★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 狂牛病・遺伝子組み換え10 > 362.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
アメリカのBSE患者(vCDJ)は、年間9500名か?(荒っぽい計算ですが)
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/362.html
投稿者 平和屋 日時 2004 年 2 月 04 日 22:46:47:xb8I13a803WWM
 

2月3日のPro-Med日本版に、アメリカのクロイツヤコブ(CJD)について、以下のとても興味を引く情報がありました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
[2]情報源:United Press International、2003年12月29日。
BSE: クロイツフェルト・ヤコブ病患者数千例と関連。
米国では、連邦政府のクロイツフェルト・ヤコブ病患者モニターシステムが患
者数万名を見落としている可能性があると、科学者や消費者運動家が通信社
(United Press International)に指摘した。クロイツフェルト・ヤコブ病患者
の集団発生は米国各地で報告されている。すなわち、Pennsylvania 州では
1993年に、 Florida州では1994年、Oregon州では1996年、New York 州では
1999-2000年に、そしてTexas 州では1996年に報告された。
エール大学神経病理学科外科部門の研究チームの検討を含め複数の研究で、剖
検によりアルツハイマー病あるいは痴呆症と診断されていた患者の3〜13%が
実際はクロイツフェルト・ヤコブ病に罹患していたことが判明したとしている。
米国では毎年アルツハイマー病と診断される患者が400万人、痴呆症患者は数
十万人が発生していることから、最も少なく見積もって12000人以上のクロイ
ツフェルト・ヤコブ病患者が検出されず、公式統計に含まれない可能性がある。
実際、アルツハイマー病と診断された死亡患者数は1979年には857例であった
ものが、2000年には50倍以上の5万例近くとなった。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
これは衝撃的な数字だと思います。

一方、2月2日にイギリスの保健省が、過去13年間のプリオン病の発生数を発表しています。これによりますと、
散発性(世界中で見られるCJD)692名(73.9%)
医原性(硬膜手術等)44名4.7%
家族性4.3%
GSS21名2.2%
vCJD139名14.5%
となっています。
以上のことから、荒っぽい計算ですが、アメリカのvCJDの発生数を推測してみると、
(イギリスの人口を5700万人、アメリカの人口を2億6000万人とします)
(散発性CJDが年間100万に5人の割合で高率に発症するとします)
アメリカでの散発性CJDは年間1,300人となります。
そして、医原性と家族性とGSSの合わせた発生率をCJDの10%とすると12,000×10%=1,200人
この散発性CJDとその他のCJDの合計数を年間CJDの12,000人から引くと9,500人がvCJD(つまりBSE)でなくなっていることが推測出来ます。
次に、イギリスでは、18万5千頭のBSE牛に対して、8年間で139名がvCJDになっていますから、(数年ということを考慮しないで計算すると)9500人のvCJD患者のためには約125万頭の牛がBSEに年間罹患していることになり、これは、アメリカの牛の約1.3%ぐらいになります。確かアメリカでは、ダウナー(神経症状を呈して食用に供せられない牛)として処理される牛が20万頭ですから、多くは、健康牛として「と畜」されている牛にBSEが発生している可能性があります。このことは、日本で実証されています。

上記のUnited Press International記事の内容が正しいということが前提ですが)これがもし本当ならば、凄いことだと思います。
アメリカ農務省が全頭検査を渋るのも納得がいきます。
こんな状態でもし、全頭検査をしたら、アメリカは大パニックになるでしょう。アメリカの牛肉生産は、畜産だけでなく、穀物関連、流通、販売、機械等想像以上に裾野が広いので、畜産業が壊滅的打撃を受けるだけではすまないでしょう。
間違いなく大統領選挙にも決定的に影響を与えると思います。
アメリカは日本の政府、政治家、消費者などがいくら言っても、おそらく全頭検査をすることはないでしょう。

 次へ  前へ

狂牛病・遺伝子組み換え10掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。