★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争38 > 382.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
朝日【ケリー博士は「脅威は大きくない」と語った 記者が証言】本文「自殺した経緯」など諸問題あり
http://www.asyura.com/0306/war38/msg/382.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 8 月 13 日 12:18:59:CjMHiEP28ibKM

朝日【ケリー博士は「脅威は大きくない」と語った 記者が証言】

本文の中に「自殺した経緯」表現など諸問題あり。

朝日広報に一応の意見せり。


http://www.asahi.com/international/update/0813/004.html
ケリー博士は「脅威は大きくない」と語った 記者が証言

 英国防省顧問のケリー博士が自殺した経緯を究明する独立司法調査委員会は12日、公聴会を開き、博士を情報源にして「政府がイラクの大量破壊兵器が与える脅威を誇張した」と報じたBBCのギリガン記者を証人として呼んだ。同記者は5月に取材した際、博士が「イラクは兵器開発を計画しているものの、欧米に与える脅威は政府が喧伝(けんでん)したほど大きくない」と語ったと述べた。

 ギリガン記者は博士が話した内容について、取材メモを見ながら話した。イラクの兵器の脅威を訴えるため、政府が昨年9月末に公表した文書をめぐり、博士は「公表の1週間前に、イラク軍が45分以内に生物・化学兵器を使用できる、とする情報が盛り込まれた」と主張。同記者が「セクシー(魅力的)にするためか」と尋ねると、「よりセクシーにだ」と答え、その背景にいた人物は「キャンベル(ブレア首相側近の報道・戦略局長)」と指摘したと明らかにした。

 記者が「(45分の脅威は)キャンベル氏の捏造(ねつぞう)か」と尋ねたのに対し博士は「情報は実在する」と否定。しかし、「政府文書に含まれた大半のデータが複数の情報源から得られたのに対し、単一の情報源からもたらされ、不確実だった」と語ったという。

 一方、11日に証言した国防省のハワード軍事情報部次長は「『45分の脅威』では単一の情報源に頼ったが、非常に確度の高い情報だった」と発言。戦争開始前、イラク軍内部から得た情報だったことを示唆した。 (08/13 09:34)

 次へ  前へ

戦争38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。