★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争38 > 227.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
カラシニコフ銃の歴史 [PRAVDA]
http://www.asyura.com/0306/war38/msg/227.html
投稿者 ファントムランチ 日時 2003 年 8 月 08 日 22:22:31:oswAM6lqBSCW6

PRAVDA.Ru
http://english.pravda.ru/
http://english.pravda.ru/main/18/90/363/10644_kalashnikov.html

08/02/2003 18:21

■The History of Kalashnikov Gun
 カラシニコフ銃の歴史

Pyotr Kondratenko

Kalashnikov is a trademark, people say
カラシニコフは商標である、と人々は言う

The AK brand of arms is still the best in the world. A lot of people associate them with Kalashnikov. However, the true story of the machine gun and Mikhail Kalashnikov's role in it is not described anywhere, a lot of experts say. The creation of the machine gun was linked with a lot of talented Soviet fire arms designers, with military engineer Vasily Lyuty, first and foremost.
AKブランドの武器は未だ世界最高【ベストセラー】である。それについて多くの人々はカラシニコフを思い浮かべるだろう。しかしながら、この自動小銃(突撃銃)にミハイル・カラシニコフが果たした役割の真実についての記述は一般にほとんど見られない、と多くの専門家は言う。この自動小銃の開発は、まず何といっても軍事技術者ヴァシリー・リューティと多数の才能ある旧ソビエトの銃火器設計者たちに遡る。

Vasily Lyuty was born in 1918 in the settlement of Ust-Labinsk of the Kuban region. In 1941, after he graduated from the Red Army Artillery Academy, he was sent for further studies to the Moscow region, together with other excelling graduates. Vasily became the testing engineer of the fire arms test ground. During the war, he was in charge of fire arms tests.
ヴァシリー・リューティは1918年、クバン地方【黒海の西岸部、コサックの郷土】のウスト・ラビンスクで開拓民の子として生まれた。1941年に赤軍砲術学校を卒業した後、さらなる研究のため彼は他の優秀な卒業生とともにモスクワに派遣された。ヴァシリーは銃火器実験場の実験技術者になった。戦時中も彼は銃火器実験を担当していた。

The history of the world-known gun started on July 15th, 1943, when a captured complex - an MP-43 gun and a cartridge - were demonstrated at a meeting of the arms committee. Chief designer Nikolay Elizarov and chief engineer Pavel Ryazanov created the Soviet "interim cartridge " within a very short period of time. The technological support was provided by Boris Syomin. After that, scientists started working on a new fire arms system for that cartridge.
世界に名高いこの銃の歴史は、入手した複合体 ― MP-43銃とそのカートリッジ【ナチスドイツ製】 ― が武器委員会の会合で披露された、1943年7月15日にから始まった。主任設計士ニコライ・エリザロフと技師長パヴェル・リヤザノフは、ごく短期間内にソビエト独自の「試作カートリッジ」を開発した。技術的な支援はボリス・シオミンによって提供された。その後、科学者はそのカートリッジ用の新しい銃火器システムをつくる作業に取り掛かった。

About 15 designers took part in the competition to create the Soviet gun. Kalashnikov's name was not mentioned among them during the first two years. All tests were performed at the Schurovsky test ground on the outskirts of the town of Kolomna. Major Vasily Lyuty was the chief of the test department.
15人あまりの設計者がソビエトの銃を新たに創作するために競争に参加した。カラシニコフの名前は最初の2年間はその中に登場しない。テストはすべてコロムナの町郊外のシュロフスキー実験場で行われた。主要メンバーであるヴァシリー・リューティはテスト部門の主任だった。

Mikhail Kalashnikov presented his first machine gun in the middle of 1946. According to the final testing conclusion, the gun was considered imperfect and was not supposed to be developed further. Vasily Lyuty said, Kalashnikov asked him for help in order to revise the official conclusion. Lyuty wrote: "I decided that the whole system should be redesigned. I changed the testing conclusion and recommended the machine gun to be developed. An old friend of mine, engineer Vladimir Deikin, took part in the works on the gun later. We were working until 1947, when we finally produced the testing gun. I personally tested the new weapon."
ミハイル・カラシニコフは1946年の中頃、彼の最初の自動小銃を提出した。最終テストの結論によれば、その銃は不完全であると考えられ、その線での開発を続けようとは思われなかった。ヴァシリー・リューティは、カラシニコフがその公式結論を覆すために彼に援助を求めたと語っている。
そしてリューティは書いている:「私はシステム設計を完全にやり直すべきだという決定を下していました。しかし私はテストの結論を覆し、そのまま開発されるようにその自動小銃を推奨しました。私の旧友で技術者のヴラジミール・デイキンが、続いてこの銃の開発に同調しました。私たちはテストした銃を最終的に完成させた1947年まで働きました。私が直接この新しい武器をテストしました。」

