★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争38 > 359.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
朝日エセ紳士【ケリー博士の友人らが証言 英独立調査委公聴会開始】自殺断定の呆れた間抜け報道なり。
http://www.asyura.com/0306/war38/msg/359.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 8 月 12 日 19:21:22:CjMHiEP28ibKM

朝日エセ紳士【ケリー博士の友人らが証言 英独立調査委公聴会開始】

自殺断定の呆れた間抜け報道なり。

続報のガーデイアン記事紹介で、少し詳しく述べる。

http://www.asahi.com/international/update/0811/015.html
ケリー博士の友人らが証言 英独立調査委公聴会開始

 イラクの大量破壊兵器のもたらす脅威を英政府が誇張した、とするBBCの報道をめぐり、情報源と名指しされた国防省顧問ケリー博士が自殺した経緯を調べる独立司法調査委員会の公聴会が11日、ロンドンの王立裁判所で始まった。

 証人として呼ばれた国防省のハットフィールド人事局長は、政府がケリー博士の名前を報道機関に漏らした疑惑について、「職員の名前を進んで明かしたりしない」と発言した。しかし「公になってしまえば、議会で証言してもらうことになる、と考えていた」とも語った。

 また、委員会側の尋問に対し「イラクの大量破壊兵器に関し、博士は英国を代表する専門家だった。情報機関に助言する立場にもあり、必要なら機密にふれることもできた」と述べた。BBCの取材源として博士が浮上した直後の7月上旬、政府高官は「イラク軍が45分以内に大量破壊兵器を実戦で使える、といった最高機密を入手できるほど高官ではない」などと語り、報道の信用性に疑問を呈していた。

 博士の友人で、イラク兵器査察の経験を共有する英国際戦略問題研究所(IISS)のテレンス・テーラー副所長も、滞在先のオーストラリアからテレビ電話を通して証言した。「死去する4日前に電話で話した際、兵器捜索のため、イラクへ戻る考えを話していた。その数週間前に会った時には、娘の結婚式を心待ちにしていた。変わった様子はなかった」と語った。

 12日には、博士を主な情報源に、「政府が十分な裏付けもなく、イラク軍が45分以内に生物・化学兵器を配備できると主張した」とラジオで報じたBBCのギリガン記者が招致される。BBCからはこのほか、博士を取材した記者2人、サンブルック報道局長も証言台に立つ。 (08/11 23:03)

 次へ  前へ

戦争38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。