★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用6 > 354.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 【元MK工作員の告白より抜粋】 現代的陰謀論の基礎としての「アーリア主義」と「エイリアン問題」
http://www.asyura2.com/0311/idletalk6/msg/354.html
投稿者 パリサイサタン 日時 2003 年 11 月 24 日 21:42:40:Mmj0IXXmczzbk

(回答先: 【元MK工作員の告白より抜粋】 現代的陰謀論の基礎としての「アーリア主義」と「エイリアン問題」 投稿者 パリサイサタン 日時 2003 年 11 月 24 日 21:40:13)

WAYNE MORRIS:

And what do you know of what they are planning to do in terms of implementing their global domination schemes?

それでは、彼らがその地球支配計画を実施することの見地から、彼らが計画していることについてあなたは何か知っていますか?

KATHLEEN SULLIVAN:

One of the things they were planning on doing was having UFO invasions. I don't know if they are going to pull that one off or not. They were planning on getting people so afraid of a race from another planet coming and having authority here and terrorizing us, that we would just fall apart and "please don't hurt us, we will do whatever you say" ... These people who pushing that scam, and Henry Kissinger is one, in fact I have some documentation where he actually said one time at a global conference that what we need is a UFO invasion ...

彼らが実行しながら計画していたことの一つは、「UFOの侵略」という事態を持つことです。私は彼らがその計画を引っ込めることになるかどうかは知りません。彼らは、他の惑星からの一つの種族がやって来て権力を地球で持ち、私たちを脅迫することを人々に恐れさせることを計画していました。そうやって、私たちがバラバラの状態に陥り、「どうか私たちを傷つけないで下さい、何でも言うことを聞きますから」となるように仕組んでいたのです。・・・そのイカサマを押し進めているこれらの人々、キッシンジャーはその一人なのですが、実際に私は彼がある世界会議で一度、我々に必要なのはUFOの侵略だと本当に言っていたことを示すいくつかの文書を持っています・・・。

The other thing they were trying to work was to get a lot of pastors to push to Christian communities and congregations that we are in "the last days or the beginning of the tribulation" in the Book of Revelation. They talk about AIDS having been a deliberately created epidemic because it fit one of the plagues in the Book of Revelation, and what they have been trying to do is use the Book of Revelation as a blueprint to convince people that we are in the last days. It seems to be working rather well. I consider it Psiwar, in which Michael Aquino used to be pretty involved in. They seem to be just messing with people's heads a lot right now. All these movies about disasters ... that really does a number on people too.

彼らがしようと試みていた他のことは、多くの牧師にクリスチャンの共同体と会衆に私たちは「黙示録」の中の「終末の日々」とか「艱難の始まり」にいるのだということを押しつけさせることでした。彼らはエイズは故意に創られた疫病だったことについて話しています。なぜなら、それは黙示録における疫病の一つに当てはまるものだったからだということです。彼らがしようと試みてきていることは、人々に私たちは今「終末の日々」にいるのだ確信させるための青写真として黙示録を使うことなのです。これはかなりよく功を奏しているようです。私はこれをマイケル・アキノが深く関わっていた「心理戦争」だと考えています。まさに今、彼らは人々の頭をひどく混乱させているようです。これら全ての天災を扱った映画・・・それらも多くの人々に影響を与えています。

They were planning on doing what they call "Takeover" which was implementation of a New World Government by the year 2000, but I really don't see how they are going to do it. They talk also about having a President assassinated so that FEMA could take over and then they could just have total shutdown in the U.S. of a lot of the basic services. If that happens, I might as well kiss my butt goodbye.

彼らは、西暦2000年までの新世界政府の完成であった、いわゆる「乗っ取り」を行うことを計画していました。しかし私は、彼らがどのようにしてそれを行うつもりか、本当に分かりません。彼らは、「FEMA」が(統治を)引き継ぐことができ、それから彼らが、多くの基本的な公務の米国内の全体的閉鎖を持つことができるように、大統領を暗殺させることも話していました。もしそれが起ったら、私は自分の尻にキスをして「さよなら」を言うほうがよいでしょう。

I don't expect I will be at my house much longer at that point, willingly. The way I look at it is, if somebody were told they had so long to live, it makes every day so precious to me now. And wouldn't it be a wonderful thing for me to find out they don't get away with it? That it doesn't happen, and I could have a long life of freedom. I would be so excited. I also try to be practical about this, and when I see what they are doing ... in front of everybody's faces, through legislation and all, I am not so sure they aren't going to do it ...