Vasily Lyuty changed the official conclusion and projected 18 fundamental changes. Yet, everyone was hoping for the gun developed by 36-year-old major Aleksey Sudayev. Scientists were testing the third model of the gun, when Sudayev suddenly died. It was Mikhail Kalashnikov, who took his place.
ヴァシリー・リューティは公式結論を見直し、18の基礎的な変更を策定した。しかし誰もが36歳の主流派アレクセイ・スダエフによって開発されていた銃の採用を望んでいた。そのスダエフが急死した時、技術者たちは第3モデルの銃をテストしていた。これによってミハイル・カラシニコフが浮上することになったのである。

He went to work on the gun to the town of Kovrov. "Vasily Lyuty, who took Kalashnikov under his wing, did not mention either positions or ranks of the people, who took part in the competition," scientist Dmitry Shirayev said. - "However, about 15 machine guns of other designers were tested on the same ground too. Testing conclusions on each of them, including the Kalashnikov gun, depended on Vasily Lyuty, the chief of the testing department. Chiefs are supposed to be on a neutral side according to their status, but they interfered in the matter."
彼は銃の仕事のためにコフロフの町へ出向いた。「カラシニコフを擁護するヴァシリー・リューティは、比較競争に参加した者たちの地位や階級について、いずれも言及しませんでした」と技術者ドミトリー・シラエフ言った。 ― 「いっぽう他の設計者による約15の自動小銃が、同じ場所でテストされました。カラシニコフ銃を含むそれぞれに関する実験結論は、テスト部門の主任であるヴァシリー・リューティの意向に左右されます。主任ならばその立場は中立であるべきだと思われます。しかし彼らはこの問題に影響力を及ぼしました。」

The stages of the competition were closed. Shpagin and Degtyarov were the first to give up, and only three guns achieved the final stage of the competition in January of 1947: рйB- 415 designed by Bulkin, KBP-520 designed by Dementyev and KBP-580 designed by Kalashnikov.
そして比較競争の過程は終了した。シュパーギンとデグチャロフが最初に脱落した。結果的に3つの銃だけが、1947年の1月に比較競争の最終段階に勝ち残った:ブルキンによって設計されたрйB―415、デメンチェフよって設計されたKBP―520、そしてカラシニコフによって設計されたKBP―580である。

Bulkin was the leader with his gun according to test results. However, the designer had a very malicious temper, he could not come to consent with military men. As a result, the talented designer was dismissed from the competition. Sergeant Kalashnikov was a lot more agreeable v he was always listening to his instructors - the people of higher rank. Kalashnikov took account of all recommendations during the last stage of the tests and won the competition. A special committee concluded on January 10th 1948 - preference was given to Mikhail Kalashnikov's gun, the future AK-47 gun. However, the gun should have been called not AK but LDK - Lyuty-Deikin-Kalashnikov (Deikin was another chief of the testing department).
テスト結果によるとブルキンは彼の銃のリーダーだったが、彼は非常に敵対的な気性を持っており、軍人たちと同意することができなかった。その結果この才能ある設計者は競争から除外されることになった。軍曹カラシニコフはずっと同意的で、彼は常に(より高い階級の人々などの)教授者の言葉に耳を傾けた。カラシニコフはテストの最終段階までにすべての忠告を考慮し、競争に勝利したのである。特別委員会は1948年1月10日に終了した。優先権は、ミハイル・カラシニコフの銃、将来のAK−47銃に与えられた。しかしながら、銃はAK【Avtomat Kalashinikov】※1)ではなくLDKと呼ばれるべきだったと言える。 ― Lyuty-Deikin-Kalashnikov(デイキンはテスト部門のもう一人の主任)

In his notes Mikhail Kalashnikov wrote: "Vasily Lyuty was a rather talkative man, he liked making jokes, but there was a serious and professional side in all of his jokes."
ミハイル・カラシニコフは彼の手記に記している:「ヴァシリー・リューティはどちらかというと話し好きな人でした。彼は冗談を言うことが好きでした。しかし彼の冗談にはすべて真面目で専門的な側面がありました。」

Vasily Lyuty fell a victim of repression in 1951. He was rehabilitated only after Stalin's death in 1954. At academician Blagonravov's request, Vasily Lyuty returned to the army and to the research institute. In 1965-1957, Lyuty's new works became the base to create an AKM. Later he took part in the development of Strela-1 and Strela-2 complexes.
ヴァシリー・リューティは1951年に弾圧の犠牲となった。1954年、スターリンの死後にようやく社会復帰した。学会会員のブラゴンラウォフの要請によって、ヴァシリー・リューティは軍の研究所に復職した。1965―1957年の間、リューティの新しい仕事はAKMを開発するための基礎となった。その後、彼はStrela―1及びStrela―2の複合体の開発に参加した。

"Kalashnikov hardly ever mentioned any of his instructors in his interviews and in his book. Only he knows the reason why," Vasily Lyuty said. The scientist died in 1990 after several operations.
「カラシニコフは彼のインタビューや著書の中で、すべての教授者について頑なに触れようとしませんでした。それが何故なのか彼だけが知っています。」とヴァシリー・リューティは語っている。この技術者はさらに幾つもの仕事に携わったのち、1990年に死去した。

