★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産29 > 259.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イワシ高騰、タイ超える 1匹500円に専門店悲鳴(共同通信) − イワシの塩焼きが食いたい。 
http://www.asyura.com/0310/hasan29/msg/259.html
投稿者 シジミ 日時 2003 年 10 月 01 日 17:45:34:1VmSkkGasXps6

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031001-00000021-kyodo-soci

大衆魚のマイワシに異変が起きている。不漁が続いて1匹500円近くまで跳ね上がり、高級魚のタイを超えることも。「猫またぎ」と呼ばれ、肥料や養殖魚の餌にされたのは遠い昔だ。イワシ料理店は「採算が取れない」と頭を抱えている。
 東京都中央区の築地市場。体長22センチ以上の大型のマイワシは、1キロ(7、8匹)3000円台で売られることもしばしば。かつてマイワシをエサにしていた養殖ハマチやブリをしのぎ、養殖のタイより高い。同市場の卸売業者、第一水産は「消費者のイメージは安値の時代のまま。この価格では売りにくい」と話す。
 戦前の豊漁期、マイワシは「ほしか」「しめかす」として肥料にされ、田畑にまかれた。年間漁獲量が300万トンを超えた1980年代は浜値で1キロ20円に暴落。養殖魚の飼料に回された。
 しかし、90年代以降激減し、今年も8月末までの国内主要漁港の水揚げは約2万6000トン。水産庁漁場資源課は「水温変化などが原因とされるがはっきりしない。たとえ環境が好転しても親魚がいないので、急に戻ることはない」と分析する。(共同通信)
[10月1日8時40分更新]

★シジミ:第二次大戦前、ニシンも毎年大豊漁の時期が続いた。ニシンの大群が訪れることを群来と呼び、海の色がオスの精液で乳白色に濁るほどだったという。この時期はニシンも田畑の肥料にされたということである。
そのニシンが昭和28年の大漁を最後にやって来なくなった。イワシもニシンと同様の道をたどりつつあるのだろうか。

 次へ  前へ

国家破産29掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。