★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争38 > 349.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ウダイとクサイの亡霊 [Independent/ZNET by R.Fisk]
http://www.asyura.com/0306/war38/msg/349.html
投稿者 ファントムランチ 日時 2003 年 8 月 11 日 22:40:43:oswAM6lqBSCW6

ZNET
http://www.zmag.org/weluser.htm
http://www.zmag.org/content/showarticle.cfm?SectionID=15&ItemID=4005

Even in death, Uday and Qusay keep the Americans on their guard [Independent]
死んでいるにも拘らず、ウダイとクサイはアメリカ人に監視を継続させる
(タイトルは違うが内容は同一であろう有料記事)
http://news.independent.co.uk/world/fisk/story.jsp?story=430719

August 06, 2003

■The Ghosts of Uday and Qusay
 ウダイとクサイの亡霊

by Robert Fisk,UK Independent

The Americans have stripped the Iraqi flags from the graves of Uday and Qusay Hussein. The red, white and black banners were laid on the mounds of clay above their bodies at their funeral on Saturday, alongside the grave of Mustafa Hussein, Qusay's 14-year-old son, who also died when 200 American troops attacked the Mosul villa in which they were hiding two weeks ago. But the Americans have allowed only the child's remains to be honoured with his country's flag. Uday and Qusay have no memorial save for the footprints of US Army boots.
アメリカ人らは、ウダイ及びクサイ・フセインの墓からイラク国旗を剥ぎ取った。土曜日【8月2日】の葬儀では、赤・白・黒からなるイラク国旗が、遺体を埋葬して盛りあがった粘土の塚の上に覆い被されていた。
2週間前、隠れていたモスルの邸宅を200名ものアメリカ軍部隊が攻撃した時に同じく死亡した、クサイの14歳の息子ムスタファ・フセインの墓がその隣りにあった。アメリカ人らは、少年だけには彼の祖国の旗が与えられるという名誉の余地を認めた。ウダイとクサイには、米国の軍靴の踏み跡を除いて何の手向けも無い。

Even 34-year-old Felah Shemari who dug the graves was shocked, and he has no reason to love the brothers; he spent 10 years in prison on the orders of Saddam's half-brother for a murder he says he did not commit.
墓穴を掘った34歳のフェラー・シェマリさえ衝撃を受けていた。彼にはその兄弟を敬愛する理由は特に無い;彼は、彼が関与していないと主張する殺人の罪で、サダムの異父弟の注文により、その10年間を刑務所で過ごした。

"When we dug the graves, we were told they were just for the brothers," he says. "But when the two ambulances arrived escorted by American Humvees, they took young Mustafa's body out of the second ambulance and we had to dig another grave in a hurry. Of course, we put our Iraqi flags over all three. This is a sign that they were martyred." But the Americans thought differently.
「私たちは墓穴を掘っていたとき、それらが彼ら兄弟のためのものだと伝えられました。」と彼は言う、「しかしアメリカの装甲車に護衛されて、2台の救急車が到着したとき、彼らは第2の救急車から若いムスタファの遺体を取り出しました。私たちは急いで別の穴を掘らなければなりませんでした。もちろん私たちは3つ穴のすべてにイラク国旗を被せました。これは彼らが殉教して死んだというしるしです。」 ―― しかし、アメリカ人は違う考えだった。

"At sunset, when all the people had gone, the soldiers came back and took the two flags off the graves of Saddam's sons. Then they stayed on to watch anyone who came here afterwards. They only allowed 20 cars at a time, and only if they were members of the family. No one else. Now they watch this place all the time. They think Saddam will come here to see his sons and they can capture him, but Saddam is more clever than this."
「日没の頃、人々がみな立ち去った後に、兵士たちは戻って来てサダムの息子たちの墓から2枚の国旗を剥ぎ取りました。それから彼らはあとから来るすべての者たちを見張るためにここに留まりました。彼らは一度に20台までしか車輌を通しません。また親族以外は誰の進入も認めません。今も彼らは終始この場所を監視しています。彼らはサダムが息子たちに会うためにここに現れれば、彼を捕らえることができると考えているのでしょう。しかしサダムはもっと利口です。」