私はその時点で、自分が家にずっとより長くいるだろうとは、自発的には期待しません。私がそのことを見る仕方はこうです。もしある人々が、彼らが生きることに「さよなら」しなければならないと告げられたら、そのことは今、毎日を自分にとってとても貴重なものにするでしょう。もし、彼らがそれをうまく成し遂げることはないと私が分かることがあれば、それは素晴らしいことです。それが起きないのなら、私は自由の長い人生を送ることができるでしょう。私はとても興奮することでしょう。私はこのことについて、実用的であることを試みもします。彼らがしていることを私が見るとき・・・皆さんの顔の前で、法律や全てのことを通して・・・彼らがそれを将来行わないとは、私はあまり確信できません。

WAYNE MORRIS:

So "they", being the people involved in these organizations that are bringing this about, and it's your sense that these people are well placed within society ...

したがって、「彼ら」とは、これを引き起こしているこれらの組織に関係する人々であり、そしてあなたの感覚では、これらの人々は社会内でよい立場に置かれているということですね・・・

KATHLEEN SULLIVAN:

I know there has been a lot of talk back and forth about the Bilderbergers, they are, as far as I know, the top people heading this up. The absolute top of the top. I was not real surprised at all to see Sam Nunn go to the meeting last time. Henry Kissinger usually goes. That's the main group that is masterminding this. Again, I have to give them credit where credit is due, they are smart people, but very sick at the same time.

私は多くの話が、「Bilderbergers(ビルダーバーグ・ソサイティのメンバー)」について、あちらこちらにあったことを知っています。私が知っている限り、彼らは、これの先頭に立っている頂上の人々です。頂上の絶対的な頂上。私はサム・ナンが前回にその会議へ行ったのを見ても、まったく驚きませんでした。ヘンリー・キッシンジャーはたいてい行きます。それは、これを指図している主要な団体です。再び、私は彼らに信用を与えなければなりません―信用にふさわしいのですから。彼らはしゃれた(利口な)人々です。しかし同時に、とても病気です。

WAYNE MORRIS:

They are certainly putting their mental abilities to the wrong purposes in terms of the public good.

彼らは確かに、自分たちの精神的能力を、公的な善良の見地からは間違っている目的に置いています。

KATHLEEN SULLIVAN:

As I have learned about a lot of these people's childhoods, I have begun to understand that it seems like a lot of the rage they are using to pretty much force that government into existence, may be towards some of their parents, towards authority figures. It's really sad to see that because I think a lot of them need rehabilitation themselves. It's like my dad, with his underground black marketing of children, it's like a cult.

私は多くのこれらの人々の幼年時代について学んだので、私は、彼らが多くの激怒を、その世界政府の成立をかなり強く推し進めるために使っているようだということを理解しはじめました。その激怒は、いくらかの彼らの両親たちに対するものかもしれませんし、権威ある人物たちに対するものかもしれません。私は、彼ら自身その多くがリハビリテーションを必要としていると思っているので、それを見ることが本当に悲しいのです。それは、子供たちの地下市場での闇売買を行っていた私の父のようなのです。それは、一つのカルト団体のようなのです。

If you know secrets, and the other people know secrets, you are all involved, and the other people can blackmail you if you tell. A lot of these people, because they are high profile, will never be able to talk about this stuff without dying. They know it. Or losing their loved ones, if they are able to love at all. What happens is that after a while it wears you down and you get to where your loyalty ends up being to these other people who are part of the same effort, and associating mainly with each other. That is, in a way, a cult mentality on the top level.

