★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件8 > 356.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
苫小牧・出光製油所また火災 ナフサタンク炎上 地震で上ぶたが沈む(北海道新聞)
http://www.asyura.com/0310/nihon8/msg/356.html
投稿者 シジミ 日時 2003 年 9 月 29 日 03:30:14:1VmSkkGasXps6

(回答先: 北海道・苫小牧の出光製油所でまたタンク火災(読売新聞) − 地震の2日後、何故? 投稿者 シジミ 日時 2003 年 9 月 28 日 12:07:31)

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?j=0030
【苫小牧】28日午前10時45分ごろ、苫小牧市真砂町25ノ1、出光興産北海道製油所(石田和文所長、3百人)のナフサの貯蔵タンク(容量3万2779キロリットル)から出火、同タンクが炎上した。苫小牧市消防本部が札幌市消防局などの応援を受け消防車54台で消火に当たっているが、午後10時現在、鎮火していない。出火当時、同製油所内には従業員2百人がいたが、けが人は出ていない。

 同製油所は、十勝沖地震発生直後の二十六日早朝にも、原油貯蔵タンク火災を起こしたばかりで、同製油所のコンビナート火災は二〇〇〇年二月以降、五度目。

 同製油所によると、出火したナフサ貯蔵タンクは二十六日の地震後の点検で、可動式のふたの浮きが地震で破損してふたが沈み、ナフサが表面に漏れ出し外気に触れる状態であったことを確認した。

 同日から、出火などを防止するため、泡状の消火剤で、タンク上部の表面を覆う作業を続け、出火当時は六人が作業に当たっていたが消火剤の補充のため、一時中断していた。同製油所と同消防本部などは、気化したナフサが何らかの事情で引火したとみて、出火原因を調べている。

 同タンクは直径約四十三メートル、高さ二十四メートルの「浮き屋根式」で、地震直後に出火したタンクからは約二百メートル北側。出火当時は二万六千キロリットルのナフサが入っていた。

 同製油所では同タンクを含め六基のタンクに、ふたの損傷が見つかっており、消防などは同タンクのナフサを抜き取るとともに、消火剤の散布や延焼を防ぐための放水を行っている。鎮火は早くても二十九日昼になるとみられる。

 苫小牧署は延焼の危険があるとして、出火直後から、周辺二キロを立ち入り禁止にしている。

 苫小牧市の対策本部は、煙が市街地に流れているため、午後二時半から広報車で、約一万六千世帯、三万五千人に向けて、窓の閉鎖などを呼びかけた。同本部は煙に含まれる硫黄酸化物の数値は平常通りで、人体に影響はないとしている。

 同製油所は苫小牧西港に面し、約百基のタンク群を抱える石油コンビナート。苫小牧海保は同港への入出港を停止。このため、フェリーは同港から大洗行きなど計三便が欠航、到着便五便が室蘭港などへ振り替えられた。


関連投稿
http://asyura.com/0310/bd29/msg/277.html

 次へ  前へ

日本の事件8掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。