The last resting place of Saddam's notorious sons is a glade of burnt grass, rustling bushes and silver birch trees, an ironically tranquil passage into the afterlife for two young men who caused so much pain and anguish and grief.
サダムの悪名高い息子たちの最期の休息所は、さらさらと音を立てる低木とシラカバの木々に囲まれた、焼けた草の茂る狭い土地である。非常に多くの悲嘆と苦痛を引き起こした2人の若者の終着地としては、皮肉なほどのどかな因果だといえる。

"They are the sons of the president, and this is his land and so we are sad for them," Mr Shemari says. "They died fighting so they were martyrs. Qusay was not so bad, I think, people respected him. Uday, maybe not. After 40 days, it is the tradition to cover the grave with stones and put the gravestone in place, but we do not know what the family will do."
「彼らは大統領の息子です、そしてここは彼の祖国です。ですから私たちは彼らのために悲しむのです。」とシェマリ氏は言った。「彼らは殉教者だったように戦って死にました。クサイはそれほど悪くなかったと私は思います。人々は彼を尊敬していました。ウダイはそうでなかったも知れません。伝統に従えば、40日後に墓を石で覆い、適正な位置に墓碑を立てます。しかし親族たちがどうするかは分かりませんが。」

Mr Shemari's explanation for the vicious state run by Saddam's family was grotesquely mundane. "When I was in prison, I met diplomats, educated people, academics, even the Minister of Agriculture. If Saddam had known all this, he would never have allowed it." So Uday and Qusay and their father get a clean bill of health.
シェマリ氏が語る、サダムの親族によって運営されていた悪質国家に対する説明は、異様なほど平凡だった。「刑務所にいたとき、私は外交官や教養のある人々、さらに学者や農業大臣にさえ会いました。もしサダムがすべてを知っていたならば、こんなことを許可しなかったでしょう。」 ―― だとすると、ウダイとクサイ及び彼らの父親は、健康証明書を得る【意外と健全だった】かも知れない。

Even without the graves of Uday and Qusay, the family cemetery provides a bleak enough footnote to the violent history of modern Iraq. A few metres to the west is the tomb of Saddam's mother, Subha al-Tulfah, who lived for years with a second husband - Saddam's stepfather - who treated the family with great cruelty.
ウダイとクサイの墓以外にも、この家族墓地は現代イラクの苛酷な歴史に充分、気が滅入るような脚注を提供する。西への数メートル行ったところにあるのはサダムの母スブハ・アル・トゥルファの墓である。彼女は、かつて冷酷に親族を扱った第二の夫 ― サダムの継父 ― と何年も共に暮らした。

And then, a little further away, lies the evidence of another slaughter of the innocents during the Anglo-American invasion; two local families, most of them children, 21 in all, blasted to pieces in the village of Awja when the Americans bombed their homes on 2 April in the hope of killing Saddam. They were supposedly distant cousins of the dictator.
そして少し離れた一帯には、英米人が侵略の最中に行なった、別の罪無き人々に対する大量殺戮の証拠(証人)が埋葬されている;それは4月2日にアメリカ人がサダムを殺すことを目的として、アワジャ村の彼らの家々を爆撃したときに、バラバラに爆殺された2組の家族合計21人であり、そのほとんどがまだ子供だった。彼らはおそらく独裁者の遠戚にあたる。

We never heard of this bloodbath during the war, of course. Nor was it reported afterwards. But here are the victims. The child martyr Reem Mohamed Abdullah, aged five; Lawza, her two-month-old sister; their mother, Fatma; her brother, Faez; their father, Mohamed, and Jassim Mohamed Turki and his family, two of them babies.
もちろん我々は戦争の間にこの虐殺について聞かされなかった。またその後も報告されたことは無いだろう。しかし、ここには犠牲者が居る。幼い殉教者リーム・アブドラ・モハメド5歳;彼女の妹ラウザ2か月;母親ファトマ;その兄弟ファエズ;彼らの父親モハメド、そしてジャシム・モハメド・トゥルキと2人の赤ん坊を含む彼の家族たち。