もし、あなたが秘密を知っており、残りの他の人々が秘密を知っていれば、あなたたちはすべてお互いに関係させられます。そして、あなたが秘密を漏らせば、他の人々はあなたを恐喝することができます。多くのこれらの人々は、彼らが高名なので、このことについて死なずに話すことは決してできないでしょう。彼らはそれを知っています。あるいは彼らの最愛の人たちを失います―もし、彼らが人を愛することができるのなら。そこで起きることはこういうことです。しばらくしてその状況はあなたを疲れさせ、結局あなたの忠誠が同じ努力の一部である他の人々に存立することになり、また、主としてお互いと交際することになるのです。それは、ある意味で、社会のトップ階層におけるカルト団体のメンタリティーなのです。

WAYNE MORRIS:

Do you have a sense that people are working within government and military to put a wrench in their plans?

あなたは、彼らの計画にスパナをかける(破壊する)ために、人々が政府や軍の内部で働いているという感じをお持ちですか?

KATHLEEN SULLIVAN:

Absolutely. There are a lot of people who are trying in careful ways to get some of this exposed to help some survivors get free. It did happen to me but I can't go into the details of it. I am still trying to get more understanding about it myself. There are some pretty neat people out there. Some of them are literally risking their lives because they see what is happening. They want to live in a country where basic freedoms are respected. I have a book that shows the Bill of Rights, and it means a lot to me because when I found out that I literally was a slave ... Article 13 in the Bill of Rights ... it was in direct violation of that. The Constitution and the Bill of Rights are important things that are not taught in school very much anymore.

絶対に。何人かの生存者たちが自由になるのを助けるために、この恐ろしい実態うちのいくらかを暴露することを注意深い方法で試みている、多くの人々がいます。それは、まさに私に起きました。しかし、私はその詳細に立ち入ることができません。私自身、いまだにそれについてのより多くの理解を得ようとしています。いくらかのかなりきちんとした人々がそうしたところにいます。彼らは何が起こっているのか分かっているので、彼らの何人かは文字通り自分たちの生命を危険にさらしています。彼らは、基本的な自由が尊重される国に住みたいのです。私は、「権利の章典」を載せている本を持っています。それは私にとって多くのことを意味します。なぜならば、私がそれを見つけ出した時、私は文字通り奴隷だったからです・・・権利の章典の第13条・・・私の生活は、その直接的な違反の中にありました。合衆国憲法と権利の章典は、学校で今はもはやよく教えられない、重要なものです。

WAYNE MORRIS:

What is your sense of how mind control and mind control slavery in these organizations that want to bring about the New World Order?

マインドコントロール、および新世界秩序をもたらすことを欲するこれらの組織にあるマインドコントロール奴隷制度がどのように機能しているかについての、あなたの感覚は何ですか。

KATHLEEN SULLIVAN:

There are a lot of actors and actresses in Hollywood who are MK victims. I met quite a few. I tend to see them promoting the same world view as these high level conspirators ... and conspiracy is a natural ongoing part of history. To me this is conspiracy realism. Because a lot of people look up to Hollywood stars as role models, they tend to have a lot of influence on people.

MK犠牲者である多くのハリウッドの俳優および女優がいます。私はかなりたくさん会いました。私は、彼らがこれらの高い地位の陰謀者たちと同じ世界観を促進しているのを見る傾向があります・・・そして陰謀は歴史の自然な進行中の部分です。私にとって、これは陰謀現実主義です。多くの人々が役割モデルとしてハリウッドのスターを尊敬するので、彼らは人々に多くの影響を持つ傾向があります。

The people who were planning this were not so concerned about the older people. They talked a lot about targeting the youth. Ted Turner's "Captain Planet" cartoon ... some people say it's a good thing because it tells kids to clean up the environment, but it also heavily pushes a New World way of thinking. He's another one of the few honest people out there. He admits that it is part of his personal agenda. I am seeing a lot of signs here that are leading into it step by step.

これを計画していた人々は、年上の人々についてはそれほど関心がありませんでした。彼らは若者を目標とすることについてよく話しました。テッド・ターナーの「Captain Planet」という漫画・・・いくらかの人々は、子供たちに環境をきれいにするように命じるので、あれは良いものであると言います。しかし、あれも「新しい世界」の思考法を強く薦めています。彼は意図を表に出すので、あのごく少数の正直な人々のもう一人です。彼は、それが自分の個人的な議事日程の一部であると認めています。私は、新世界秩序へ一歩一歩導いている、多くのサインをあの漫画に見ています。

WAYNE MORRIS:

Let's just go back to something you mentioned about the alien part in terms of mind control and the New World Order implementation plan. How do you think this is tied to the phenomenon of the growth of allegations of being abducted by aliens? Do you feel people are being experimented on by the government instead of aliens?

