★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争38 > 526.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 第3の原爆。投下目標は、東京・皇居。投下予定日は、昭和20年8月17日。
http://www.asyura.com/0306/war38/msg/526.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2003 年 8 月 17 日 23:29:38:KqrEdYmDwf7cM

(回答先: 第3の原爆。投下目標は、東京・皇居。投下予定日は、昭和20年8月17日。 投稿者 エリヤ 日時 2003 年 8 月 17 日 15:45:27)

イラク戦争の原点は58年前の日本にあった
〜20世紀最大のタブーを暴く〜

http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/toppage/030723.html

今から58年前の8月17日(放送当日)−
広島、長崎に続く第3の原爆が東京に落とされる可能性があった。
今、初めて明かされる幻の東京原爆投下計画の全貌とは・・・

終戦前後の日本で行われたこと。 
東京をバクダッドに置き換えてみると、58年の時空を超えて、米軍のやり方や戦争の本質が全く変わっていないことにあ然とさせられる。

例えば、なぜ敗色濃厚だった日本に原爆が落とされたのか?
それは、ウラニウムの広島型とプラトニウムの長崎型、2つの原爆の殺傷能力の人体実験であったといわれる。
そして、イラク攻撃もまた、湾岸戦争時の劣化ウラン弾に象徴されるように超ハイテク兵器の実験場として大きな軍事的意義を持っていた。

さらに、こうした新兵器の危険性は、イラク戦後統治のモデルとも言われるマッカーサー占領軍によって隠蔽された。
「広島、長崎で原爆放射能に苦しんでいる者は皆無だ!」
58年前の日本で被爆者報道が徹底的に規制されたように、今、イラクで異常発生している白血病や奇形などの放射能障害と劣化ウラン弾の因果関係が隠蔽されようとしている。

現代の戦争は情報戦争でもある。
引き倒されるフセイン像と米軍を歓迎するイラク市民。
58年前、被爆者に何度も演技を要求する占領軍の撮影クルー。
「はい、そのチョコレート返して。そしてもう一度!」
カットの間に挟まれたカチンコが、情報操作とプロパガンダ戦略の萌芽を物語る。
  
幻の東京原爆祈念日に放送されるスクープスペシャルは、58年前の日本で行われたことを手掛かりとして、イラク戦争に新しい光を当てる。

■日米史最大のタブーを暴く
 
1945年の終戦直前、グアムからワシントン陸軍省に1通の極秘電報が送られた。
「次の原爆投下目標として東京を強く進言する!」 
8月15日、もしもあの日、日本が降伏していなかったら・・・広島・長崎に続く第3の原爆が東京都心に落とされていた可能性が極めて高い。原爆投下作戦に参加した5名のパイロットの世界初証言やマックスウェル空軍基地などに保存されていた出撃命令・電文などを元に、日米史最大のタブー「東京原爆投下作戦」の全貌を暴く。

■2種類の原爆実験の果てに

当時の原爆目標選定委員の証言によれば、投下目標の条件は(1)無傷の都市(2)平地であること−の2つであったという。なぜ無傷の都市なのか?それは原爆の破壊力・殺傷能力を正しく測定する「実験」の要素が強かったからだ。こうして選ばれた広島でウラニウム型の原爆実験を終え、その予想を遙かに上回る破壊力が確認されると、急遽、東京原爆投下作戦が立案される。投下翌日、グアムの総司令部から送られた極秘電報― 「恐怖を与える半径は16キロ。我々はその効果を無駄にしたくない。投下目標に東京を含めるべきだ」
さらに長崎でプルトニウム型の原爆実験を終えた翌日の極秘電報― 「東京を爆撃する心理的効果は破壊より遙かに重要である」 ・・・つまり、焼け野原だった東京への投下では破壊力のデータは得られないが、降伏への早道と考えられたのである。爆撃計画書によれば、3発目の原爆は、長崎と同じプラトニウム型で、名称も長崎のF31に続くF32と決まっていた。

■投下目標は皇居!?

私たちは長崎原爆に関して、ある衝撃的な映像を発見した。その巨大なボディに描かれた「A second kiss for Hirohito」というサイン・・・そして、「Third kiss」は皇居そのものであったかもしれない可能性がある。
実は、東京投下作戦が立案された根拠のひとつに、皇居を狙って行われた投下実験のデータの存在がある。7月20日、原爆投下特別チームに所属するB29が、原爆投下シミュレーションのために巨大な爆弾を皇居めがけて投下していたのだ。それは、長崎原爆とそっくりに作られた訓練用爆弾であったが、同時に高性能爆薬5トンが入った当時、世界最大の爆弾でもあった。戦後半世紀を経て、ついに原爆投下チームの乗務員の口から語られた超大型爆弾による天皇暗殺未遂という新事実。この衝撃的事件によって、東京への原爆投下コースや手順のデータは既に入手済みだったのだ!

