるものをよし、では人間だけに限らずそれこそ本当の意味で、全てのものにもあるとしよう、と考えると、動植物や、岩や、水や、、、、そしてこの地球も、皆全てが繋がってしまい、そう考えると自然と大切にしよう、という思いが湧き、(失礼ながら)考えた事もなかった岩にまでも思いが行き、まあいずれにしても分離して考えるよりはずっと平和的であるなと思うので、そういう事にしておこう、と思っている次第です。
そして、その「真我」なるものと繋がることができれば(コンタクトできれば)疑問等が明確になり、迷いはなくなるらしいので、そうできるのなら越した事はないと思います。
その「真我」と繋がる手段の近道は、瞑想することらしいので、(それだけが唯一の方法ではないとは思うが)メディテ−ションなるものを、実践せねばならぬなあと思いつつ、始めるとすぐに眠りこけてしまう我に、情けなくなる日々です。

minoriの秋さん、今後とも宜しくお願い致します。

追伸、名前の間違い、笑わせて下さって、ありがとう。

 次へ  前へ

雑談専用2掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。