マインドコントロールと新世界秩序完成計画の観点から、あなたがエイリアンについて言及した何かへと戻りましょう。エイリアンによって誘拐されたという主張の増加現象に、どうのようにこうした問題が結びつけられていると、あなたはお考えですか。人々はエイリアンではなく政府によって実験されていると、あなたは感じられますか。

KATHLEEN SULLIVAN:

Absolutely. I realize that there are some MK survivors who will strongly disagree with me and I am not trying to get into an argument with any of them, I am just going by what I have experienced and remembered, and by what others have experienced and remembered. A lot of us were hypnotized and otherwise tricked into believing that we had been abducted by aliens, when actually it was government connected handlers who were using us for illegal activities.

絶対に。私に強く反対する何人かのMK生存者がいることに、私は気づいています。そして、私は彼らのうちの誰とも議論に入ろうとはしていません。私はただ、自分が経験し思い出したことによって、および他の人々が経験し思い出したことによって、進んで行きます。私たちの多くは、自分たちはエイリアンに誘拐されたのだと信じるように、催眠術をかけられたかさもなければ騙されたのです。本当は、政府関係の操縦者たちが、私たちを不法な活動のために使用していたのです。

One thing the Nazis were working on very hard was geneticexperimentation on some of their prisoners in the concentration camps, although our government has tried to suppress the documentation. And they were into breeding their own. My dad used to brag about how they were doing genetic experiments on embryos that were creating what they called "children". These children are, I personally believe, aliens ... little ones that people have seen. I met several at a NASA facility.

 ナチスが熱心に仕事してきたことの一つに、収容所の囚人を使った遺伝子実験があります。アメリカ政府はそれに関する書類提出を抑えようとし続けています。彼らは、独自の人間を生み出すところまで行きました。私の父はいかにして彼らが言うところの「チルドレン」を作る胎児に対して遺伝子実験を行っているかを自慢したものでした。これらの「チルドレン」は、私が個人的に信じるところではエイリアンです・・・人々が目撃してきた小さいエイリアンです。私はNASAの施設でその数人と会いました。

One was an older child, I guess I would call it. He was able to speak two languages. He was able to speak English and what they called a "trilateral language". He used a lot of buzzes and clicks and symbolic hand signals. He also had a lot of Theta abilities. It was amazing. He had been programmed as I understand some of the others had that were genetically experimented on - to believe that they are aliens.

一人は、言ってみれば、年を取った子供だったと思います。彼は二つの言葉を話すことができました。彼は英語と、彼らの言うところの「三辺性(トライラテラル)言語」を話しました。彼は多くの雑音、クリック音と象徴表現の手信号を使いました。彼はまた高いシータ能力も持っていました。それは驚異的でした。遺伝子的に実験されている他のエイリアンたちのいくらかはそうなのだと私は理解しているのですが、彼は自分たちがエイリアンであると信じるようにプログラミングされていました。

But he seemed to understand that it was not real, that he was human. And my concern about this most of all ... I am more concerned about them than anyone else ... if that information is ever made available to take it seriously, they will be killed and their remains put away where no one will ever find it. Because if it's true, it is one of the biggest crimes that an agency of our country has ever perpetrated against another human.

しかし、彼はそれが本当ではなく自分は人間であると理解しているように見えました。そして、このことに関する私の懸念はほとんどのところ・・・私は他の誰よりも彼らついて心配しているのです・・・ もしその情報がいつか真剣にとりあげられるほどに利用可能にされたら、彼らは殺されその遺体は誰もいつまでも発見できないところへ片付けられてしまうでしょう。なぜなら、もしそのことが本当なら、それは私たちの国の一つの政府機関が、もう一つの人類に対してかつて犯した最大の犯罪の一つだからです。

What I understand is that with all the UFO movies lately, and so many TV shows about it in the last few years ... it is preparing people's minds to believe that aliens are real, that they really do exist, that they really are trying to contact us. I can't help but wonder if some of these human "aliens" will be used down the road as some kind of proof to people.

