★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争38 > 562.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
朝日【英首相側近の電子メール公表 ケリー博士の自殺調査委】本文は「死の真相を究明」で「可」だが
http://www.asyura.com/0306/war38/msg/562.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 8 月 19 日 12:17:38:CjMHiEP28ibKM

朝日【英首相側近の電子メール公表 ケリー博士の自殺調査委】

本文の冒頭では「英科学者ケリー博士の死の真相を究明する独立司法調査委員会」となっているので、一応、これだけなら進級可能の「可」だが、小学生でもやらない見出しの付け方のま違いと叱責せり。


http://www.asahi.com/international/update/0818/017.html
英首相側近の電子メール公表 ケリー博士の自殺調査委

 英科学者ケリー博士の死の真相を究明する独立司法調査委員会は18日、イラクの大量破壊兵器の脅威に疑問を差し挟むブレア首相側近のeメールを公表した。委員会はメールだけでなく、政府の内部文書も次々に公表し、政権の舞台裏が浮き彫りになりつつある。

 この日公表されたのは、パウエル首席補佐官が昨年9月17日、情報機関を束ねる統合情報委員会のスカーレット委員長にあてたメール。文中でイラクの大量破壊兵器に関する英政府の報告書について「サダム(フセイン大統領=当時)には手段はあるが、西側はもちろん、近隣を攻撃する意図があることを示すものでもない」と言明。「報告書公表にあたっては、サダムが差し迫った脅威である証拠があると主張するものではないことを、明確にする必要があるだろう」と続けている。メールは、キャンベル報道・戦略局長とマニング外交政策顧問にも送られた。

 イラクの大量破壊兵器をめぐる政府の報告書は昨年9月10日か11日に最初の文案が作成され、同月19日には改訂案が作られた。メールはこの間に送られている。改訂案は、いったんイラクの脅威を、やや弱める表現に変わった。だが24日に公表された報告書では、脅威を強調する表現に変更され、イラクは「深刻かつ現在の脅威」とされた。

 この経緯は「発表直前に、政府が報告書をセクシー(魅力的)にするよう求めた」とのBBCの疑惑報道を支える傍証になる。最終段階の変更について、重要な鍵を握るキャンベル局長の証言に注目が集まっている。

 18日の調査委員会は、トム・ケリー首相報道官がパウエル補佐官あてに発信した今年7月上旬のeメールをもとに審議。ケリー報道官が「今やBBCとのチキンゲームになった」と、大量破壊兵器の疑惑をめぐって、どちらが先に引き下がるかを試すゲームにたとえていたことを明らかにした。ケリー報道官は、「ネジを締め上げるのを見ればBBCも下りるかもしれない」と書き、ケリー博士の氏名リークの背後に、政府とBBCの深刻な対決があったことをうかがわせた。

 キャンベル局長やケリー報道官らは、ブレア首相が任命した官邸の側近。ブレア政権2期目はとりわけ、側近が世論形成や政策決定に力をふるい、与党や閣僚内からも批判の声が出ていた。今回の調査が政権の核心に迫るにつれ、これまで表面に出なかった舞台裏のやりとりが生々しくあぶり出されそうだ。

(08/19 10:24)


 次へ  前へ

戦争38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。