★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > IT1 > 912.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
SCOグループのサイトに再びDoS攻撃、犯人はリナックス支持者?
http://www.asyura.com/0306/it01/msg/912.html
投稿者 エンセン 日時 2003 年 9 月 07 日 05:30:10:ieVyGVASbNhvI


SCOグループのサイトに再びDoS攻撃、犯人はリナックス支持者?
2003年9月4日 3月に米IBM社を提訴して以来、オープンソース・コミュニティーの反感を買っている米SCOグループ社のサイトが、8月下旬に今年2度目の『サービス拒否』(DoS)攻撃を受け、数日間ダウンしていた。オープンソース・コミュニティーの重要人物によると、今回の攻撃はコミュニティーとつながりのある経験豊かな技術者によって組織化されたようだという。


SCOグループのサイトに再びDoS攻撃、犯人はリナックス支持者?
AP通信


2003年8月27日 9:56am PT  リナックス・オペレーティング・システム(OS)のユーザーから著作権使用料を徴収しようとしているソフトウェア開発企業、米SCOグループ社(旧カルデラ・インターナショナル社)のウェブサイトが一斉攻撃を受け、数日にわたってアクセスできない状態が続いている[日本語版掲載時点でサイトは復旧している]。

 SCOグループ社(ユタ州リンデン)のサイトは、多数のコンピューターから送信された大量のトラフィックによってダウンした。同社のサイトがこのような攻撃の標的になったのは今年に入って2度目だ。

 SCOグループ社は、今回の攻撃を捜査当局に報告したと述べている。この攻撃が原因で、同社の米国とイギリスのサイトは一時的にアクセス不能となっている。

 SCOグループ社の広報担当者は「われわれは今回の一件を非常に深刻に受け止めている」と述べたうえで、この攻撃が同社の業務遂行に支障をきたすことはないだろうと付け加えた。

 SCOグループ社は、5月にも同様の攻撃を受けており、攻撃はリナックスの支持者の仕業ではないかという見方を示している。

 リナックスの伝道師であり、企業にフリーソフトを広める団体『オープンソース・イニシアティブ』の会長も務めるエリック・S・レイモンド氏からの電子メールによると、今回の攻撃はオープンソース・ソフトウェアのコミュニティーとつながりのある「経験豊かなインターネット技術者」によって組織化されたようだという。

 レイモンド氏は攻撃した人物の身元はわからないとしながらも、同氏が8月23日(米国時間)に電子メールで攻撃をやめるよう求め、攻撃者は要請に応じたと述べた。

 レイモンド氏は報道関係者に宛てた電子メールの中で次のように述べている。「もちろん今回の攻撃を行なった人物に共感するところがないわけではない。しかしながら……相手がSCOグループ社であれ別の略奪者であれ、われわれはこのような過ちを二度と犯してはならない」

 SCOグループ社は3月、同社が開発したUNIXソフトウェアのコードの一部がリナックス製品に組み込まれたとして、米IBM社を相手どって訴訟を起こした(日本語版記事)。以来、SCOグループ社はリナックス・コミュニティーの怒りを招いている。同社はまた、リナックスユーザーから著作権使用料を徴収しようとしている(日本語版記事)。


[日本語版:米井香織/高森郁哉]

http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20030904207.html

 次へ  前へ

IT1掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。