 私が理解していることは、最近のすべてのUFO映画とここ数年のそれに関するたいへん多くのTVショーによって・・・それはエイリアンが本当で、確かに実在し、実際に私たちとコンタクトをとろうとしていると信じるように人々の精神を準備しているのです。私は、あれらの人間の「エイリアン」が人々に対するある種の証拠として路上で使用されるのかどうかと疑問せざるをえません。

WAYNE MORRIS:

So these people, you believe, have been genetically altered through genetic engineering to look like aliens, or what the public has been conditioned to view as an alien ...

そうすると、あなたの信じるところでは、これらの人々は遺伝子工学によってエイリアン、もしくは公衆がエイリアンとして見るように条件づけられたものに見えるように遺伝子的に変えられているのですね・・・

KATHLEEN SULLIVAN:

I met several breeders of these people. One of the things that I noticed with some of these breeders ... one woman's husband worked for NASA. She was in hospital in Dallas. She was made to believe that she had two hearts in her body. It was really confusing the heck out of her psychiatrist. There were some things that she said and this was before I knew her husband worked for NASA, because she wasn't telling anyone anything about that.

私は、これらの人々の数人の飼育者に会いました。私がこれらの飼育者の数人に気づいたことのうちの一つは・・・ある女性の夫はNASAで働いていました。彼女はダラスの病院にいました。彼女は、自分の身体の中に二つの心臓を持っていると信じさせられていました。それは、それは、本当に彼女の精神病医をひどく混乱させていました。彼女が言ったあることがありました。それは、私が彼女の夫がNASAで働いていたことを知る前のことでした。彼女はそのことについて、誰にも何も教えていなかったのです。

There were some things that she said, and I looked at her one day, and I said "are you a breeder?" And she looked at me, and said, "yeah" and I asked her if she had NASA connections, and she looked at me in shock and said "my husband works for NASA". I went to her psychiatrist and explained the situation because she had a lot of the physical - especially facial characteristics - of these "aliens".

彼女が言ったあることがあり、私はある日彼女を見ました。そして、私は、「あなたは飼育者ですか」と言いました。彼女は私を見て言いました、「はい」。また私は、彼女がNASAとの関係を持っているかどうか彼女に尋ねました。すると彼女は、衝撃を受けて私を見て、「私の夫はNASAで働いているの」と言いました。私は彼女の精神病医のところに行き、その状況を説明しました。なぜなら、彼女はこれらの「エイリアン」の多くの身体的な(特に顔つきの)特徴を持っていたからです。

There was another woman I met back in 1988 in a reprogramming facility who also was a breeder, and she had a problem because she would see UFO's coming at her sometimes in the room - she had something that many of these breeders had, a "birdnest" haircut, where it was shaved part of the way around and the rest looked like what they called a "birdnest". That was one of the ways you used to be able to identify some of them.

1988年に再プログラミング施設の中で私が会った、もう一人の飼育者だった女性がいました。そして、UFOが時々部屋で彼女に向かって来たので、彼女は問題を抱えていました―彼女は、これらの飼育者の多くが持っていたあるものを持っていました―「鳥の巣」ヘアカット、そこでは、髪は周囲の部分を刈りあげられ、残りの部分はいわゆる「鳥の巣」のように見えました。それは、あなたが彼らの何人かを飼育者と識別できるために用いられる、いくつかの方法の一つだったのです。

These seemed to be generational experiments, genetically, and specifically done for that purpose. Take it or leave it. I tell everyone, one of these days, if it's true then the whole world is going to know it, but it may be a long time.

これらのことは、遺伝学的にその目的のために特別になされた、世代的実験であるように見えました。この話を相手にしようとしまいと、それはご自由です。私は近日中に皆さんに教えます。もし、それが事実なら、全世界はそれを知ることになるでしょう。しかし、長い時間がかかるかもしれません。

WAYNE MORRIS:

Do you have any indication of U.S. government or German government use of UFO technology ... that they have developed craft ...