Mr Shemari says: "All their graves are covered with the Iraqi flag because they too were martyrs. I think each martyr will go to paradise. For what did this child do to suffer a fate like this?"
シェマリ氏は言う:「彼らもまた殉教者だったので、その墓すべてがイラク国旗で覆われています。私はそれぞれの犠牲者がみな楽園へ行くだろうと思います。この子供がこのような報いを受けるような何をしたというのでしょう?」

And what of Uday, I asked? Will he go to heaven or hell? "Yes, Uday will also go to paradise," Mr Shemari replies. "For Muslims in general, each hero who confronts the occupation forces, he will be given respect and will be a hero for a long time. I am a schoolmaster and I tell my children that this is like the war between the early Muslims and those who worshipped idols.
ではウダイはどうですか?と私は尋ねた。彼は天国へ行くでしょうか、それとも地獄でしょうか?「はい、ウダイも同じように楽園へ行くでしょう。」とシェマリ氏は答えた、「一般にイスラム教徒にとって、占領軍に立ち向かった者は広く尊敬を集め、永きにわたって英雄となるのです。私は教師なので、これは初期のイスラム教徒と偶像崇拝者たちとの戦争と同様だと子供たちに伝えます。

"Now the future of Iraq is in the hands of foreigners. They promised us freedom. Where is that freedom? They said they would liberate us. Where is that liberation?"
「今、イラクの将来は外国人らの手中にあります。彼らは私たちに自由を約束しました。その自由はどこにあるのですか?彼らは、私たちを解放するだろうと言いました。その解放とはどこですか?」

And where, I asked him, were the Americans? "They will find you," he replied. And they did. Four hundred metres from the graves, a squad of US soldiers holding automatic weapons and bent double came running from ambush positions behind bushes and trees.
ところでアメリカ人たちは何処にいるのですか?と私は彼に尋ねた。「彼らはあなたを見つけるでしょう。」と彼は答えた。そしてその通りになった。墓から400メートルほど離れた低木や木々の後ろの待ち伏せ位置から、米軍兵士の一団が自動武器を構えて前屈みの姿勢になり、こちらに向かって走って来た。

My floppy hat and English accent - cheerily calling out "Good morning, gentlemen" is always an enjoyable experience though they had The Independent's driver standing by his car with his hands on his head - had the soldiers slowing to a walk before they even had a chance to see if I was Saddam.
私のフロッピー・ハット【布帽子】と英語のアクセント ― 上機嫌に「こんにちは、皆さん」と呼びかけることは、常に愉快な体験です。たとえ彼らがインディペンデント誌の専属ドライバーに、両手を頭へ置かせて車の横に直立させていたとしたも ― は彼らに、私がサダムかどうか判断する機会を与え、それまでは兵士たちの歩みを遅くさせた。

But for the soldiers of the 22/4th Infantry Division, it was a serious matter. What was the purpose of my visit? What was my identification? Hidden behind the trees was a Bradley Fighting Vehicle and another unit of troops. "Did you know we were here?" a sergeant asked.
第4歩兵師団の兵士たちにとっては真剣な問題だった。私の訪問の目的は何だったのか?私の身分証明は? 木々の後ろには、ブラッドレイ戦車やその他の種類の戦闘ユニットが隠れている。
「我々がここにいることを知っていたのですか?」と軍曹は尋ねた。

I kind of guessed, I replied. Because the bodies of Uday and Qusay never seem to lose their fascination for the Americans.
私はちょっと忖度し、そして肯いた。ウダイとクサイの亡骸がアメリカ人にとって、その魅力を失うようには見えなかったので。

 
関連

サダムは殺されるべきか、捕らえられるべきか? [TIME]
http://www.asyura.com/0306/war37/msg/1066.html
投稿者 ファントムランチ 日時 2003 年 8 月 03 日 23:02:30:oswAM6lqBSCW6

 次へ  前へ

戦争38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。