★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 不安と不健康7 > 787.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
アルツハイマー病原因物質を分解促進、理研などが成功(読売新聞) −理研「対症療法でない、根本的な治療につながる」
http://www.asyura2.com/0311/health7/msg/787.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 1 月 29 日 22:14:46:eWn45SEFYZ1R.
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040129-00000512-yom-soci

アルツハイマー病の原因物質が脳内に増加するのを遺伝子治療で防ぐことに、理化学研究所(理研)と自治医大の共同グループがマウス実験で成功し、29日発表した。

 原因物質の分解酵素を導入する世界初の方法で、理研は「対症療法でない、根本的な治療につながる」と期待している。

 この酵素は理研が2000年に発見した「ネプリライシン」で、原因物質の「ベータアミロイド」を分解する。グループは、病原性のないウイルスにネプリライシンの遺伝子を組み込み、原因物質が増えやすい特殊な体質のマウスの脳に注入して感染させた。

 3か月後に解剖して調べた結果、治療しなかったマウスの脳には、原因物質が正常量の10倍も沈着していたが、ネプリライシンを導入したマウスは5倍にとどまっていた。

 アルツハイマー病治療薬はこれまで、原因物質の生成を防ぐ薬剤などが開発されているが、副作用が強く、実用化されていない。理研神経蛋白制御研究チームの岩田修永・副チームリーダーは「原因物質は脳内で自然に生成され、分解されている。今回の方法は、生成を無理に止めるのでなく、滞っている分解を促進するもので、副作用が少ない」と説明している。(読売新聞)
[1月29日21時43分更新]

 次へ  前へ

不安と不健康7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。