あなたは、UFO技術の米国政府またはドイツ政府による使用についての、いくらかのそれを指示する話を持っていますか?・・・彼らは、そういう乗り物を開発しているという・・・

KATHLEEN SULLIVAN:

I was exposed to some of that. I saw at least one UFO for sure. It was in a garage, a large room where there was a door where the thing could go out into the open. It wasn't touching the ground. It was an amazing thing. It had a fantastic looking metal to it ... I was absolutely fascinated by it. I have been told that they started out by using these craft, which they said were created by the some of the German scientists.

私は、そのうちのいくつかにさらされました。私は、確かに少なくとも一機のUFOを見ました。それは、ガレージ―その機体が戸外へと出ることができるドアのある大きな部屋―にありました。それは地面に触れていませんでした。それは驚くべきものでした。それは幻想的な様相の金属を持っていました・・・私は、それに絶対的に魅了されました。これらの乗り物を使用することを彼らは開始したと私は聞かされていました。それは、何人かのドイツ人科学者たちによって創出されたと彼らは言いました。

They will talk about V2's on Discovery channel, but they will never ever bring up this end of it ... what they had as far as technology and brought it over with them. I think NASA is the biggest cover for this stuff. I understand that there is a base in the Himalayas as well, and that there are some facilities under oceans where some of the stuff is also stored way way out of detection areas. They do seem to be able to go down in deep, deep areas of water including one place near Hawaii. But they supposedly started out, or so I have been told by a number of people, using magnetic grids they called it, I don't understand that kind of technology ...

彼らは、ディスカバリー・チャンネルで、V2ミサイルのことについて話すでしょう。しかし、彼らは決してその話の結末を持ち出さないでしょう・・・技術に関しては何を彼らが手に入れたか、そして彼らに何が渡されたか。私は、NASAはこのことのための最も大きな覆いであると思います。私は、ヒマラヤ山脈にも一つの基地があり、大洋の下にいくつかの施設があると理解しています。そこにも、検知できる領域のはるかかなたに、いくらかのUFOが格納されていると理解しています。それらのUFOは、ハワイ近くの一つの場所を含む、水域の深い深い領域に下って行くことができるように思われます。彼らはおそらく―そのように私は多くの人々によって聞かされてきたのですが―彼らの言う磁力線を使ってそれを開始したのです。私はその類の技術を理解していないのですが・・・。

WAYNE MORRIS:

The earth itself has a large electromagnetic grid field around it, and it is my understanding that they have used that kind of energy somehow in conjunction with creating these craft ...

地球はそれ自身、大きな電磁的力線の場を周囲に持っています。これらの乗り物を創出することに関連して、彼らはどうにかしてあの種のエネルギーを使ったのだと、私自身は話を理解しています。

KATHLEEN SULLIVAN:

You say it better than I could ... all I know is they talked about it and again, Dad bragged about that too. I have also heard that nowadays they don't use that particular kind of technology any more.

あなたは私ができるよりもうまく、それについて話すことができます・・・私が知っていることの全ては、彼らがそれについて話したということと、父がそれについてもまた自慢していたことです。私は、最近は、彼らはあの特別なタイプの技術をもはや使っていないということも聞いたことがあります。

WAYNE MORRIS:

You mentioned that it is your belief that a number of Hollywood personalities are under the influence of mind control and they are being used. Can you give some examples of some of the belief systems that they are pushing?

多くのハリウッドの有名人がマインドコントロールの影響下にあり、彼らは使用されているということは、自分の確信であるとあなたは言及なさいました。あなたは、彼らが奨励している信念体系のいくつかの例を挙げることができますか?

KATHLEEN SULLIVAN:

The biggest one I have seen is that we should put the earth, mother nature, whatever, animals higher in accordance with our selves. To me that is an absolutely devastating thing to be teaching children because it totally brings down their sense of self esteem and self worth, of defending their own belief systems and their right to think for themselves. This is very strong right now.

