★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件5 > 539.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
担当弁護士は「推定無罪」の観点から取り組む義務がある
http://www.asyura.com/0306/nihon5/msg/539.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 7 月 11 日 19:20:17:

(回答先: 「自分が分からなかった」面会の弁護士に補導の少年(日経新聞) 投稿者 えーてる 日時 2003 年 7 月 11 日 16:43:02)


弁護士の言動をそのまま受け止めると、少年の犯行を前提に人権保護を重視するように思われる。

少年は既に日常とは違った世界(意識状況)に入っているはずだから、少年の言葉を安易に公表すると、警察発表の事実性を補強してしまう可能性もある。
(警察官に示された犯行のシナリオを反復的に注入されることで、観念と現実の境界が曖昧になり、自分がシナリオを実際に演じたかのように錯誤することもある)

担当弁護士が注力しなければならないのは、少年が事件とは無関係かもしれないという「推定無罪」の立場から警察が少年を犯人と特定した経緯を調査することである。

少年の言葉ではなく物証や目撃証言の妥当性を丹念に考察することを怠れば、刑事免責された“変態殺人者”の人権擁護活動に堕してしまう。

どんなに人権擁護活動をしようとも、少年の全生涯にわたって、罰を免れた「変態殺人犯」という烙印が残るということを肝に銘じなければならない。

担当弁護士として、少年以外に犯行者は考えられないと結論できるまで徹底的に調査して欲しい。

 次へ  前へ

日本の事件5掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。