★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ31 > 679.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
天野哲夫、沼正三、「家畜人ヤプー」、そして、三島由紀夫。及び、「右翼」による「家畜人ヤプー」の出版社への襲撃事件(昭和45年)[週刊日本新聞]
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/679.html
投稿者 乃依 日時 2003 年 11 月 07 日 01:22:26:YTmYN2QYOSlOI

天野哲夫、沼正三、「家畜人ヤプー」、そして、三島由紀夫。及び、「右翼」による「家畜人ヤプー」の出版社への襲撃事件(昭和四十五年)
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

投稿 平成15年11月07日00時38分
太田龍の時事寸評
平成十五年(二〇〇三年)十一月六日(木)
(第七百五十三回)

○天野哲夫著「異嗜食的作家論」(昭和四十八年芳賀書店)。

○そこに、
 「家畜人ヤプー」考察
 三島由紀夫と「家畜人ヤプー」と言う二編の論稿あり。

○「天野哲夫」は、しばらくの間、「沼正三の代理人」と称して各所に
 姿を現わしたと言う。

○のみならず、「天野哲夫」の名前で、だいぶ前から、著述を公表して
 居たことに、筆者はごく最近、気付いた。

○しかし、最近に成ると、実は「天野哲夫」は、「沼正三」その人で
 あって、その代理人ではない。
 「沼正三」の本名が「天野哲夫」であると言う。

○つまり、「天野哲夫」と言う実在の人物が、「沼正三」のペンネームで
 「家畜人ヤプー」を書いたと言う。

○前記「異嗜食的作家論」の最初の二編に、三島由紀夫と天野哲夫
 (沼正三の代理人としての)の関係、及び、三島由紀夫と
 「家畜人ヤプー」の関係が、詳述されて居る。

○昭和四十五年、都市出版社が「家畜人ヤプー」を出版した。

○そのあと、右翼が、その「都市出版社」を襲撃した(前出、二十九、三十頁)、
 とある。
 この件は、筆者は知らなかった。

○もちろん理由は、
 「皇室を侮辱し日本民族を凌辱する国辱の書」、と言う。

○しかし、三島由紀夫は、「家畜人ヤプー」は「奇讀クラブ」に連載されて居た
 頃から、昭和四十五年十一月二十五日の自決の日に至るまで、首尾一貫
 した、熱烈に「家畜人ヤプー」を支持し、そしてその出版を推進した、と言う。

○昭和四十五年十一月二十五日午前十時四十分頃、
 天野辰夫(こと沼正三本人)は、出来たばかりの都市出版社の
 「家畜人ヤプー」の二千部限定豪華本を、三島由紀夫の自宅に
 届けたとある(二十五頁)。

○しかし、三島本人は不在であった。

○それから、同じ本を、渋澤龍彦氏宅へも届けて、そのあと、タクシーの
 中で、三島事件についてのラジオ報道を聞いた、と言う(三十一頁)

○この記述では、天野辰夫氏は、生前三島に対して、「沼正三の代理人」
 でなくて、「沼正三本人」であることを明らかにして居たかどうかは
 明らかでない。

○なお、前出の書、三十一頁に、
 三島由紀夫が、西ドイツの代表的出版社ローボルト社の通信員、
 グリディン氏宛てた手紙の中で、「日本自ら首をつるべし」と、痛憤の
 文言を書いた、とある。

○このグリディン氏あての手紙が、その後、三島由紀夫の全集に収録
 されて居るかどうかは分らない。

○この問題は、今後、更に検討考察を深めて行きたい。

 (了)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ31掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。