私が見てきている最も大きなものは、私たちが地球(大地)、母なる自然、そのような何でも、動物を、私たち自身との一致において、より高く置くべきだということです。私にとって、それは絶対に破壊的な子供たちに教えることです。なぜならばそれは全く、彼らの自尊心および自己価値の感覚を引き下げるからです。それは全く、自分の所有する信念体系、および自分のために考える権利を防御することの感覚を引き下げるからです。まさに今、この思潮はとても強いのです。

KS:

That's what I am most worried about, because the kids are being taught that an animal's life is worth more than their own ...

子供たちが、動物の生活は自分たちの生活よりも価値があると教えられているので、そのことが、私がもっとも心配していることなのです・・・。

WM:

Certainly all life is precious, including animal life, but what you are saying is that this information is being used more to change the mass psychology of the public ... playing into the implementation of a New World Order ...

確かに、動物の生命を含めて生命はすべて貴重です。しかし、あなたが仰っていることは、公衆の群集心理を変化させるために、この情報がより多く使用されているということですね・・・新世界秩序の完成に向かってその役割を演じていると・・・。

KS:

What it's going to boil down to is that if they are able to continue that personal loyalties and personal freedoms must be given up for Mother Earth ... that's what they are pushing most. One of the other goddesses that a lot of people worship in the Golden Dawn is Gaia ... and they talked about this in the planning meetings ... that they are going to be pushing this more and more ... Gaia worship, literal worship. Mother Earth is a very strong psychological force and symbol.

それが煮詰まってできるものは(要約すれば)、もし彼らがその個人的な忠誠を続けることができれば、個人の自由は「母なる地球」のために放棄されなければならないということです・・・それが、彼らが最も促進していることなのです。Golden Dawnで多くの人々が礼拝している他の女神たちの一つは、「Gaia(ガイア)」です・・・彼らは計画会議でこれについて話をしました・・・彼らはこれをますます促進していくだろうと・・・ガイア崇拝、文字どおりの崇拝を。母なる地球はとても強い心理学的力であり象徴なのです。

By making things more and more difficult financially for young families in particular to where those who might have to work two jobs, and the woman has to work ... the kids end up in daycare. What this does is make the kids less able to identify with their parents, and look more for role models and nurturing outside of their home. One of the things that some of these conspirators were hoping to accomplish by that is Gaia worship, by having these kids feel a need for a larger than life goddess or force or identity that would be a nurturing substantive force to them.

若い家族に対して物事を財政的にますます難しくすること・・・とりわけ、夫婦で二つの仕事をしなくてはならない家族、そして女性が働かなければならない家族・・・そこでは、子供たちは結局保育所に預けられることになります。これがすることは、子供たちをより少なく彼らの両親と同一視させること、もっと役割モデルと養育を自宅の外に求めさせることです。これらの陰謀者たちのいくらかが、それによって成し遂げること望んでいることの一つは、ガイア崇拝なのです―彼らに本質的な力を養育することになっている、命より大きな女神、または力、またはアイデンティティの必要性を、これらの子供たちに感じさせることによって。

The reason I have learned they are into the sun so much is because I have learned from therapists that feeling the warmth of the sun, laying out in it and stuff, is the closest form of physical and emotional nurturing to maternal nurturing. I was really fascinated when I heard that. There is some psychological stuff going on here that is quite powerful. I try to stay emotionally detached from a lot of this so I can look at it and learn about what is going on now and see where it's heading without freaking out, because that does me no good, it does no one else any good. They are slick, these people are really slick.

彼らが太陽にあれほど多く入れ込んでいることの、私がセラピストから聞いた理由は、太陽の熱を感じること、その熱の中で場所をとることなどは、母親による養育に対する、肉体的そして感情的養育の最も近い形なのだということです。私はそれを聞いたとき、本当に魅了されました。とても力のある、ここで起こっている、何かの心理的なことがあります。私がそれ(自分の精神状態?)を見て、何が今起こっているかについて学ぶことができるように、私は多くのこれ(太陽の熱?)から感情的に離されたままでいるようにしてみましょう。そうすれば、私は、幻覚をみることなしで、それ(力?)が源を発するところを理解します。なぜなら、そうした太陽から精神的に離れることは、私に何の益も与えないからです。そうしたことは他の誰にも少しの益も与えないのです。彼らは狡猾です。これらの人々は本当に狡猾です。

 次へ  前へ

雑談専用6掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。