★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 中央線2 > 149.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
インベーダーの考察
http://www.asyura.com/0306/tyu2/msg/149.html
投稿者 狂的電磁波 日時 2003 年 6 月 08 日 16:34:10:

 最近の一連の英米による世界へのテロ攻撃に関しては、思想的には「WASP至上主義
」とか、CIAや米陸軍などに存在すると噂されるナチス・ドイツ起源の「バイキング・
ナチズム」の匂いを感じるときが多々ある。それも、アメリカでは盛んなサタニズムとか
科学技術・理性崇拝と結びついているナチズムという感じがするのである。

『テロリストたちの思想的背景についての考察』
http://www.asyura.com/0304/idletalk1/msg/517.html

 理性崇拝やら科学至上主義がサタニズムと親和性を持っていることは、「創世記」で「
知恵の木の実」をアダムとイブに食べるように計ったのは蛇(サタンと同一視される)で
あるとされていることからも想像できる。要するにその話は、人間に神的性質である「理
性」を与えることにより、人間を反自然的存在にして楽園から追放されるようにして、神
からも離反させるというのがサタンの計略であったという思想だろう。
 キリスト教的な伝統では、キリストを信じることによって(またはキリストの血を飲み
肉を食べることにより)永遠の命を手に入れるというテーマがある。それは要するに禁じ
られた「命の木の実」も食べることにより、理性だけでなく永遠の命も手に入れて神化を
完成させるという思想だろう。
 だから反対に考えれば、サタニズムでは理性を崇拝し人間の神化を否定するという事に
なる。ルシファーの支配する死すべき人間の世界こそが理想的な世界であるということに
なり、神の世界への直接的介入は反人間的・反ルシファー的なことだということになるの
ではなかろうか。
 もし、彼らの思想が「平和的なエイリアン殺し」を通じての「超人(神)への進化」と
「自分たちが支配する新しい世界の建設」なのだとしたらそれはとても恐ろしいことであ
る。エイリアンと生物学的・歴史的に無関係ではない日本人は奴隷化や大虐殺の対象とな
るはずだからだ。そして、バイキングWASPたちの近未来における収奪目標(宝や略奪
物、奴隷がたくさん手に入るところ)は「日本」であることはよく言われることである。
 我々は選挙に当選した直後のブッシュ陣営が何を真珠湾で引き起こしたか、あの「20
01年宇宙の旅」の隠れテーマは何だったのかよく考えてみるべきである。武器を持たな
い猿人を撲殺することによって始まる人間への進化という構図の意味は何だろうか。

 『ニーチェは暴力の禁忌をユダヤ=キリスト教的神の押し付けたものとみなし、そうし
た道徳を超越した超人には暴力の行使も可能だと論じている。キューブリックは動物から
人間、そしてもしかしたら超人へと達するかも知れない人類の進化/進歩の契機にその暴
力があったことを示し、なおかつそれを否定的なものとして捉えようとはしない。だから
『2001年宇宙の旅』には「ツァラトストラ」の夜明けのテーマが必要だったのではないだ
ろうか?
・・・・・ 
 ニーチェの超人思想は、第二次大戦後の世界では一種のタブーであり続けている。なに
しろヒトラーのナチズムの理論がこれを取り入れたものだったのだから、これが危険な思
想でもあることは確かだ。超人であればいわゆる普通の人間的な道徳・倫理を無視してい
いということは、超人にとっては殺人も許されるということにもつながるし、現にヒトラ
ーは優秀なる純血アーリア民族であるドイツ人は劣等民族であるユダヤ人を抹殺していい
し、抹殺すべきであると主張した****。』
映画と超人
〜超越的映画としての『2001年宇宙の旅』 text by 水原文人

『「えひめ丸事件」と変態心理』 
http://www.asyura.com/0304/idletalk1/msg/569.html

 次へ  前へ

中央線2掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。