★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争39 > 169.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
第二次阿片戦争のときに英仏軍が略奪した清朝の美術工芸品が、来月、香港で競売にかけられることになった
http://www.asyura.com/0310/war39/msg/169.html
投稿者 佐藤雅彦 日時 2003 年 9 月 23 日 11:53:41:FnBfYmHiv1JFs

●3つの頭部像のうちの2つは、すでに中国の企業が買い戻しており、今回もその企業が競り落とせば、ようやく3体とも百数十年の放浪を経て元の土地に戻ってくることになるわけです。

●イラクで略奪された文明の遺産も、それが元の土地に戻ってくるまでに、気の遠くなる時間と費用と手間がかかることになるのでしょうか……。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
(共同通信)[9月15日21時58分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030915-00000128-kyodo-int

英仏軍の略奪品が競売に清朝のブロンズ像、香港で
【台北15日共同】

 15日付の香港紙、星島日報によると、英仏連合軍が1860年、第2次アヘン戦争に伴う北京侵攻で清朝の離宮、円明園から略奪したブロンズ製の犬の頭部像が10月26日に香港で競売に掛けられることになった。
 頭部像は時刻を知らせる噴水の一部。猿と牛とトラの頭部像は2000年に香港で競売に掛けられ、元中国軍系の企業「保利集団」が2840万香港ドル(当時のレートで約4億2000万円)で落札、「中国軍が国宝を奪回」と騒がれた。
 3つの頭部像は現在、国外流出した国宝回収などのため同集団が開設した「保利芸術博物館」(北京)に収蔵中。同集団は10月の競売に参加するかどうか「今後、検討して決める」という。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 次へ  前へ

戦争39掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。