■犠牲者は100万人!?

1945年8月。東京へ落とす第3の原爆、F32は既にテニアン島へ届いており、残すはプルトニウムの芯だけだった。今回取材したパイロットの証言によれば、既にアメリカ本土の秘密基地ではプラトニウム搬送準備を終えており、8月17日にも東京に原爆を落とせる手はずが整っていたという。8月15日の無条件降伏は、その作戦決行のギリギリのタイミングだったのだ。テニアンでの原爆投下特別チームの投下訓練がキャンセルされたのは、まさに終戦当日であった。
もしプルトニウム型が東京に投下されていたら・・・ 平野のためその威力を遮るものはなく、山手線内側は完全壊滅、犠牲者は100万人を超えていたかもしれない。
 

--------------------------------------------------------------------------------

以来58年、第3の原爆が実戦に使われることはなかった。
今のところは・・・
一瞬にして数十万人の命を奪った原爆の記憶は人々の脳裏に深く刻まれたはずだが、
イラク戦争でのブッシュ発言、北朝鮮の核開発疑惑など、今年に入って再び核兵器使用の恐怖が現実味を帯びている。
さらに5月22日、米議会は「大量破壊兵器の地下施設攻撃に必要」として小型核兵器の研究を解禁した。現時点では「研究するだけ」(ラムズフェルト国防長官)としているが、「悪の枢軸国」相手に実験が行われない保証はない。
58年前、2種類の原爆の威力を試したいという誘惑に勝てなかったトルーマン大統領のように・・・

終戦直後の1945年9月、日本に進駐してきた米陸軍報道班は、当時は貴重品だったカラーフィルムを惜しげもなく使って被爆地の様子を記録した。目的の1つは、原爆という軍事的実験の成果を収集しデータとして残すため。そして、2つ目は・・・

■被爆地取材ツアー
 
米国メリーランド州にある国立公文書館。私たちの取材で発見された被爆直後の長崎の爆心地を撮影した最古のフィルムには、銃ではなく、ノートにペンを持った不思議な外国人の一団が映っていた。昔も今も、各国メディアの報道合戦はすさまじく、彼らこそ占領軍が特別に編成した代表取材団であった。米軍はB17爆撃機を特別機に仕立てて被爆地取材ツアーを組むことによって、メディアを監視下において厳しい報道管制を敷き、同時に、一部マスコミをプロパガンダに協力するVIPとしてもてなしたのだ。

■発覚した「米軍演出映像」
 
この時、代表取材団のガイドを務めた陸軍報道班のカメラマンは、今もカリフォルニア州に健在である。彼は、メディアに何を見せようとし、何を隠そうとしたのか?
このカメラマン自らも、16ミリフィルムで終戦直後の長崎を撮影しているが、国立公文書館に残されたオリジナルフィルムをつぶさに検証すると、驚くべき事実が発覚した。全てが破壊されつくした荒野をさまよう被爆者の男性。しかし、彼は同じアクションを3回繰り返し、撮りなおしのたびに初めての演技であるかのように苦しげに杖を突いて歩く。さらに、チョコレートをもらい、監督の演技指導のもと何度も赤ちゃんを背負って歩かされる少女の姿も。カットとカットの間に挟まれたカチンコが、時空を超えて、湾岸戦争時のクエート少女の証言や油まみれの水鳥映像にオーバーラップしていく・・

■記事差し止めと真相隠し

一方、こうした取材ツアーが組まれるようになった背景には、あるスクープ報道があった。特ダネを狙って単身、広島に入ったオーストラリア人記者が、放射能障害により次々と死んでいく被爆者の惨状を世界に打電したのである。米軍は「広島・長崎で死ぬべき者は全て死んでいる。原爆放射能のため苦しんでいる者は皆無である」と声明を出し、記事を書いた記者を「日本のプロパガンダの協力者に成り下がった」と非難した。
それ以降、外国メディアは横浜郊外に隔離されて被爆地の単独取材は禁止、抜け駆け取材の原稿は差し止められた。アメリカは、あくまで「原爆投下によって日本を終戦に導き多くの日本人の命を救った」のであって、原爆の後遺症による死の連鎖はあってはならないことだったのだ。

