★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 不安と不健康7 > 696.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
医療事故、自主公表へ 県立2病院で「指針」 「影響レベル」5段階で評価 /鳥取(毎日新聞) 
http://www.asyura2.com/0311/health7/msg/696.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 1 月 23 日 22:47:08:eWn45SEFYZ1R.
 

★「指針」を定めてもそれが遵守される保証がない。
「昨年4〜11月まででレベル3以上に相当する事故はなかった」これが既に怪しい。(シジミ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040123-00000002-mai-l31

医療の透明性を高めるため県は、中央、厚生の県立2病院で、医療事故が発生した場合に自主的に公表する「医療事故防止対策指針」を定めた。事故の影響レベルを5段階に評価、医療過誤で障害が長期にわたるレベル「4」、事故が死因になった「5」が発生した場合は、報道機関に対応策を含め公表。県情報公開条例に基づく開示請求にも応じる。 【桜井由紀治】
 21日の県議会教育民生常任委員会で明らかにした。2月1日から適用する。
 指針によると、医療事故が発生した場合、病院長は病院事業管理者に報告を義務付けるとともに、院内の「医療安全管理委員会」に公表の必要性を諮る。レベル「4」以上の事故のほか、治療の必要や入院日数が増加した「3」以下の事態が多発して安全管理上重大と判断された場合も、公表の対象とする。
 また、影響レベルの対象とならない、患者に直接影響はなかったものの日常の診療現場で「ヒヤリ」としたり、「ハッ」とした経験も、「ヒヤリ・ハット事例」として報告書を提出するよう求めている。
 さらに、業務上過失致死・傷害罪に問われる恐れがある場合は、速やかに所轄警察署に届け出るよう義務づけている。
 県病院局の調査によると、県立2病院では、昨年4〜11月まででレベル「3」以上に相当する事故はなかったものの、観察の強化や検査の必要性が生じたとする「2」以下に相当する事例が約1900件あったという。
 林喜久治・県営病院事業管理者は「病院も積極的に情報を公開しないと、県民の信頼を得られない。事故を教訓として再発防止に努めていきたい」と話している。(毎日新聞)
[1月23日20時21分更新]

 次へ  前へ

不安と不健康7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。