People say that Kalashnikov is a trademark nowadays. This is apparently true. This trademark conceals the work and the mind of a lot of talented Soviet inventors.
今ではカラシニコフは商標であると人々は言う。それは見たところ本当のことである。ただしこの商標には旧ソビエトの多くの才能ある開発者の働きと精神が秘められている。

※1)AK【Avtomat Kalashinikov】
Avtomatはオートマチックという同意

 
★以下は昨年12月17日付けの「カラシニコフ銃50周年」についての記事です。

Rosbalt
http://www.rosbaltnews.com/2002/12/17/60756.html
PRAVDA.Ru
http://english.pravda.ru/culture/2002/12/17/40922.html

18:06 2002-12-17

■Kalashnikov Rifle Celebrates Its 50th Anniversary Today
 カラシニコフ・ライフル銃は今日、その50周年記念を祝う

Today marks fifty years since the creation of the Kalashnikov rifle. Presidential Plenipotentiary in the Privolzhsk Federal District Sergei Kirienko congratulated Mikhail Kalashnikov on behalf of the president on the fiftieth anniversary of his famous rifle. Mr Kalashnikov was twice named Hero of the Soviet Union. As a Rosbalt correspondent reports, the meeting between Mr Kirienko and Mr Kalashnikov took place in Izhevsk on Monday, December 16, during Mr Kirienko's official visit to the district.
カラシニコフ・ライフル銃の創製以来、今日でちょうど50年を迎えた。プリコフスキー連邦管区の大統領全権特使セルゲイ・キリエンコは、この有名なライフル銃の50周年記念に、大統領の代理としてミハイル・カラシニコフに祝辞を述べた。カラシニコフ氏は2度、ソビエト連邦の英雄と呼び称えられた。ロスバルトの通信員が伝えたところによると、キリエンコ氏とカラシニコフ氏の間の会合は12月16日月曜日に、イジェフスクで行なわれた。

"It is difficult to overestimate your contribution to national security and defense capabilities. The Kalashnikov rifle is one of the highest technical achievements of our country and the whole country is proud of this," said Mr Kirienko. In reply Mr Kalashnikov thanked the Russian president for "valuing his modest work" and said that "he did not create the rifle to further international conflicts but merely for the defense of his homeland."
「国家の安全保障と防衛力へのあなたの貢献は、どんなに評価しても過大ということはありません。カラシニコフ・ライフル銃は我が国における最高級の技術的業績に数えられます。そして国全体がこれを誇りにしています」とキリエンコ氏は述べた。
これに答えて、カラシニコフ氏は「彼の地味な仕事を評価してくれたと」をロシアの大統領に感謝し、「より多くの国際紛争のためではなく、ひとえに祖国防衛のためにこのライフル銃を創作した」のだと言った。

The Kalashnikov rifle was invented in 1942. A sample of the weapon was produced in the workshops of the Ordzhonikidze Aviation Institute which at that time had been evacuated to Alma-Ata. In June 1942 the sample was given a favourable report by the Dzerzhinsky Ordnance Academy. However the rifle was only used by the Soviet army in 1949 after several improvements and readjustments. Senior Sergeant Kalashnikov was awarded the Stalin award first class.
カラシニコフ・ライフル銃は1942年に考案された。この武器の試作品は、当時アルマ・アタへ疎開を余儀なくされていたオルジョニキーゼ航空研究所の工場で製作された。1942年6月に、試作品はジェルジンスキー砲術学校によって好意的な報告を与えられた。しかしこのライフル銃はその後いくつもの改良と再調整を経て、1949年になってソビエト軍のために実用化された。上級軍曹カラシニコフはスターリン賞第一席を与えられた。

 
関連

U.S.S.R. AK47
http://www.special-warfare.net/data_base/204_military_rifles/assault_ak47_01.html

Ak47 As No.1...?
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Domino/8307/land/ak47.html

「カラシニコフ」ブランドのスポーツ用品
http://slashdot.jp/articles/03/02/20/1539246.shtml?topic=42

絶え間ない葬送の列 パレスチナ難民キャンプ・ルポ
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200203/13/20020313k0000e030013000c.html

兄弟側はカラシニコフ銃しか持っていなかった…
http://www.asyura.com/0306/war37/msg/462.html
投稿者 古いライター 日時 2003 年 7 月 24 日 23:43:20:

米英軍、イラクで武器回収 重火器の提出義務化
http://www.asyura.com/0306/war35/msg/234.html
投稿者 クエスチョン 日時 2003 年 6 月 02 日 22:04:00:WmYnAkBebEg4M

イラク「刀狩り」難航 摘発強化で値崩れ、入手容易に [朝日新聞]
http://www.asyura.com/0306/war35/msg/592.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 6 月 11 日 17:12:34:

 次へ  前へ

戦争38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。