■恐るべき検閲社会  

さらに9月19日、原爆の真相を隠蔽しようとする米軍は、とんでもない命令を出す。「PRESS CODE(日本新聞紙法)」・・・何と、出版や報道に当たっては占領軍の事前検閲を受けなければならないというのだ。検閲はメディアのみならず、一般の手紙・電話・紙芝居にまでひろがり、1946年夏には、9000人近い検閲官が日本にいたという。
日本で自由に被爆体験を語れるようになるは、敗戦から実に7年後、サンフランシスコ講和条約が締結され日本の占領状態が終わるまで待たなければならなかった。


--------------------------------------------------------------------------------

湾岸戦争時、米軍は「もうひとつの核兵器」と言われる劣化ウラン弾約95万発を使用、イラク全土で約320トンの放射線物質がばらまかれたと言われる。95年頃から、バスラ市内の病院は原因不明の白血病・奇形・癌患者で埋め尽くされるようになっていった。一方、米軍43万人も被爆したといわれ、少なくとも9600人が死亡、終戦後に生まれた子供に先天障害が続出しているという。しかし、湾岸戦争から12年経った今でも、米政府は劣化ウラン弾との因果関係を一貫して否定。今回のイラク戦争でも劣化ウラン弾の使用に踏み切った。
昨年12月、ヒロシマの被爆者らがバスラを訪問・・・58年の時を超えて、米軍が隠蔽しようとしたものの正体が交差する。

一方、イラク戦争でも、世界各国のメディアが米軍の庇護の下、従軍取材に参加。
米国内では、爆撃を受けたイラク市民の惨状はほとんど報道されることなく、連日、戦勝報道に沸き立った。イラク戦争後、英国の商業テレビ監督機関はFOXニュースチャンネルに米政府寄りの偏向報道があったとして調査を開始した。  


「いや、全く後悔していないよ。夜眠れなくなったことも一度もない。
あの時、私は人類にとって最善のことをしたんだ。無用な殺戮を終わらせたのさ。」
1945年8月6日午前8時15分15秒、人類史上初めての原爆を広島に投下したB29、エノラ・ゲイ号の機長はそう断言した。歯切れのいい口調で、その瞬間をまるで昨日の事のように語るポール・ティベッツ大佐。58年前のあの日、原爆投下部隊の指揮官自ら操縦桿を握り、恐るべき大量破壊兵器の使用に踏み切った理由とは何だったのか。

「原爆の狙いは天皇ヒロヒトに衝撃を与えることだった。彼は降伏を決断できる唯一の人間だったから、攻撃を控えて生かしておいたんだ。」


「天皇に原爆ショックを与え、和平に介入させる必要があった。つまり、原爆投下の目的は戦争を早期終結させ、無駄な犠牲者を出さないことだった。」
チベッツの下で原爆投下のナビゲーターを務めたバンカークは、原爆がアメリカを勝利に導いたという考え方を否定する。なぜなら、日本は原爆を落とされるずっと前から敗北していたというのである。しかし、軍部は敗戦や無条件降伏を認めようとせず「1億総特攻」という玉砕作戦さえ議論されていた。

バンカークによれば、もし通常兵器で太平洋戦争を続けていたら日本はなかなか降伏せず、11月には本土上陸作戦が決行されて、日米双方にとんでもない数の犠牲者が出ていたというのである。


(1) (2)>>

「より重要な理由はお金です。原爆開発計画には多額のお金が使われたので、成果を見せないと税金泥棒と非難され、開発予算も削られてしまいます。」

核問題を研究しているマキジャニ博士によれば、<戦争の早期終結>は大義名分であり、もっと重要な隠された目的があったという。
さらに、原爆という当時の最新兵器の破壊力や殺傷能力の実験という要素もあった。

◆マキジャニ博士に質問する長野キャスター
「軍産複合体にとって、実験の成果が新兵器のセールスにつながっていきますからね。新車の販売と同じです。」
投下目標選定委員会の一員だったノーマン・ラムジー博士によれば、新兵器の実験とい
う見地から、東京はすぐに投下リストからはずされたという。

「東京大空襲などにより、東京の建物はすでに激しい破壊を受けており、原爆の破壊力を正確に測定できなかったからです。」

国立公文書館に保存された「TOP SECRET」と書かれた当時の極秘文書も、原爆実験説を示唆している。

「原爆投下の条件は、損壊しやすい家屋等が密集する場所。」 
(6月6日付会議メモ)
「(原爆投下候補となった)京都・広島・小倉・新潟を爆撃してはならない」
(6月30日付参謀本部命令書)

