★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争35 > 121.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 日本でも超有名人がやってますね
http://www.asyura.com/0306/war35/msg/121.html
投稿者 竹中半兵衛 日時 2003 年 5 月 30 日 14:02:15:0iYhrg5rK5QpI

(回答先: NYタイムズ紙、記事の不備で別の記者も辞職 asahi.com 投稿者 木村愛二 日時 2003 年 5 月 30 日 10:57:36)

保守的は言われるアメリカのマスコミで、虚偽の報道は防止しようという善良な意識はあるようだ。嘘はいずればれるのだから。

しかしこういう初歩的な原則さえ無視してろくに裏も取らずにゴミ記事をあふれさせているのが日本のマスコミであろう。こと謀略のにおいのする事件は警察の垂れ流し情報オンリー。

私が高校生のころ毎日愛読した朝日新聞本多勝一のベトナムリポート(正式の記事名は忘れた)覚えている。

ベトナム戦争に激しい怒りを覚えたが主にそのころ東京近辺に居たのでFENのニュースで日本の新聞に出ないニュースを聞いていたこと、新聞では朝日しか読まなかったころです。

アメリカ兵がベトコンの死体から耳をナイフで削ぎ取って「戦利品」にしようとしているところを目撃している記事があったことを記憶していますが、これが実は捏造だったなど、今になって知りましたが、本多氏のジャーナリストとしての生命は本来絶たれているでしょうに。
彼はジャーナリストではなくフィクション作家の末尾にあるのかも。

そういえば学歴まで捏造していますね。千葉大農学部卒が京大中退か卒に。

詳しくは木村愛二氏のファイル「憎まれ愚痴」のどこかにあったのですが、わかり次第再度レスします。下記のどこかにあったやに記憶します。なんせ氏のサイトは複雑膨大化していますので。

「憎まれ愚痴」:http://www.jca.apc.org/~altmedka/uwa-series.html


本多を非難し論争を挑むものには、いかにも左翼の重鎮であるかのようなポーズで罵倒を浴びせ論争を拒否する手法は滑稽ですらある。相手を左翼を攻撃する何者かであるかのように描いてから巧妙に「こんなやつは相手にしない」というやりかたですが、この手の子供だましが通じると思っているのだろう。

日本では善良な左翼知識人を装っていればジャーナリストの偽造記事など罪を問われない。

驚いたことに本多氏の同志といわれる井川和一久氏などは翻訳すら意図的に改ざんしている(贋作論争:木村氏サイトに収録)。

朝日新聞はこのよな連中の巣だった(または「な」)のだろう。木村氏の提言をよく受け止めよ。

---------

以下、木村愛二氏のサイトファイルより
http://www.jca.apc.org/~altmedka/uwa-14.html

『朝日』の体質にこそメスを入れよ

 本多は常にセンセーショナルな問題に飛びつき、常に最初から「正義」の御旗を手に、いや独古し、告発対象を探していくというスタンスを取り、それに『大朝日』という金看板に頼る「見てきた」「行ってきた」というルポルタージユを接ぎ木し、ジヤーナリスト英雄史観に基づき、他者に耳を貸さず、ポレミークを装って一方的に「本多フアン」に御高説を流すのである。これは、(反体制)気取りのアナクロニズムの事大主義である。問題はルポの方法なのだ。

 本多さん、私は井川一久が『虐殺と報道』で攻撃した柴由哲也の『日本型メデイアシステムの崩壊』の書評を『図書新聞』(昨年、1997年12月20号)に書きましたが、貴方たちはなぜ柴山のように、新聞社の体質、『朝日』の体質には公然とメスを入れるこができないのですか?

 それこそ、あなたの得意とするルポルタ−ジュの本領の発揮所ではありませんか。

 次へ  前へ

戦争35掲示板へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=
 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。