★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用6 > 714.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ひそひそ話(木村愛二氏考)
http://www.asyura2.com/0311/idletalk6/msg/714.html
投稿者 如往 日時 2003 年 12 月 27 日 13:16:11:yYpAQC0AqSUqI
 

(回答先: たぶん 投稿者 あっしら 日時 2003 年 12 月 27 日 04:06:57)


 あっしらさん、こんにちは。おやすみ中を失礼します。


 >木村愛二さんはそっとしたほうがいいようです。
私も何度か木村さんにクレームを付けたことがありますが、「利口の壁」にみごと跳ね返されました。
今後も思い余ったときはクレームを付けるとは思っていますし、エンセンさんもまっとうなレスを期待しないまま思い余ってレスを投げつけたんだろうなあと思っています。

 私も自分ではかなり礼儀を尽くしたつもりでレスしたのですが、結局氏よりのレスはありませんでした。名乗らぬままであっても、会場で二言三言、言葉を交わしているかぎりでは、他者を受けつけないといった素振りは全くない、いい親父といった人柄なのですがね。

 >敵味方の識別基準が「ホロコーストの嘘」を認めるか否かに収斂していますから、どんなに意義があることを語っていても、「ホロコーストの嘘」を言い立てない限り、“偽の友”か敵として扱われることになります。
(そのような見方も、けっこう本質を突いており、意義もあるとは思っています)

 木村氏の今までの経緯(氏自身による独白を参考にしています)からみて、敵を識別するところから始まる他者対峙の流儀は氏のすっかり染み着いた習い性になっていると想われます。これを他者の働きかけによって氷解に導くのはまず無理でしょう。それに少しでも触れようとしたならば、多分、10年は早いとの言下、一蹴されるのが落ちです。
 また、氏に味方として認められるには敵として認知されるよりもさらに困難でしょう。幾多の闘争を経て、裏切り行為や善人の弱さのようなものを身に染みて感じてきたことが、人間性の一つの側面を形成しているのではないでしょうか。

 >失礼な言い方になりますが、木村さんは阿修羅で動く「利口の壁」の見本だと思っています。

 頭脳明晰かつ頑固な人に向っていくには、それ相応の鍛錬や準備が要りますね。

 ちょっとした雑談でした。
 あっしらさん、本年は何かと有り難うございまいた。

 また、会いましょう。

 次へ  前へ

雑談専用6掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。