◆国立公文書館にて取材中の長野キャスター

いわば、人体実験場の保存である。これらの機密資料を見ると、最終的に候補からはずされる京都が実験場としてはベストであったことが判る。文化遺産があるため破壊を免れ、さらに街が碁盤の目状で破壊規模が計測しやすかったからである。

<<(1) (2) (3)>>

当時、開発が進んでいた原爆は「ウラニウム型」の通称リトルボーイと「プルトニウム型」のファットマンの2種類で、各々の威力を測る必要があった。結局、エノラ・ゲイ号がリトルボーイを広島に、ボックス・カー号がファットマンを長崎に落とすことにある。

◆長崎に原爆を投下したB29、ボックス・カー号(デイトン空軍基地)


◆プルトニウム型原爆「ファットマン」の模型


「私たちは20億ドル以上の費用を使って、史上最大の科学的ギャンブルを行い、勝利を収めたのだ。」

トルーマン大統領は実験は成功だったと自画自賛したが、現場指揮官だったティベッツの見解は異なる。

「広島原爆はパーフェクトだった。
長崎原爆はもっと破壊力があったのに、山にパワーが遮られてしまった。」

長崎に落とされたプルトニウム型原爆はウラニウム型の2倍のパワーがあったが、目標地点を山側に大きくはずしてしまい、死傷者は広島の約半分の7万人。破壊力実験としては大失敗であったというのだ。

「放射能病の患者や、潰れた人体、白骨など原爆の医学的な映像を試写しました。すると、機密扱いになってしまったのです。原爆の恐怖を見せたくなかったのです。」
原爆という実験が行われた後、その成果を収集しデータとして残すため、陸軍記録班が被爆地に入った。当時、核を独占していたアメリカは、すさまじい破壊力そのものは全世界にアピールしたかったが、その残酷性は隠しておきたかった。原爆の記録フィルムをペンタゴンに持ち帰ったマクガバンはこう語る。

一方、マクガバンが撮影した被爆地の子供達は、なぜか皆ニコニコと笑っていた。オリジナルフィルムを見ると、お菓子をもらって何テイクも撮り直しをしている。


「カメラは破壊された風景を伝えるだけで、放射能に苦しむ人間を決して見ようとしなかった。だからこそ、アメリカ人は良心の呵責を感じずにいられたのです。」
日本の戦後史を研究しているダワー教授は、マクガバンが撮影した被爆地の映像を見てこう語った。アメリカの情報操作によって原爆の悲惨さが覆い隠されたことが核兵器への無知・無関心となり、戦後の核軍拡につながっていったというのだ。

「こんなひどい情報操作は終戦直後の日本だけではありません。
21世紀の今も存在しているのです。」

それはイラク戦争中、被災したイラク市民の苦しみは徹底的に無視して、自国にとって有利な戦況報道に終始したアメリカのメディアを指した言葉であった。

「今、アメリカは、我々が日本に落とした原爆よりはるかに強力な核兵器を持っています。我々が日本に落とした原爆は、まるで花火みたいなものです。」

副操縦士として長崎原爆に参加したフレッド・オリビは、戦後58年の無秩序な核軍拡をこう嘆く。オリビによれば、2つの原爆を落としても降伏しない日本に対し、アメリカは第三の原爆を用意していたという。

「3つ目の原爆のターゲットは東京で、パイロットはティベッツ大佐の予定でした。」

しかし、その原爆を搭載したB29がカリフォルニアの海岸線に達した時、日本が降伏したためロスアラモス空軍基地に引き返したのだという。
その後58年間、第三の原爆が使われることはなかった。今のところは・・・

「2度と原爆なんて落としてはいけない。できることなら平和を望みたいが、それはありそうでない。いつの時代も何か問題があるものなんだ。」

<<(2) (3) (4)>>

今年の春、アメリカは「ならず者国家の地下核施設攻撃に必要」だとして、<使える核兵器>と言われる小型核兵器の研究を解禁した。ラムズフェルト国防長官は「研究するだけ」としているが、広島と長崎での原爆投下には新兵器の実験というもうひとつの目的があった。そして、58年前、2種類の原爆の効果を試したいという誘惑に勝てなかったトルーマン大統領のように、実戦テストが行われない保証はない・・・
2003年8月、広島と長崎では平和への願いを込めて、今年も原爆祈念式典が行われた。

◆長崎市の浦上天主堂、被爆した聖像群にたたずむ鳥越キャスター


◆広島市の原爆ドームをバックに鳥越・長野両キャスター

<<(3) (4)


 次へ  前へ

戦争38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。