★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用6 > 312.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 「A+B定理」には目を疑ってしまった
http://www.asyura2.com/0311/idletalk6/msg/312.html
投稿者 きゃべ爺 日時 2003 年 11 月 18 日 09:51:47:jfzS9MOte8/0k

(回答先: 「A+B定理」には目を疑ってしまった 投稿者 あっしら 日時 2003 年 11 月 18 日 03:01:41)

> みなさん、こんばんわ。
> 第二弾を書き込まずの横レス失礼します。

あっしらさん,おはようございます.
このスレはおそらく多重に分岐してバオバブの木のごとく生長しそうですが,私もちょこっと書いてみました.

> 不勉強なので「A+B定理」なるものの存在すら知りませんでしたが、「消費財の価格は、A(賃金、俸給、配当)の部分とB(原材料、利子費用、減価償却費など)の部分から成るが、購買力として労働者に支払われるのはAに過ぎず、AによってBを購入することはできない」という説明をする“学者”がいて、正統派経済学者も論議の対象にし、今日でもそれが取り上げられていることにびっくりしました。

もし,この定理の誤りがミクロとマクロを読み誤っているという点にあるとしたら,目を疑うばかりの
初歩的誤りということになってしまいます.内容的には事実そうではあるのですが,ダグラスの
真意はそこにはあらず,またケインズらもそのようには受け取っていなかったと思います.
(原論文を読んでないので憶測です.)

> (馬場さん、今でもなんらかの権威をもって語られている定理なんですか?)

ダグラスの経済学は完全に異端の系譜に属するもので,その継承者はここにいる我々しかいない
のではないかと思います.というか,ダグラスの本旨はまぎれもなくS=D等式理論であったはずです.

私は↓下でも書いてるように,あっしらさんがマルクスの剰余価値理論は誤っていると言われて
いることを含めて多少の批判を述べたいと思っているのですが,まだちょっと準備が整わず...
(ちゃめ爺さんじゃありませんが,もしかして十年後になるかもしれません.^^;)

> そのようにひらめいたというのなら理解できますが、妥当性の思考をすれば数分後には早とちりだったと反省するはずの考えです。
> 「A+B定理」が説明されている内容のものなら、経済学者と自称する人は、笑い飛ばして終わりにしなければならない代物の説明(定理)です。

上記.

> でも、竹中平蔵大臣が「A+B定理」をどのように解説するのか聞いてみたいもんですね。

ちょっとトイレに,じゃないでしょうか?

あの記事を読んでうらやましく感じたのは,アマチュア経済学者であるダグラス少佐の論を第一線
の経済学者たちが真剣に議論している風景です.我が国ではおよそ期待できません.

 次へ  前へ

雑談専用6掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。